栃木県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗栃木県第1区
衆議院小選挙区 栃木県3.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 宇都宮市(旧上河内町河内町域を除く)、下野市(旧南河内町域)、河内郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 船田元
有権者数 43万6030人
1.885 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

栃木県第1区(とちぎけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

1994年平成6年公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

歴史[編集]

県都宇都宮市を中心とした都市型選挙区。作新学院理事長を務める船田家3代が続く保守王国として知られたが、2000年は自民党の船田元が民主党新人の水島広子に敗れた。2003年・2005年は小泉人気などもあり船田が連勝したが、2009年の総選挙では新人の石森久嗣に敗れて比例復活も果たせず、議席を失った。2012年の総選挙では再び船田が勝利し、石森は9万票近く票数を減らして惨敗した。以後、船田が当選を続けている。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 船田元 無所属
第42回衆議院議員総選挙 2000年 水島広子 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 船田元 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 石森久嗣 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 船田元 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 栃木県第1区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:43万4814人 最終投票率:52.42%(前回比:増加2.35%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元67自由民主党102,870票
46.15%
――公明党推薦
渡辺典喜38立憲民主党66,700票
29.92%
64.84%
柏倉祐司52日本維新の会43,935票
19.71%
42.71%
青木弘60日本共産党9,393票
4.21%
9.13%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 栃木県第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:43万2618人 最終投票率:50.07%(前回比:増加1.79%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元63自由民主党109,139票
51.87%
――公明党推薦
柏倉祐司48希望の党51,122票
24.30%
46.84%
渡辺典喜34無所属33,681票
16.01%
30.86%民進党栃木県総支部連合会推薦×
青木弘56日本共産党16,463票
7.82%
15.08%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 栃木県第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:42万1001人 最終投票率:48.28%(前回比:減少4.75%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元61自由民主党110,030票
56.45%
――公明党推薦
柏倉祐司45民主党63,332票
32.49%
57.56%
野村節子61日本共産党21,543票
11.05%
19.58%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 栃木県第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:41万7910人 最終投票率:53.03%(前回比:減少13.43%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元59自由民主党100,133票
46.63%
――公明党推薦
石森久嗣50民主党56,143票
26.15%
56.07%国民新党推薦
荒木大樹41みんなの党50,771票
23.64%
50.70%日本維新の会推薦
田部明男57日本共産党7,687票
3.58%
7.68%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 栃木県第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:41万3562人 最終投票率:66.46%(前回比:増加1.88%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石森久嗣47民主党145,702票
53.99%
――国民新党推薦
船田元55自由民主党111,455票
41.30%
76.50%公明党推薦
小池一徳48日本共産党8,883票
3.29%
6.10%
河内宏之59幸福実現党3,836票
1.42%
2.63%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 栃木県第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:40万3272人 最終投票率:64.58%(前回比:増加4.85%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元51自由民主党141,868票
55.43%
――
水島広子37民主党103,757票
40.54%
73.14%
野村節子52日本共産党10,301票
4.02%
7.26%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 栃木県第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日
当日有権者数:39万6896人 最終投票率:59.73%(前回比:増加0.03%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元49自由民主党123,297票
53.07%
――
比当水島広子35民主党102,127票
43.96%
82.83%
田部明男48日本共産党6,904票
2.97%
5.60%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 栃木県第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日
当日有権者数:38万5985人 最終投票率:59.70%(前回比:増加3.78%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
水島広子32民主党107,634票
47.97%
――
船田元46自由民主党91,411票
40.74%
84.93%
八木隆次35社会民主党10,584票
4.72%
9.83%
野村節子47日本共産党10,422票
4.65%
9.68%
西弘次31自由連合4,319票
1.92%
4.01%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 栃木県第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 最終投票率:55.92% (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
船田元42無所属127,503票
63.36%
――×
簗瀬進46民主党57,240票
28.44%
44.89%
滝友二56日本共産党12,154票
6.04%
9.53%
西弘次27自由連合4,345票
2.16%
3.41%

脚注[編集]

関連項目[編集]