山之内毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山之内 毅
やまのうち つよし
山之内毅の写真.jpg
生年月日 (1981-12-16) 1981年12月16日(35歳)
出生地 鹿児島県姶良市蒲生町
出身校 青山学院大学法学部
前職 神職
所属政党 日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 学士(法学)
公式サイト 山之内つよし(毅)公式サイト

選挙区 比例九州ブロック鹿児島1区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月16日 - 2014年11月21日
テンプレートを表示

山之内 毅(やまのうち つよし、1981年12月16日 - )は、日本政治家神職日本維新の会所属の元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

鹿児島県姶良市蒲生町に鎮座する、日本一の大楠がある蒲生八幡神社の家系に生まれる。1994年に西伊敷小学校、1997年に緑丘中学校、2000年に鹿児島玉龍高校、2004年に青山学院大学法学部をそれぞれ卒業[1]。2004年から株式会社山善に勤務した後、家業である蒲生八幡神社を継ぐため鹿児島に帰り、2006年から蒲生八幡神社・禰宜、山之内司法書士事務所勤務[2]

2012年3月に維新政治塾に入塾し(1期生)、政治家の道を志す[2]。2012年12月、第46回衆議院議員総選挙日本維新の会公認で鹿児島1区から出馬、比例九州ブロック比例復活し、初当選[1]

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では維新の党公認で鹿児島1区から出馬、自民党の保岡興治、民主党の川内博史に敗れ、比例では次点となり復活ならず落選[3]

2015年10月の維新の党分裂に際してはおおさか維新の会に参加した[4]

2016年2月9日におおさか維新の会衆院鹿児島1区支部長就任が発表され[5]、2月20日にかごしま維新の会(おおさか維新の会鹿児島県総支部)が設立されると代表に就任した[6]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で鹿児島1区から立候補したが、この選挙では立憲民主党から立候補した川内が選挙区当選、次点は自民党公認で保岡の秘書を務めた息子の保岡宏武(落選)で、山之内は3着に終わった。山之内の得票は川内の76,699票とは約5万票差の26,895票で、得票率はわずか14.7%だった[7]

政策[編集]

  • 地方分権。権限・財源と責任を地方へ。真の地方創生の実現を目指す。
  • 教育無償化。保育園から大学まで授業料無料。少子高齢化時代だからこそ、現役世代への投資を充実させる。
  • 身を切る改革。まずは政治家から給与カット。歳出削減なくして財政健全化なし。消費増税の前に歳出削減。

脚註[編集]

外部リンク[編集]