大串博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 大串 博志
生年月日 1965年8月31日(50歳)
出身地 日本の旗佐賀県杵島郡有明町(現:白石町
出身校 東京大学法学部
学位・資格 法学士
経営学修士(MBA)
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属委員会 内閣委員会
予算委員会
科学技術・イノベーション推進特別委員会
世襲
選出選挙区 比例九州ブロック→)
佐賀2区→)
比例九州ブロック
当選回数 4回
所属党派 民主党野田玄葉グループ)→)
民進党
党役職 遊説局次長
佐賀県総支部連合会代表
会館部屋番号 衆議院第1議員会館308号室
ウェブサイト 大串博志のホームページ
テンプレートを表示

大串 博志(おおぐし ひろし、1965年8月31日 ‐ )は、日本政治家大蔵財務官僚民進党所属の衆議院議員(4期)、元民主党佐賀県連代表。

内閣総理大臣補佐官野田第3次改造内閣)、内閣府大臣政務官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、復興大臣政務官(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、財務大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)を務めた。

来歴[編集]

佐賀県杵島郡有明町(現:白石町)生まれ。佐賀大学教育学部附属中学校佐賀県立佐賀西高等学校東京大学法学部卒業。大学卒業後、大蔵省(現財務省)に入省[1]。理財局に配属され、主に財政投融資を担当する。1991年アメリカ合衆国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ビジネススクールに留学し、MBA(経営学修士号)を取得した。その後は長野県諏訪税務署長や国際通貨基金(IMF)日本理事室審議役、財務省主計局主査、在インドネシア大使館一等書記官、金融庁監督局銀行第一課銀行監督調整官等の役職を経て、2005年に財務省を退官する。

同年、民主党佐賀県総支部連合会副代表に就任し、佐賀2区で同党の公認を受ける。第44回衆議院議員総選挙に民主党公認で佐賀2区から出馬したが、郵政民営化法案の採決で反対票を投じたため自由民主党の公認を得られず、無所属で出馬した今村雅弘に約15,000票差で敗北。重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選した。2007年2月には民主党佐賀県連代表に就任するも、同年7月に辞任し、翌月には再び副代表に就任する。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党に復党していた今村を佐賀2区で破り、初めて選挙区で当選した(今村も比例復活)。同年、鳩山由紀夫内閣財務大臣政務官に任命され、菅内閣まで務める。

2011年3月、「日本のグランド・デザイン」研究会玄葉グループ)の結成に参加した。同年5月、民主党所属の佐賀県議会議員や佐賀市議会議員が、各議会において民主党系会派から離脱した責任を取り、佐賀県連副代表を辞任する意向を表明(県連代表の原口一博も辞意を表明)[2][3]したが、県連常任委員会では辞任が認められなかった。同年9月、野田内閣内閣府大臣政務官に任命され、翌年2月の野田第1次改造内閣から復興大臣政務官を兼務する。2012年10月、野田第3次改造内閣内閣総理大臣補佐官(重要政策に関する省庁間調整担当)に起用された。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、佐賀2区で前回下した今村に敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、3選。2014年第47回衆議院議員総選挙では、佐賀県知事を辞職して立候補した自民党新人の古川康に佐賀2区で敗れたが、再び比例復活により4選。

2015年佐賀県知事選挙では、大学時代の同級生[4]である元総務省職員の山口祥義を支援し、山口は同じ総務省出身であり、前年の衆院選で大串を破った古川から事実上の後継指名を受けた前武雄市長の樋渡啓祐を破り初当選した[5]

政策・主張[編集]

活動[編集]

人物[編集]

  • 家族は、妻、一男・一女[1]
  • 趣味は、テニス・ランニング・読書・漫才を見ること[1]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 公式プロフィール
  2. ^ “民主県連、原口代表が辞意…議員の会派離脱で”. 読売新聞. (2011年5月15日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110515-OYT1T00086.htm 2011年5月15日閲覧。 
  3. ^ “原口氏が佐賀県連代表の辞意 全国幹事長会議の波乱要因に”. 産経新聞. (2011年5月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110515/stt11051520470005-n1.htm 2011年5月15日閲覧。 
  4. ^ 衆議院議員 大串ひろしブログ:同級生なんです!
  5. ^ “佐賀県知事選、山口祥義氏が初当選 前武雄市長を破る”. 朝日新聞. (2015年1月11日). http://www.asahi.com/articles/ASH197SP6H19TIPE03B.html 2015年1月14日閲覧。 
  6. ^ a b c d “2012衆院選 佐賀2区 大串博志”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A41002001001 2014年4月6日閲覧。 
  7. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  9. ^ 自身のブログ・新幹線長崎ルート
  10. ^ 自身のブログ
  11. ^ 『民主・大串衆院議員、組長の葬儀で焼香 佐賀』 2007年7月6日 朝日新聞
  12. ^ 週刊かけはし(日本革命的共産主義者同盟 (JRCL)発行)JR採用差別問題で院内集会 [http://www.jrcl.net/frame08047c.html
  13. ^ 第174回国会 厚生労働委員会 第1号(平成22年1月25日(月曜日))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
阿久津幸彦
日本の旗 内閣府大臣政務官
阿久津幸彦園田康博と共同
郡和子園田康博と共同
園田康博郡和子稲見哲男北神圭朗と共同

2011年 - 2012年
次代:
加賀谷健郡和子金子恵美稲見哲男岸本周平大野元裕本多平直高山智司
先代:
(創設)
日本の旗 復興大臣政務官
郡和子津川祥吾吉田泉と共同
郡和子津川祥吾若泉征三と共同
郡和子津川祥吾金子恵美橋本清仁と共同

2012年
次代:
亀岡偉民長島忠美徳田毅
先代:
三ツ矢憲生末松信介
日本の旗 財務大臣政務官
古本伸一郎と共同

2009年 - 2010年
次代:
吉田泉尾立源幸