東京都第10区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の旗東京都第10区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 新宿区1区に属しない区域)、中野区7区に属しない区域)、豊島区(西部区民事務所管内及び本庁管内の一部)、練馬区の一部
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 鈴木隼人
有権者数 473,597人
1.98 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2017年9月1日)
テンプレートを表示

東京都第10区(とうきょうとだい10く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割り変更により、豊島区の一部が本区から12区へ、新宿区の一部が1区から本区へ、中野区の一部が7区から本区へ移行した。

歴史[編集]

1996年第41回衆議院議員総選挙以来、小林興起自民党)と鮫島宗明(1996年は新進党から、2000年以降は民主党から立候補)の一騎討ちが続いてきた。2003年まで小林は連続3選、2000年2003年には鮫島が比例復活当選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、小池百合子落下傘候補(選挙当時は「女性刺客」とも呼ばれた)として自民党から立候補し、鮫島と小林(新党日本より立候補)を破り当選した。選挙当時は、「女性刺客第一号」の選挙区として、全国的に注目された。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、4年前落選した小林も支援する民主党の江端貴子に小池が退けられ、比例東京ブロックで復活当選という形となった。

2012年第46回衆議院議員総選挙では小池が圧勝し、江端は比例復活すらできずに落選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙でも小池が圧勝した。

小池が2016年平成28年)7月14日に告示された、東京都知事選挙への出馬で失職したことに伴う、衆議院議員補欠選挙が2016年(平成28年)10月23日に実施され[1]比例東京ブロックから鞍替えした若狭勝が、民進党公認の鈴木庸介を破り当選した。

その後若狭は自民党を離党し小池の結党した希望の党に参加。2017年第48回衆議院議員総選挙では自民党は刺客として前選挙で比例東京ブロック単独立候補の鈴木隼人を擁立、また前回補選で若狭と争った民進党の鈴木庸介は立憲民主党から立候補し三つ巴となった。希望の党の失速などもあり鈴木隼人が他候補の比例復活も許さず当選した。若狭は3番手で落選し、小池の影響力の低下を裏付ける結果となった。これにより補選を含めて4回行われた選挙で候補者は違えど自民党候補が議席を維持し続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 小林興起 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 小林興起 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 小林興起 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 小池百合子 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 江端貴子 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 小池百合子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 小池百合子 自由民主党
第47回衆議院議員補欠選挙 2016年 若狭勝 自由民主党 小池百合子の失職(東京都知事選挙立候補)に伴う
第48回衆議院議員総選挙 2017年 鈴木隼人 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年10月22日
当日有権者数:470,938人 最終投票率:52.95%(前回比:-0.61ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
鈴木隼人40自由民主党91,146票
37.4%
――公明党
鈴木庸介41立憲民主党70,168票
28.8%
77.0%
若狭勝60希望の党57,901票
23.7%
63.5%
岸良信62日本共産党20,828票
8.5%
22.9%
小山徹42無所属2,107票
0.9%
2.3%×
吉井利光35幸福実現党1,744票
0.7%
1.9%
第47回衆議院議員補欠選挙 東京都第10区

当日有権者数:人 最終投票率:34.85%(前回比:-18.71ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
若狭勝59自由民主党 75,755票
60.3%
公明党
鈴木庸介40民進党47,141票
37.5%
生活者ネット社会民主党
吉井利光34幸福実現党2,824票
2.2%
  • 若狭は比例東京ブロック単独から鞍替え
第47回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年12月14日
当日有権者数:355,489人 最終投票率:53.56%(前回比:-7.7ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小池百合子62自由民主党93,610票
50.7%
――公明党
江端貴子54民主党44,123票
23.9%
47.1%
今秀子66日本共産党28,453票
15.4%
30.4%
多ケ谷亮46生活の党9,663票
5.2%
10.3%
神谷ちづ子61次世代の党8,688票
4.7%
9.3%
第46回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年12月16日
当日有権者数:350,217人 最終投票率:61.26%(前回比:-4.4ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小池百合子60自由民主党108,983票
53.7%
――公明党
江端貴子52民主党47,493票
23.4%
43.6%
多ケ谷亮44日本未来の党24,414票
12.0%
22.4%
今秀子64日本共産党22,044票
10.9%
20.2%
第45回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年8月30日
当日有権者数:346,039人 最終投票率:65.66%(前回比:-0.89ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
江端貴子49民主党105,512票
47.2%
――
比当小池百合子57自由民主党96,739票
43.3%
91.7%
山本敏江60日本共産党21,092票
9.4%
20.0%
第44回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年9月11日 最終投票率:66.55%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小池百合子53自由民主党109,764票
50.0%
――
鮫島宗明61民主党50,536票
23.0%
46.0%
小林興起61新党日本41,089票
18.7%
37.4%
山本敏江56日本共産党17,929票
8.2%
16.3%
第43回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林興起59自由民主党81,979票
45.2%
――
比当鮫島宗明59民主党77,417票
42.7%
94.4%
山本敏江54日本共産党19,338票
10.7%
23.6%
志良以榮66国民党2,706票
1.5%
3.3%
第42回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林興起56自由民主党71,318票
38.8%
――
比当鮫島宗明56民主党64,272票
34.9%
90.1%
山本敏江51日本共産党29,907票
16.3%
41.9%
堀田容正45自由党18,509票
10.1%
26.0%
第41回衆議院議員総選挙 東京都第10区

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
小林興起52自由民主党52,787票
30.7%
――
鮫島宗明52新進党45,536票
26.4%
86.3%
長妻昭36民主党33,480票
19.4%
63.4%
中野顕32日本共産党27,230票
15.8%
51.6%
田中秀樹45社会民主党8,394票
4.9%
15.9%
鴨志田昭人52無所属4,745票
2.8%
9.0%×
  • 長妻は第42回以後、7区に国替え。

脚注[編集]

関連項目[編集]