岩田和親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩田 和親
いわた かずちか
Iwata Kazuchika (2019).png
防衛大臣政務官就任時
生年月日 (1973-09-20) 1973年9月20日(48歳)
出生地 日本の旗 佐賀県佐賀市
出身校 九州大学法学部
現職 衆議院議員
経済産業大臣政務官
復興大臣政務官
内閣府大臣政務官
所属政党 自由民主党岸田派
称号 学士(法学)
親族 父・岩田英則(元佐賀県議会議員)

選挙区佐賀1区→)
比例九州ブロック
当選回数 4回
在任期間 2012年12月19日[1] - 現職

選挙区 佐賀市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1999年 - 2011年
テンプレートを表示

岩田 和親(いわた かずちか、1973年9月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、経済産業大臣政務官復興大臣政務官内閣府大臣政務官第1次岸田内閣第2次岸田内閣)。

防衛大臣政務官第4次安倍第2次改造内閣)。元佐賀県議会議員(3期)。

来歴[編集]

佐賀県佐賀市生まれ。佐賀県立佐賀西高等学校九州大学法学部法律専攻)卒業。大学在学中に、佐賀県議会議員を務めていた父・岩田英則が死去し、それをきっかけに政治の道を志した[2]。大学卒業後は経営コンサルタントの大前研一の秘書を務める。1999年、佐賀県議会議員選挙に出馬し、佐賀県政史上最年少の25歳で初当選した。以後、3期連続当選。

2010年自由民主党の佐賀県第1選挙区支部長に就任し、党公認を受ける。2011年の佐賀県議選には立候補せず、2012年第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で佐賀1区から出馬。民主党前職の原口一博総務大臣を約7千票差で破り、初当選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、前回破った民主党の原口一博に佐賀1区で敗れ、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、再選[3]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、再び原口一博に佐賀1区で敗れたものの、比例九州ブロックで復活し、3選。

2019年第4次安倍第2次改造内閣防衛大臣政務官に就任[4]

2021年10月、第1次岸田内閣にて経済産業大臣政務官内閣府大臣政務官復興大臣政務官に就任[5]

2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では、前回敗北した原口を133票差まで追い詰めるも敗北し比例復活で4選[6][7]

当選後の同年11月11日、第2次岸田内閣にて経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に再任[8][9]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日佐賀県選挙管理委員会告示第67号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ a b 月刊タウン情報さが - 佐賀の人No.066 佐賀県議会議員 岩田和親さん
  3. ^ “=1強さがの実像=(上) 自民1区で敗北”. 佐賀新聞. (2014年12月16日). http://www.saga-s.co.jp/senkyo/shuin/30202/136473 2016年2月27日閲覧。 
  4. ^ 「オスプレイ理解得たい」防衛政務官就任の岩田氏佐賀新聞 - 2019年9月14日
  5. ^ 「小規模事業者に寄り添う」 岩田氏が経産政務官就任 内閣府、復興兼務佐賀新聞 - 2021年10月7日
  6. ^ 衆議院選挙2021 佐賀(唐津・鳥栖など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  7. ^ 【2021年 衆院選】九州ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  8. ^ “第2次岸田内閣、副大臣・政務官決まる”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2021年11月11日). https://www.sankei.com/article/20211111-Q3DLRZ44ARNUVLFSUWRRO4RDF4/ 2021年11月11日閲覧。 
  9. ^ “財務副大臣に公明・岡本氏 第2次岸田内閣”. 時事ドットコム (時事通信社). (2021年11月11日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111101087&g=pol 2021年11月11日閲覧。 
  10. ^ a b c d “2014衆院選 佐賀1区 岩田 和親”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A41001001001&st=tk 2016年2月27日閲覧。 
  11. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」 Archived 2016年5月5日, at the Wayback Machine.、西日本新聞、2016年4月30日。
  12. ^ “衆院選佐賀 連載「激突」~1区~”. 佐賀新聞. (2012年12月6日). http://www1.saga-s.co.jp/koremade/election2012.0.2341539.article.html 2016年2月27日閲覧。 
  13. ^ a b 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  14. ^ 自由民主党 役員表”. 2018年4月11日閲覧。
  15. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  16. ^ “<オスプレイ>計画推進の佐賀県民会議発足”. 佐賀新聞LiVE. (2021年8月11日). https://news.yahoo.co.jp/articles/9ceec7df83c1250e44c657c027dce0a77823b2ba 2021年9月18日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
宗清皇一
佐藤啓
日本の旗 経済産業大臣政務官
吉川有美と共同

2021年 -
次代:
現職
先代:
吉川赳
三谷英弘
佐藤啓
日本の旗 復興大臣政務官
宗清皇一
高橋はるみ
泉田裕彦と共同

2021年 -
次代:
現職
先代:
岡下昌平
和田義明
宗清皇一
鳩山二郎
神谷昇
松川るい
吉川赳
三谷英弘
佐藤啓
日本の旗 内閣府大臣政務官
山田太郎
木村哲也宮路拓馬
小寺裕雄
島村大
吉川有美
穂坂泰
大西宏幸中曽根康隆
宗清皇一
泉田裕彦
高橋はるみと共同

2021年 -
次代:
現職
先代:
山田宏
鈴木貴子
日本の旗 防衛大臣政務官
渡辺孝一と共同

2019年 -2020年
次代:
大西宏幸
松川るい