宮路拓馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮路 拓馬
みやじ たくま
生年月日 (1979-12-06) 1979年12月6日(39歳)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県南さつま市
出身校 東京大学法学部
前職 総務省職員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党
親族 父・宮路和明衆議院議員
公式サイト みやじ拓馬 公式サイト

選挙区 比例九州ブロック
当選回数 2回
在任期間 2014年12月14日 -
テンプレートを表示

宮路 拓馬(みやじ たくま、1979年12月6日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

来歴[編集]

鹿児島県加世田市(現南さつま市)に生まれる。加世田聖母幼稚園を経て加世田市立加世田小学校に入学。転校して鹿児島市立桜丘東小学校を卒業。鹿児島中学校(現鹿児島修学館中学校)、鹿児島県立鶴丸高等学校を経て、東京大学法学部を卒業後、総務省自治行政局に入省。奈良県財政課、消防庁広島市財政課長、内閣官房参事官補佐、総務省大臣官房秘書課長補佐等を務める。

総務省を退職し、2014年12月の第47回衆議院議員総選挙鹿児島3区から自由民主党公認で出馬[1]。小選挙区では無所属の前職・野間健に敗れたが、比例九州ブロックで復活し初当選した。

当選後は衆議院において農林水産委員会法務委員会、そして地盤であった鹿児島3区の薩摩川内市にある川内原子力発電所に関連して原子力問題調査特別委員会で委員(2期目からは理事)を務めた。 自民党では党内の役職として農林部会で副部会長、畜産・酪農対策委員会で事務局長、青年局で事務局次長を務めた。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、衆議院議員の定数是正に伴う選挙区調整のため地盤である鹿児島3区からの出馬を見送り、比例九州ブロックから単独で出馬。結果としてこの選挙で自民党は7議席を獲得し、2位で再選を果たした。

2期目からは衆議院の原子力問題調査特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会で理事を務める。

政策・主張[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]