穴見陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
穴見 陽一
あなみ よういち
衆議院議員 穴見陽一.jpg
生年月日 (1969-07-24) 1969年7月24日(48歳)
出生地 大分県佐伯市
出身校 法政大学中退
前職 株式会社ジョイフル代表取締役相談役(現任)
現職 経済産業委員会
環境委員会
消費者問題に関する特別委員会
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト あなみ陽一オフィシャルホームページ

選挙区 大分1区→)
比例九州ブロック
当選回数 2回
テンプレートを表示

穴見 陽一(あなみ よういち、1969年7月24日 - )は、日本政治家実業家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。株式会社ジョイフル第2代・第5代代表取締役社長。ジョイフル創業者の穴見保雄の長男。同社顧問(元社長)の児玉幸子は叔母、現社長の穴見くるみは妻。

来歴[編集]

大分県佐伯市出身。大分県立大分上野丘高等学校卒業、一浪後入学した法政大学経済学部を3年で中退。大学時代、幸福の科学の学生部に所属[1]

1994年に父が経営するジョイフルに入社。1997年に地域子会社の中国ジョイフル(岡山県倉敷市)の社長に就任(ジョイフル本社はこの時点で一旦退職)。

2001年までの6年間で、外食市場は1991年の規模にまで縮小。その頃、ジョイフルは急激な出店に人材が追い付かず業績の低迷に喘いでいた。その中でも中国ジョイフルは独自に立ち上げたメニューが大好評となり、驚異的な発展を見せていた。この事も相まって陽一の要望から、競争が厳しいチェーンストア経営を息子に継がせてよいものかと迷う父の思いをふっ切る形で経営を譲り受けていくことになる。2002年11月陽一は中国ジョイフル社長兼務のままジョイフル副社長に就き、ドリンクバーや新メニュー導入を全社的に実施、業績の回復に大きく貢献した。」[2]

2002年11月に中国ジョイフルはジョイフル本社に合併され、2003年3月に父の後を継いでジョイフル社長に就任[要出典]

2007年自由民主党衆議院大分1区の候補者公募に応募。当初選ばれた候補者が辞退したため、最初の選考委員会の決選投票で次点だった穴見が繰り上げで選ばれた。 FACTAは、穴見が幸福の科学信者であり、候補者として選ばれた背景には、幸福の科学の豊富な資金力と教団の選挙支援への期待があった、と報じている[1]。選挙活動中は社長を退任することを表明し、同年12月13日に2008年1月1日付で代表権のある会長に就任することとなった。2009年3月26日をもって会長を退任。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬。公明党の推薦も受けたが[3]民主党吉良州司に約6万票という大差を付けられ落選し、比例復活も叶わなかった[4]

落選後はジョイフルの顧問に就任している。なお、陽一はジョイフルの第4位の大株主(2.99%)で、穴見個人の資産管理会社[5]であるアナミアセット有限会社名義(4.57%。この数字は第2位)と合わせると8%弱の株式を保有している[要出典]2011年3月24日のジョイフルの定時株主総会で取締役に復帰し[6]、直後の取締役会で代表取締役社長に復帰した[7]

2012年3月23日の定時株主総会直後の取締役会で社長を妻のくるみに譲り、自らは相談役となったが[8]、代表権は陽一のみが引き続き持っていた。[9] (陽一の総選挙当選を受け、翌年の2013年3月24日の定時株主総会で共同代表制を復活させて、くるみにも代表権を与えている)[10]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認、公明党推薦で大分1区から出馬し、吉良を破って初当選した。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙において、大分1区から立候補を出馬し、小選挙区では敗れたものの、比例復活で再選。

政策[編集]

発言[編集]

  • 穴見はファミリーレストラン「ジョイフル」の代表取締役相談役であるが、2015年、ファストフード店などの異物混入をめぐり、フェイスブックに「異物混入自体はけっして珍しくない」と投稿した。朝日新聞の取材に対し、「表現に行き過ぎた点があったが、消費者に現実をふまえた対応をしてもらいたかった」と説明した[15]

主な所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「幸福の科学」が政界進出信者が自民から衆院選出馬”. ファクタ出版株式会社 (2008年). 2012年8月12日閲覧。
  2. ^ 「熱 現状打破のジョイフル創業記」岡田清治著 出版文化社 から引用
  3. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  4. ^ 九州(2-2)選挙区で初めて全敗だった自民、巻き返しは…”. 産経新聞 (2012年1月6日). 2012年3月24日閲覧。
  5. ^ 「穴見個人の」と断りが付くのは、穴見家全体の資産管理会社であるジョイ開発有限会社とは全く別個にあるためである。
  6. ^ 役員の異動に関するお知らせ ジョイフルニュースリリース2011年2月10日
  7. ^ 代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ ジョイフルニュースリリース2011年3月24日
  8. ^ ジョイフル:社長に穴見くるみ氏が就任”. 毎日新聞 (2012年3月24日). 2012年3月24日閲覧。
  9. ^ 代表取締役の職務の変更及び役員の異動に関するお知らせジョイフルニュースリリース2012年3月23日
  10. ^ 代表取締役の選任に関するお知らせジョイフルニュースリリース2013年3月25日
  11. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  12. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  14. ^ 2012衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  15. ^ 「異物混入『絶無は不可能』 ファミレス幹部の自民議員」、朝日新聞、2015年1月9日。
  16. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]