松山政司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山 政司
Matsuyama masaji.jpg
生年月日 (1959-01-20) 1959年1月20日(59歳)
出生地 福岡県築上郡椎田町(現:築上町
出身校 明治大学
前職 会社役員
所属政党 自由民主党岸田派
称号 商学士
公式サイト 参議院議員 松山まさじ

内閣 第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間 2017年8月3日 - 現職

内閣 第3次安倍第3次改造内閣
在任期間 2017年8月3日 - 2017年11月1日

選挙区 福岡県選挙区
当選回数 3回
在任期間 2001年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

松山 政司(まつやま まさじ、1959年昭和34年)1月20日 ‐ )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員内閣府特命担当大臣少子化対策クールジャパン戦略・知的財産戦略・科学技術政策宇宙政策)、一億総活躍担当大臣IT政策担当大臣。

参議院自由民主党国会対策委員長、参議院議院運営委員長、外務副大臣第2次安倍内閣)、自民党副幹事長経済産業大臣政務官第1次安倍内閣)、内閣府特命担当大臣男女共同参画)、日本青年会議所会頭などを歴任した。

父は元福岡県議会議員の松山譲。

来歴[編集]

福岡県築上郡椎田町(現:築上町)出身。福岡県立京都高等学校、福岡国土建設専門学校卒業後、明治大学商学部卒業。

1988年福岡青年会議所(福岡JC)に入会。1996年、同理事長に就任。1999年1月、日本青年会議所会頭に就任( - 同年12月)[1]

2001年7月、第19回参議院議員通常選挙に自民党公認で福岡県選挙区より出馬し初当選。当選後は堀内派に所属する。2006年9月第1次安倍内閣経済産業大臣政務官に就任。2007年7月の第21回参議院議員通常選挙では公明党の推薦も得て再選。

2008年自民党副幹事長に就任[1]

2012年12月27日第2次安倍内閣外務副大臣に就任[1]

2013年4月、自由民主党福岡県支部連合会会長を就任。2013年7月、第23回参議院議員通常選挙で3選。同年9月30日、外務副大臣を退任[1]

2014年9月、参議院自由民主党国会対策委員長代行自由民主党選挙対策委員長代理に就任[1]

2016年1月、参議院議院運営委員長に就任[1]

2016年9月、参議院自由民主党国会対策委員長に就任[1]

2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣において、内閣府特命担当大臣として初入閣。少子化対策、男女共同参画、科学技術政策、宇宙政策、知的財産戦略、クールジャパン戦略の6分野を担当する他、一億総活躍担当大臣とIT政策担当大臣も併せて任命された。

2017年11月、第4次安倍内閣男女共同参画担当を除く国務大臣に再任。

政策[編集]

  • 日本の核武装については、「将来にわたって検討すべきでない」としている[2]
  • 村山談話および河野談話について、いずれも「見直すべきではない」としている[2]

主な所属団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 公式ページ プロフィール
  2. ^ a b “2013参院選 選挙区 福岡 松山政司”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B40000003001 2013年11月12日閲覧。 
  3. ^ a b c 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
中川雅治
日本の旗 参議院議院運営委員長
第63代:2016年
次代:
山本順三
先代:
大石正光
日本の旗 参議院環境委員長
2007年 - 2008年
次代:
有村治子
公職
先代:
加藤勝信
日本の旗特命担当大臣少子化対策
第18・19代:2017年 -
次代:
現職
先代:
加藤勝信
日本の旗 特命担当大臣男女共同参画
第23代:2017年
次代:
野田聖子
先代:
鶴保庸介
日本の旗 特命担当大臣科学技術政策
第26・27代:2017年 -
次代:
現職
先代:
鶴保庸介
日本の旗 特命担当大臣宇宙政策
第8・9代:2017年 -
次代:
現職
先代:
鶴保庸介
日本の旗 特命担当大臣クールジャパン戦略担当
第2・3代:2017年 -
次代:
現職
先代:
鶴保庸介
日本の旗 特命担当大臣知的財産戦略担当
第2・3代:2017年 -
次代:
現職
先代:
吉良州司榛葉賀津也
日本の旗 外務副大臣
鈴木俊一と共同

2012年 - 2013年
次代:
岸信夫三ツ矢憲生
党職
先代:
吉田博美
自由民主党参議院国会対策委員長
2016年 - 2017年
次代:
関口昌一