黄川田徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
黄川田 徹
きかわだ とおる
生年月日 (1953-10-14) 1953年10月14日(64歳)
出生地 日本の旗 岩手県気仙郡広田町(現:陸前高田市
出身校 早稲田大学法学部
前職 地方公務員陸前高田市
所属政党 新進党→)
自由党→)
民主党→)
民進党細野派→旧細野グループ
称号 法学士(早稲田大学・1977年
公式サイト 衆議院議員 黄川田徹

選挙区 岩手3区
当選回数 6回
在任期間 2000年6月25日 - 2017年9月28日

選挙区 陸前高田市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2000年
テンプレートを表示

黄川田 徹(きかわだ とおる、1953年10月14日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(6期)、民進党代議士会長、岩手県総支部連合会連代表。

復興副大臣野田第3次改造内閣)、総務副大臣野田内閣野田第1次改造内閣)、衆議院東日本大震災復興特別委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長岩手県議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

岩手県気仙郡広田町(現:陸前高田市)生まれ。陸前高田市立広田小学校陸前高田市立広田中学校岩手県立盛岡第一高等学校早稲田大学法学部卒業。1977年、早大を卒業し陸前高田市役所に就職した。

1995年岩手県議会議員選挙に新進党公認で陸前高田市選挙区から出馬し、初当選。1997年、新進党解党に伴い自由党の結党に参加。1999年の岩手県議会議員選挙には自由党公認で出馬し、再選。2期目の任期途中の2000年第42回衆議院議員総選挙に自由党公認で岩手3区から出馬。当初、岩手3区では自由党現職の佐々木洋平が公認を受けていたが、自由党岩手県連が佐々木の公認を白紙撤回し、黄川田を公認候補に差し替えた。そのため佐々木は自由党を離党し保守党公認で岩手3区から出馬。岩手3区には自由党の黄川田、保守党の佐々木の他、無所属(のちに自由民主党に入党)の中村力、自民党元職の志賀節ら7人の候補が乱立したが、黄川田が次点の中村に約6千票差をつけて初当選した。2003年民由合併に伴い民主党に入党。同年の第43回衆議院議員総選挙では、岩手3区で自民党の公認を受けた中村らを破り、再選。2005年第44回衆議院議員総選挙では、自民党に強い追い風が吹く中で、自民党新人の橋本英教比例復活すら許さず、3選。2009年第45回衆議院議員総選挙では再び岩手3区で橋本を下し、4選。

2011年3月、東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災により、岩手県陸前高田市の自宅及び事務所が被災し、家族や秘書を亡くした。同年5月20日衆議院東日本大震災復興特別委員長に就任。同年9月、野田内閣総務副大臣に任命された。野田第1次改造内閣でも再任された。

2012年消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して3月30日に総務副大臣の辞表を提出し[1][2]、4月4日の持ち回り閣議で了承された[3][4]。辞任後、黄川田は毎日新聞の取材に答え、当初は辞任する意思はなかったが、3月30日に小沢と面会した際に「岩手の議員として方向性を一つにしてもらいたい」と辞任を求められ、小沢の復興への態度を確認するため、小沢の父佐重喜と50年来付き合いのあった父母のために陸前高田市の仮設住宅まで焼香しに来るか尋ねたところ、二つ返事であったため、辞任を受け入れたと語った[5]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して棄権した[6][7]。民主党は7月3日の常任幹事会で厳重注意処分とする方針を決定し[8][9][10][11][12]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[13][14][15]

小沢一郎の側近であったが、震災を機に関係が悪化し、小沢を党首に結党した国民の生活が第一には参加しなかった。同年10月、野田第3次改造内閣復興副大臣に任命される。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では自民党の橋本や、小沢の主導で結党した日本未来の党が擁立した佐藤奈保美らを破り、岩手3区で5選(橋本は比例復活)。2014年第47回衆議院議員総選挙では再び岩手3区で橋本を下し、6選。

2015年1月に行われた民主党代表選挙では、元幹事長細野豪志の推薦人に名を連ねた[16]2016年、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長に就任[17]

2017年9月、第48回衆議院議員総選挙には出馬せず引退する旨表明[18]

東日本大震災[編集]

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災において陸前高田市の自宅及び事務所が全壊して津波で流され、妻とその両親、長男、公設第2秘書の男性を失った[19]。同じく被災地にいた長女は無事だった。黄川田自身は震災後、この件に関する発言を控えていたものの、3月22日に政府の震災復興福島第一原子力発電所事故への対応の遅さや被災地・福島原発への視察を悪天候を理由に中止した首相の菅直人を強く批判した[20]。この震災では唯一肉親を亡くし、また仮設住宅に入居した国会議員である。

不祥事[編集]

2016年11月25日、黄川田が代表を務める「民主党岩手県第3区総支部」は、大相撲一関場所のチケット代を政治活動費から支出していたことが明らかになった[21]

政策[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “小沢グループの4人、副大臣・政務官の辞表提出”. 読売新聞. (2012年3月30日). オリジナル2012年4月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120403000318/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000868-yom-pol 
  2. ^ “黄川田副大臣ら4人辞表=小沢系、消費増税に抗議”. livedoor ニュース. 時事通信. (2012年3月30日). オリジナル2012年3月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120330123616/http://news.livedoor.com/topics/detail/6420846/ 
  3. ^ “【消費税増税】政務三役の辞任を了承 国会審議などを考慮”. 産経新聞. (2012年4月4日). オリジナル2012年4月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120414170124/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120404/plc12040409590005-n1.htm 
  4. ^ “原発暫定基準、週内に提示 官房長官が見通し”. 朝日新聞. (2012年4月4日). オリジナル2012年4月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120405210826/http://www.asahi.com/politics/update/0404/TKY201204040274.html 
  5. ^ “黄川田議員:消費増税法案で副総務相辞任のわけ”. 毎日新聞. (2012年4月10日). オリジナル2012年4月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120409172711/http://mainichi.jp/select/news/20120410k0000m010107000c.html 
  6. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  7. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  8. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  9. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  10. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  11. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  12. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  13. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  14. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  15. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  16. ^ 民主代表選候補の推薦人名簿 時事ドットコム 2015年1月7日
  17. ^ [1]
  18. ^ 民進・黄川田氏が引退へ 「病気と区割り変更」で 朝日新聞2017年9月28日
  19. ^ “黄川田復興特別委員長の妻、DNAで死亡確認”. 読売新聞. (2011年8月11日). http://archive.fo/7HGWy 2011年8月11日閲覧。 
  20. ^ 被災した民主・黄川田議員、政府を強く批判 読売新聞2011年3月22日
  21. ^ 政治活動費にプロレス観戦など計上 本県民進議員 岩手日報 2016年11月26日
  22. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  23. ^ a b c d e f “2012衆院選 岩手3区 黄川田徹”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A03003003003 2014年4月7日閲覧。 
  24. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、 朝日・東大谷口研究室共同調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
末松義規中塚一宏吉田泉
日本の旗 復興副大臣
今野東前川清成と共同

2012年
次代:
谷公一浜田昌良寺田稔
先代:
鈴木克昌平岡秀夫
日本の旗 総務副大臣
松崎公昭と共同

2011年 - 2012年
次代:
松崎公昭大島敦
議会
先代:
坂本祐之輔
日本の旗 衆議院科学技術・イノベーション
推進特別委員長

2016年
次代:
松野頼久
先代:
(新設)
日本の旗 衆議院東日本大震災復興特別委員長
2011年
次代:
古賀一成