東京都第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗東京都第1区
衆議院小選挙区 東京都23区.svg衆議院小選挙区 凡例(都).svg
行政区域 千代田区港区麻布赤坂高輪の地区総合支所管内及び地区総合支所管内の芝5丁目三田1丁目~3丁目芝浦港南地区総合支所管内の一部)、新宿区(本庁管内、箪笥町榎町若松町大久保戸塚・柏木・角筈の各特別出張所管内及び落合第一特別出張所管内の下落合1丁目~4丁目中落合2丁目高田馬場3丁目
(2017年7月16日現在)
比例区 東京ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 解散につき欠員
有権者数 465,801人
2.014 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

東京都第1区(とうきょうとだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

現在の区域[編集]

2017年平成29年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]。2017年の区割り変更により、港区の一部が2区へ、新宿区の一部が10区へ移行した。

2017年以前の区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正から2017年の小選挙区改定までの区域は以下のようである[3]

  • 千代田区
  • 港区
  • 新宿区

歴史[編集]

小選挙区制が導入された後、2017年の区割り変更までは、中選挙区制下における1964年公職選挙法改正に伴い、旧東京都第1区を分割して設置された同名の選挙区と同一区域であった(旧東京都第1区のうち、分割された区域(中央区文京区台東区)は東京都第8区となった。)。中選挙区時代の定数は分割前が4議席、分割後が3議席である。

1996年以降、与謝野馨自由民主党)と海江田万里民主党)が激しい選挙戦を繰り広げてきた。2000年の総選挙では2,500票余り、2003年の総選挙では1,500票ほどの得票差の大接戦だった。そのほかの年でも2005年以外は1万票差前後の大激戦となっている。与謝野と海江田は本選挙区で5回戦った。1996年には海江田万里が、2003年と2009年には与謝野馨がそれぞれ比例復活当選している。2003年の総選挙から連続立候補している又吉光雄世界経済共同体党)の選挙公報や選挙ポスターの過激な文面で注目を浴びた。2009年は更に泡沫候補等が乱立し、全選挙区最多の9候補が出馬した。

2011年1月14日に発足した菅直人再改造内閣では、民主党の海江田が経済産業大臣に、自民党からたちあがれ日本を経て前日に同党を離党した与謝野馨が海江田から引き継いで経済財政政策担当大臣に任命され、当選挙区で激突を繰り返してきた2人が同時に入閣することになった。小選挙区比例代表並立制の選挙制度のもとで、同一選挙区の小選挙区当選者と比例復活当選者が同時に入閣するのは初めてである[4]

2012年の総選挙では与謝野は引退し、自由民主党の新人、山田美樹が海江田を1,134票の僅差で破り、初当選した[5]。2014年の総選挙においても、山田が海江田を破り、さらに海江田は比例復活当選もできずに議席を失うことになった。野党第一党の党首が議席を失うことは第24回衆議院議員総選挙片山哲日本社会党)以来、65年ぶりであった[6]

区割り変更後初となる2017年の総選挙では、直前に結成された立憲民主党から出馬した海江田が山田を3,000票強で破り、返り咲きを果たした[7]。山田は比例で復活当選している。

日本の首都機能(国政の中心部)の大半を選挙区に有するほか、東京都庁も存在するなどまさに日本の政治の中心的選挙区である。

選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 与謝野馨 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 海江田万里 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 与謝野馨 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 海江田万里 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 山田美樹 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年 海江田万里 立憲民主党
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 東京都第1区

時の内閣:岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 東京都第1区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:448,684人 最終投票率:54.04% (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
海江田万里68立憲民主党96,255票
40.69%
――
比当山田美樹43自由民主党93,234票
39.41%
96.86%公明党
松沢香39希望の党40,376票
17.07%
41.95%
原口実季28幸福実現党3,806票
1.61%
3.95%
犬丸光加57犬丸勝子と共和党1,570票
0.66%
1.63%
又吉光雄73世界経済共同体党1,307票
0.55%
1.36%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 東京都第1区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:492,025人 最終投票率:53.04%(前回比:-8.11%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山田美樹40自由民主党107,015票
42.66%
――公明党
海江田万里65民主党89,232票
35.57%
83.38%
冨田直樹38日本共産党32,830票
13.09%
30.68%
渡辺徹36次世代の党18,128票
7.23%
16.94%
野崎孝信27無所属2,209票
0.88%
2.06%×
又吉光雄70世界経済共同体党1,416票
0.56%
1.32%

