岩手県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗岩手県第2区
衆議院小選挙区 岩手県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 宮古市大船渡市久慈市遠野市陸前高田市釜石市二戸市八幡平市滝沢市岩手郡気仙郡上閉伊郡下閉伊郡九戸郡二戸郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2013年2017年区割変更)
選出議員 鈴木俊一
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
273,966人
1.17 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

岩手県第2区(いわてけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。本州最大面積の選挙区で東京都の約3.2倍の面積である。[1][2]

区域[編集]

2017年の区割変更により、区域が変更されている。山田町が再び2区に編入され、4区が廃止されたことに伴い、新たに遠野市・釜石市・大船渡市・陸前高田市・上閉伊郡・気仙郡が編入された一方、盛岡市玉山地区が2区から1区に移った。結果として選挙区が岩手県の県面積の63%で9652平方Kmという東京都の約3.2倍の広さの本州最大面積の選挙区になっている。[3][4]

2017年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域2)

2013年、選挙区割り変更で山田町が2区から3区に移った。2013年の区割り変更前は以下の区域であった。(旧区域1)

  • 宮古市、久慈市、二戸市、八幡平市、滝沢市、盛岡市(旧・玉山村域)、岩手郡、下閉伊郡、九戸郡、二戸郡

歴史[編集]

中選挙区時代には鈴木善幸首相(山田町出身)の地盤として知られ、小沢王国・民主王国の岩手県で唯一、小選挙区で自民党の議員を選出している選挙区である。

1996年以降、鈴木善幸元首相の息子で、麻生太郎元首相の義兄弟でもある鈴木俊一環境相が4回連続で当選していた。しかし2009年は民主党への追い風を受けた新人の畑浩治が初当選した。県内4選挙区で民主党が議席を独占し、自民党候補の比例復活もなかったため、参議院岩手県選挙区2議席とあわせて、岩手県は自民党空白区になった。

2012年は選挙区で鈴木が当選し、3年ぶりに岩手県選出の自民党議員が復活した(畑は比例復活)。また、1区3区4区の自民党候補も全員比例復活した。2014年も鈴木が当選し、畑は比例復活できずに落選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域1
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域1
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域1
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域1
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 畑浩治 民主党 旧区域1
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域1
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 鈴木俊一 自由民主党 旧区域2
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 鈴木俊一 自由民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:393,200人 最終投票率:59.61%(前回比:+4.85ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 64 自由民主党 129,884票
56.8%
―― 公明党
畑浩治 54 希望の党 98,842票
43.2%
76.1%
第47回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:273,433人 最終投票率:54.76%(前回比:-5.32ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 61 自由民主党 73,661票
50.1%
―― 公明党、新党改革
畑浩治 51 生活の党 62,009票
42.2%
84.2%
久保幸男 56 日本共産党 11,289票
7.7%
15.3%
第46回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:人 最終投票率:60.08%(前回比:-11.54ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 59 自由民主党 96,523票
56.5%
―― 公明党、新党改革
比当 畑浩治 49 日本未来の党 63,695票
37.3%
66.0% 新党大地
久慈茂雄 64 日本共産党 10,491票
6.1%
10.9%
第45回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:71.62%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
畑浩治 45 民主党 115,080票
54.2%
――
鈴木俊一 56 自由民主党 94,566票
44.6%
82.2%
工藤哲子 46 幸福実現党 2,581票
1.2%
2.2%
第44回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 52 自由民主党 116,448票
55.3%
――
畑浩治 41 民主党 94,095票
44.7%
80.8%
第43回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 50 自由民主党 116,854票
58.4%
――
工藤堅太郎 61 民主党 72,599票
36.3%
62.1%
久保幸男 45 日本共産党 10,532票
5.3%
9.0%
第42回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 47 自由民主党 119,022票
58.7%
――
比当 工藤堅太郎 57 自由党 53,743票
26.5%
45.2%
八田通孝 44 社会民主党 19,567票
9.6%
16.4%
西山剛 47 日本共産党 10,493票
5.2%
8.8%
第41回衆議院議員総選挙 岩手県第2区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
鈴木俊一 43 自由民主党 95,913票
47.6%
――
工藤堅太郎 54 新進党 83,038票
41.2%
86.6%
佐藤謙一 51 社会民主党 12,081票
6.0%
12.6%
久慈裕子 46 日本共産党 10,533票
5.2%
11.0%

脚注・出典[編集]

  1. ^ [1]「新岩手2区「広すぎる」 衆院・区割り審議で本県2議員」
  2. ^ [2]「区割り見直し、地域一体性や基礎自治体を“無視” つじつま合わせの「格差是正」を続ければ本末転倒」
  3. ^ [3]「新岩手2区「広すぎる」 衆院・区割り審議で本県2議員」
  4. ^ [4]「区割り見直し、地域一体性や基礎自治体を“無視” つじつま合わせの「格差是正」を続ければ本末転倒」

関連項目[編集]