笠浩史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笠 浩史
りゅう ひろふみ
生年月日 (1965-01-03) 1965年1月3日(52歳)
出生地 日本の旗 福岡県福岡市
出身校 慶應義塾大学文学部
前職 テレビ朝日記者
所属政党 民主党→)
民進党旧細野グループ)→)
無所属→)
希望の党
称号 文学士
公式サイト 衆議院議員 神奈川第9区 笠ひろふみ 公式サイト

選挙区 神奈川9区→)
比例南関東ブロック→)
神奈川9区
当選回数 6回
在任期間 2003年 - 現職
テンプレートを表示

笠 浩史(りゅう ひろふみ、1965年1月3日 - )は、日本政治家希望の党衆議院議員(6期)、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長

文部科学副大臣野田第3次改造内閣)、文部科学大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)、民進党国会対策委員長代理、希望の党国会対策委員長等を歴任した。

来歴[ソースを編集]

福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校[1]慶應義塾大学文学部卒業。大学卒業後は1989年(平成元年)全国朝日放送(現在のテレビ朝日)に入社[2]

2003年第43回衆議院議員総選挙神奈川9区から民主党公認で立候補し初当選。なお神奈川9区は神奈川県知事選挙に立候補するため衆議院議員を辞職した松沢成文の選出選挙区であった。2005年第44回衆議院議員総選挙では自由民主党公認の山内康一に神奈川9区で敗れるが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、再選。菅第1次改造内閣文部科学大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。同年10月に結成された青山会(樽床グループ)事務局長に就任[要出典]

2012年4月、辞表を提出した樋高剛に代わって民主党総括副幹事長に起用された[要出典]。同年10月、野田第3次改造内閣文部科学副大臣に任命された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党に逆風吹き荒れる中でも神奈川9区で自民党の中山展宏を9,078票差で破って小選挙区で当選を果たして4選した(中山、みんなの党新人の椎名毅比例復活)。

2014年5月、細野豪志を中心に結成された自誓会に参加[3]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、前回よりも差を縮められたものの4,543票差で自民党の中山を破り、5選。

2017年9月の民進党代表選挙後、離党を検討していることが報じられたため[4][5][6][7]、13日に大島敦幹事長から慰留を受けたが[8][9][10]、14日に離党の意向を表明した[11][12][13][14][15]。15日には離党届を提出し[16][17]、離党理由について「政権選択を問う衆議院選挙で共産党との連携はあり得ない」「自民党に対抗できる勢力を新たにしっかりと作っていきたい」と述べ、8月に離党した細野との連携に意欲を示した[18][19][20][21][22]。民進党は「重大な反党行為」として離党届を受理せず19日付で除籍(除名)処分とした。小選挙区選出議員の離党届は原則として受理されてきたが、大島は処分理由について、代表選直後に党の結束を乱す行為であり「(比例も小選挙区も)党勢をそぐ罪の重さは同じ」と説明した[23][24][25][26]

9月27日、小池百合子東京都知事を代表とする新党「希望の党」設立会見に、結党メンバーとなる国会議員14人の一人として参加した。

10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で神奈川9区から出馬し、選挙中に希望の党が失速し前回よりもさらに差を縮められたものの1712票差で自民党の中山を破り、6選。当選後、希望党の暫定的な執行部の国会対策委員長に就任した[27]

政策・主張[ソースを編集]

所属団体・議員連盟[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

  • 『Ekitou(駅頭)』
  • 『サッチャー改革に学ぶ 教育正常化への道』英国教育調査団編、PHP研究所
  • 『教育激変 - 新教育基本法案がめざす「家庭」「学校」「日本」の10年後』教育基本法改正促進委員会・起草委員会編、明成社

