二之湯智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 二之湯 智
生年月日 1944年9月13日(72歳)
出身地 京都府京都市
出身校 慶應義塾大学法学部
学位・資格 法学士
前職 京都市議会議員
所属委員会 総務委員会
沖縄及び北方問題に関する特別委員会
世襲
選出選挙区 京都府選挙区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党額賀派谷垣グループ
会館部屋番号 参議院議員会館921号室
ウェブサイト 二之湯さとしホームページ
テンプレートを表示

二之湯智(にのゆ さとし、1944年9月13日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(3期)。長男の二之湯武史は参議院議員。次男の二之湯真士は京都府議会議員。

来歴[編集]

京都府京都市左京区出身。京都市立四条中学校、京都市立西京高等学校卒業。1968年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業[1]1969年から国立京都国際会館に勤務。1972年アメリカに留学[2]1983年、衆議院議員・野中広務後援会連合会事務局長に就任。

1987年京都市議会議員に初当選。以来連続5期当選。

1999年には京都市議会議長に就任。

2003年自由民主党京都府連の会長に就任[2]

2004年7月、第20回参議院議員通常選挙に出馬し初当選。自民党内では平成研究会(津島派)に所属。

2007年8月29日以降、第1次安倍改造内閣福田康夫内閣総務大臣政務官

2010年7月、第22回参議院議員通常選挙において再選。

2011年4月14日東日本大震災復興補正予算が議論される中、復興予算捻出のためのODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねる[3][4]

2013年、長男二之湯武史第23回参議院議員通常選挙滋賀県選挙区より神道政治連盟の後援を受け自民党公認で初当選し、参院で54年ぶりとなる親子同時在職となった[5]。同年9月、自民党京都府連会長の座を退く[2]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣総務副大臣に就任[2]

2014年12月25日第3次安倍内閣で総務副大臣に再任[2]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙において3選。

政策[編集]

政治資金問題[編集]

二之湯が代表を務める2つの政治団体ならびに資金管理団体において、2010年、2012年、2014年に計1070万円が政治資金収支報告書に虚偽・不記載されているとの告発があった[8]

騒動[編集]

事前代表質問内容に関する批判

2014年3月12日の参議院本会議で、「子供を産み、立派に育てることが国家に対する最大の貢献」としていた二之湯の代表質問の内容について、公明党の抗議を受け、二之湯が事前に削除・修正していた。二之湯は12日の代表質問で「国家に対する貢献」の部分を削除し、「子供を持つことが社会人としての義務」との表現は「子供を持つことを望まない人たちが増えている」と修正した原稿を読み上げた[9]

参議院本会議採決における「投票間違い」

2013年12月6日、特定秘密保護法の参議院本会議採決で反対票を投じたが、これについて、「議場が混乱していて、賛成票を投じたつもりが慌てて間違った」と述べた[10]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 議員情報参議院ホームページ
  2. ^ a b c d e 公式ホームページ プロフィール
  3. ^ 超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ
  4. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  5. ^ 二之湯さん独走、自民が議席奪還 参院選滋賀選挙区 京都新聞 2013年7月22日
  6. ^ a b 公式ホームページ 政策
  7. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  8. ^ 2016年3月30日付で京都地方検察庁に告発状が提出されている
  9. ^ 産経新聞 2014年3月13日
  10. ^ 「秘密保護法案に反対票の自民・二之湯氏『慌てて間違った』造反否定 」、共同通信、2013年12月9日
  11. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
関口昌一
上川陽子
日本の旗 総務副大臣
西銘恒三郎と共同

2014年9月 -2015年10月
次代:
土屋正忠
松下新平
先代:
河合常則土屋正忠谷口和史
日本の旗 総務大臣政務官
岡本芳郎秋葉賢也と共同

2007年 - 2008年
次代:
中村博彦坂本哲志鈴木淳司
議会
先代:
水落敏栄
日本の旗 参議院文教科学委員長
2010 - 2011
次代:
野上浩太郎
先代:
内藤正光
日本の旗 参議院総務委員長
2009
次代:
佐藤泰介
先代:
中野竜三
Flag of Kyoto City.svg 京都市議会議長
第69代:1999 - 2001
次代:
磯辺寿子
党職
先代:
田坂幾太
自由民主党
京都府支部連合会幹事長

2003 - 2004
次代:
北川明
その他の役職
先代:
藤川智美
日本の旗 全国市議会議長会会長
第53代:1999 - 2001
次代:
小泉昭男