第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 東京都第1区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:477,631人 最終投票率:61.15%(前回比:-4.43%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山田美樹38自由民主党82,013票
29.31%
――公明党
比当海江田万里63民主党80,879票
28.91%
98.62%国民新党
加藤義隆38日本維新の会48,083票
17.19%
58.63%
小斉太郎42みんなの党31,554票
11.28%
38.47%
冨田直樹36日本共産党18,763票
6.71%
22.88%
野沢哲夫46日本未来の党14,875票
5.32%
18.14%
伊藤希望28幸福実現党1,999票
0.71%
2.44%
又吉光雄68世界経済共同体党1,011票
0.36%
1.23%
亀山教明49無所属614票
0.22%
0.75%×

第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 東京都第1区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:462,949人 最終投票率:65.58% (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
海江田万里60民主党141,742票
47.43%
――
比当与謝野馨71自由民主党130,030票
43.51%
91.74%
冨田直樹33日本共産党19,288票
6.45%
13.61%
田中順子47幸福実現党2,718票
0.91%
1.92%
野沢哲夫43無所属1,418票
0.47%
1.00%×
黒沢武邦39無所属1,300票
0.43%
0.92%×
マック赤坂60日本スマイル党987票
0.33%
0.70%
又吉光雄65世界経済共同体党718票
0.24%
0.51%
前田禎信38無所属652票
0.22%
0.46%×

第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 東京都第1区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 最終投票率:65.25% (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
与謝野馨67自由民主党149,894票
54.58%
――
海江田万里56民主党101,396票
36.92%
67.65%
堀江泰信51日本共産党21,794票
7.94%
14.54%
又吉光雄61世界経済共同体党1,557票
0.57%
1.04%

第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 東京都第1区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
海江田万里54民主党105,222票
44.60%
――
比当与謝野馨65自由民主党103,785票
43.99%
98.63%
佐藤文則50日本共産党20,640票
8.75%
19.62%
浜田麻記子61無所属5,572票
2.36%
5.30%×
又吉光雄59世界経済共同体党698票
0.30%
0.66%

第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 東京都第1区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
海江田万里51民主党93,173票
41.25%
――
与謝野馨61自由民主党90,540票
40.09%
97.17%
大塚淳子58日本共産党36,525票
16.17%
39.20%
日野雄策42自由連合3,118票
1.38%
3.35%
丸川仁37無所属2,492票
1.10%
2.67%×

第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 東京都第1区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
与謝野馨58自由民主党82,098票
39.19%
――
比当海江田万里47民主党63,661票
30.39%
77.54%
大塚淳子54日本共産党36,308票
17.33%
44.23%
柴野たいぞう45新進党27,424票
13.09%
33.40%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第193回国会 制定法律の一覧 >衆議院議員選挙区画定審議会設置法及び公職選挙法の一部を改正する法律の一部を改正する法律 法律第五十八号(平二九・六・一六)”. 衆議院 (平成29-06-16). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 東京都”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。地名は1994年(平成6年)当時のものである。
  4. ^ 朝日新聞 (2011年1月15日). “同じ選挙区、解散なら閣僚対決に? 与謝野氏と海江田氏”. http://www.asahi.com/politics/update/0114/TKY201101140436.html 2011年1月15日閲覧。 
  5. ^ “山田美樹氏、最後に滑り込み 選挙区で海江田氏破る 東京1区”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年12月17日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121217/elc12121703360074-n1.htm 2012年12月17日閲覧。 
  6. ^ 【衆院選】民主・海江田氏落選!野党第1党党首では49年片山元首相以来の屈辱” Archived 2014年12月14日, at Archive.is. スポーツ報知. 2014年12月15日閲覧。
  7. ^ 【衆院選】海江田万里氏が当選確実 東京1区、自民前職を破る,産経新聞,2017年10月23日

関連項目[編集]