真島省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 真島 省三
生年月日 (1963-01-12) 1963年1月12日(54歳)
出身地 日本の旗長崎県佐世保市
出身校 長崎県立佐世保北高等学校卒業
九州工業大学中退
前職 福岡県議会議員
所属委員会 経済産業委員会
科学技術・イノベーション推進特別委員会
世襲
選出選挙区 比例九州ブロック福岡9区
当選回数 1回
所属党派 日本共産党
党役職 日本共産党福岡県委員会副委員長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1221号室
ウェブサイト 日本共産党衆議院議員 真島 省三
テンプレートを表示

真島 省三(まじま しょうぞう、1963年1月12日 - )は日本政治家日本共産党所属の衆議院議員(1期)。

略歴[編集]

1963年1月12日長崎県佐世保市で生まれる。佐世保市立山手小学校、佐世保市立花園中学校、長崎県立佐世保北高等学校卒業。

九州工業大学在学中に民青同盟に加盟。大学中退後は民青同盟職員を経て民青同盟戸畑地区委員長。のち日本共産党八幡遠賀地区委員会委員長[1]

2007年第16回統一地方選挙として行われた福岡県議会議員選挙で、八幡西区選挙区から立候補し当選[2]2011年まで務める。麻生渡福岡県知事(当時)に町村会をめぐる汚職について追及した。

2011年第17回統一地方選挙として行われた福岡県議会議員選挙で、八幡西区選挙区から立候補するも落選。

2012年第46回衆議院議員総選挙で、福岡9区より立候補するも落選[3]

2013年第23回参議院議員通常選挙福岡県選挙区より立候補するも落選[4]

2014年第47回衆議院議員総選挙で福岡9区より立候補、小選挙区では落選するも重複立候補していた比例九州ブロックで当選し、初めて国会議員としての議席を得た[5]

政策[編集]

人物[編集]

  • 家族は、妻と息子[1]
  • 趣味は、山登り[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]