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 東京修猷会 第565回二木会(2010年4月8日(木))
  2. ^ プロフィール 笠浩史 公式ホームページ
  3. ^ “細野派に笠、後藤氏 民主「自民に代わる選択肢に」”. 神奈川新聞. (2014年5月27日). http://www.kanaloco.jp/article/65477 2014年12月27日閲覧。 
  4. ^ “独自 民進党から離党 続出へ”. テレビ東京. (2017年9月8日). http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_140116 
  5. ^ “民進衆院議員5人、離党へ 来週にも 細野・若狭氏と連携か”. 産経新聞. (2017年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/170909/plt1709090011-n1.html 
  6. ^ “後藤代表の離党検討 県連内に嘆きと怒り”. 神奈川新聞. (2017年9月10日). http://www.kanaloco.jp/article/276671 
  7. ^ “民進3議員が離党検討、細野氏らと合流か”. 読売新聞. (2017年9月10日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00050142-yom-pol 
  8. ^ “民進党 離党意向議員の慰留に努める”. NHK. (2017年9月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011138331000.html 
  9. ^ “民進・鈴木義弘氏が離党届、14日に笠浩史氏も 細野豪志氏と新党結成へ 文春に前原誠司氏と北朝鮮女性の写真”. 産経新聞. (2017年9月14日). http://www.sankei.com/politics/news/170914/plt1709140007-n1.html 
  10. ^  
  11. ^ “民進党の笠浩史、後藤祐一衆院議員、15日に離党へ”. 産経新聞. (2017年9月14日). http://www.sankei.com/politics/news/170914/plt1709140024-n1.html 
  12. ^ “民進 笠氏と後藤氏 15日離党届提出へ”. NHK. (2017年9月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011139431000.html 
  13. ^ “民進党:笠氏と後藤氏、15日に離党届提出へ”. 毎日新聞. (2017年9月14日). http://mainichi.jp/articles/20170915/k00/00m/010/083000c 
  14. ^ “民進、さらに2人が離党届提出へ 笠、後藤氏が15日昼に”. 共同通信. (2017年9月14日). https://this.kiji.is/281005498760152161 
  15. ^ “民進・笠氏と後藤氏、離党へ 前原代表、収拾急ぐ”. 朝日新聞. (2017年9月14日). http://www.asahi.com/articles/ASK9G66JXK9GUTFK00Y.html 
  16. ^ “民進の笠、後藤氏が離党届提出 新党へ細野氏らと連携”. 共同通信. (2017年9月15日). https://this.kiji.is/281271881464595553 
  17. ^ “笠氏・後藤氏が民進離党 細野氏らとの新党結成に参画か”. 朝日新聞. (2017年9月15日). http://www.asahi.com/articles/ASK9H2V2XK9HUTFK007.html 
  18. ^ “笠、後藤氏が離党届=前原氏苦境に―民進”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000067-jij-pol 
  19. ^ “民進・笠浩史、後藤祐一両氏が離党届を提出”. 産経新聞. (2017年9月15日). http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150052-n1.html 
  20. ^ “民進2議員が離党届 新党結成へ細野氏と連携”. 日本経済新聞. (2017年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H2J_V10C17A9EAF000/ 
  21. ^ “民進の笠・後藤議員が離党届…細野新党に参加へ”. 読売新聞. (2017年9月15日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00050051-yom-pol 
  22. ^ “民進 笠氏と後藤氏が離党届提出 細野氏と連携へ”. NHK. (2017年9月15日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011140751000.html 
  23. ^ “民進、笠氏ら3人除籍=刺客検討も共倒れ懸念”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000060-jij-pol 
  24. ^ “離党届提出の3議員を除籍、対抗馬も検討…民進”. 読売新聞. (2017年9月19日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00050090-yom-pol 
  25. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人を除籍処分”. TBSニュース. (2017年9月19日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3162991.html 
  26. ^ “民進、離党届提出の笠氏ら3人除名処分”. フジテレビ. (2017年9月19日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00370929.html 
  27. ^ “希望の党、共同代表置かず 渡辺周氏を首相指名へ”. 朝日新聞. (2017年10月27日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASKBW5VXCKBWUTFK01C.html 2017年10月27日閲覧。 
  28. ^ 全面広告画像
  29. ^ 笠政務官が靖国参拝 ウォール・ストリート・ジャーナル 2011年8月15日 2015年1月5日閲覧。
  30. ^ a b c d e f “2012衆院選 神奈川9区 笠浩史”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A14009001001 2014年4月6日閲覧。 
  31. ^ “橋下氏にバッサリ切られた海江田氏 “野党第一党死守”も足元バラバラ”. 産経新聞. (2014年6月7日). http://www.sankei.com/politics/news/140607/plt1406070014-n1.html 2014年6月10日閲覧。 
  32. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  33. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  34. ^ 「親学」推進議員連盟 設立総会、活動報告

外部リンク[ソースを編集]

議会
先代:
古川元久
日本の旗 衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2017年 -
次代:
現職
公職
先代:
奥村展三高井美穂
日本の旗 文部科学副大臣
松本大輔と共同

2012年
次代:
谷川弥一福井照
先代:
後藤斎高井美穂
日本の旗 文部科学大臣政務官
林久美子と共同

2010年 - 2011年
次代:
城井崇神本美恵子
党職
先代:
結党
希望の党国会対策委員長
初代:2017年
次代:
泉健太