鈴木英敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 英敬
すずき えいけい
(すずき ひでたか)
内閣広報室より公表された肖像
(2021年 撮影)
生年月日 (1974-08-15) 1974年8月15日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市甲子園
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員(通商産業省・経済産業省
三重県知事
現職 衆議院議員
所属政党自由民主党→)
無所属→)
自由民主党(安倍派[1]
公式サイト 鈴木英敬 後援会 公式ウェブサイト

選挙区 三重4区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月3日[2] - 現職

三重県の旗 第18・19・20代 三重県知事(公選)
当選回数 3回
在任期間 2011年4月21日 - 2021年9月12日
テンプレートを表示

鈴木 英敬(すずき えいけい、1974年昭和49年〉8月15日 - )は、日本政治家経産官僚自由民主党所属の衆議院議員(1期)。

三重県知事(公選第18・19・20代)、内閣府大臣政務官を歴任。中央防災会議委員。身長は176cm。

妻は元シンクロ五輪メダリストの武田美保。本名は「すずき ひでたか」だが、政治家としては名前を音読みとしている[3]

来歴[編集]

2019年9月16日、中華民国副総統陳建仁とともに(三重県知事時代)

兵庫県西宮市甲子園出身。灘中学校・高等学校卒業。1998年3月、東京大学経済学部卒業。同年4月、通商産業省に入省。大臣官房総務課に配属される。

2006年7月、内閣官房長官安倍晋三自民党総裁選挙の準備運動として、文藝春秋から『美しい国へ』を上梓[4]。鈴木は「日本のトップ、総理大臣がどんな国を創りたいと思っているのか、我々は知っておくべきではないか」と言って、当時西宮市職員だった杉田水脈に本書をすすめた[5]。2006年9月26日に安倍が内閣総理大臣に就任すると、翌10月、鈴木は内閣官房へ参事官補佐として出向した[6]

2008年自由民主党三重2区支部長に就任。2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に立候補するが民主党現職の中川正春に敗れ落選した。

2011年2月、自由民主党を離党し、同年の三重県知事選挙に立候補する意向を表明[7]。同年4月10日に行われた三重県知事選挙では自民党推薦・みんなの党推薦・公明党三重県本部の支持を受け立候補[8]。37万9472票を獲得し元津市長松田直久を僅差で下し初当選した。就任時点では、大阪府橋下徹知事を抜いて、36歳の全国最年少現職知事となった。

戦後の歴代三重県知事は、初当選のときは、田中覚1955年の知事選挙で日本社会党の推薦で当選)・田川亮三1972年の知事選挙で民社党・日本社会党の推薦で当選)・北川正恭1995年の知事選挙で新進党新党さきがけの推薦で当選)・野呂昭彦2003年の知事選挙で民主党社民党の推薦で当選)と全て非自民党系候補として当選している。鈴木は、自由民主党(及びみんなの党・公明党三重県本部)推薦候補として初当選した初の三重県知事となった。

2014年11月21日、2期目への立候補を表明した[9]2015年4月12日、自民党、公明党、新政みえの推薦を受けて再選を果たした。2019年4月、3期目の当選を果たした。

2021年8月5日、会見で年内に予定される第49回衆議院議員総選挙三重4区からの立候補を表明。合わせて9月12日付で三重県知事を辞職する意向を示した[10]。投開票の結果、初当選を果たす。11月25日、清和政策研究会に加入する。

2022年8月12日第2次岸田改造内閣内閣府大臣政務官(担務は経済再生物価高騰対策、成長戦略など経済財政政策の司令塔機能)、新しい資本主義スタートアップ新型コロナ対策、全世代型社会保障改革金融庁)に就任。同年9月24日、「日本を取り戻す~安倍晋三元首相に誓う」と題したオンライン討論会を櫻井よしこ杉田水脈とともに行った[11]

年表[編集]

政策・主張[編集]

外交・安保[編集]

  • 攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有について賛成[15]
  • 日本の核武装について将来にわたって検討すべきではないとしている[15]

経済・財政[編集]

  • 消費税率について当面は10%を維持すべきとしている[15]
  • 原発は日本に必要としている[15]

憲法改正[編集]

その他[編集]

  • 2020年11月20日、性的少数者(LGBTなど)の同性カップルが婚姻と同等の扱いを受けられる「パートナーシップ宣誓制度」を導入すると発表。2020年度内の制定を目指す「性の多様性条例」に関連規定を盛り込むことを検討すると述べた[16]。同制度は2021年9月1日に開始された[17]
  • 2020年11月20日、菅義偉首相が打ち出した「デジタル庁」の三重県版となる「デジタル社会推進局(仮称)」を2021年度に設置する意向を表明した[18]
  • 女性天皇に反対[15]
    • 皇位継承のあり方について、男系継続と旧皇族復帰を主張している[19]

政治資金問題[編集]

2010年度[編集]

三重県知事に就任する直前まで暴力団員との交友が指摘される砂利砕石業者から顧問料として計330万円を受け取っていたことが2012年(平成24年)に分かった[20]。自由民主党三重県第2選挙区支部長を務めていた2010年(平成22年)5月から2011年(平成23年)3月までに顧問料として月30万円を受け取っていた[21]。会社の事業には関与せず、勤務実態はほとんどなかったという[20]。鈴木知事は2012年(平成24年)2月23日に記者会見し「既に確定申告を済ませており、法的には問題ないが、就任前のこととはいえお騒がせしたことは三重県民に申し訳ない」と話した[20]。問題の業者については、暴力団と関わりがある企業であるとの認識は無いとも述べた[21]。この業者は自由民主党の三ツ矢憲生衆院議員にも献金しており、和歌山県警によって暴力団との関わりを指摘されていた[22]

2021年[編集]

鈴木が代表を務める自由民主党三重県第四選挙区支部が、2021年(令和3年)10月14日衆議院解散から10月31日の第49回衆議院議員総選挙投票日までの期間に、国の公共工事を受注している建設会社13社から1060万円の寄付を受け取っていたことが、2023年(令和5年)に明らかとなった[23][24]。公職選挙法では国の公共事業の受注企業が国政選挙に係る寄付をすることを禁じているが、寄付した企業側は選挙応援のためで、法律違反を知らなかったと回答し、鈴木の事務所は寄付した企業が公共事業を受注していた事実を知らず、確認不足であったとした[23]。その上で、道義的観点から寄付額を全額返金し、政治資金収支報告書を訂正する予定であると発表した[23]

2023年(令和5年)2月17日の衆議院予算委員会で、鈴木は全額返金したことを明らかにするとともに、野党側が要求した内閣府政務官の辞任を拒否した[25]

人物[編集]

選挙前の活動[編集]

2011年(平成23年)3月11日に起きた東日本大震災による福島第一原子力発電所事故を受けて、3月17日四日市の中央建設が日本に3台しかない50メートルアームの生コン圧送車を操縦士とともに2台提供できる準備が整っていることを東京電力に仲介して紹介した[26]。生コン圧送車は福島に派遣されたが、3月22日から日本政府が外国から借り上げた生コン車を利用することとしたために三重に引き返させられるなどした後、再び福島に派遣されている[26]

旧統一教会との関係[編集]

ジャーナリスト鈴木エイトが作成した「旧統一教会関連団体と関係があった現職国会議員168人」によれば、旧統一教会関連団体との関係について、2019年10月に、愛知県国際展示場で開催された教団系のイベント「考情文化祝福フェスティバル」に祝電を打っていたとされる[27]

その他[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自民・安倍派、95人に 時事通信社 2021年11月25日配信 2021年11月25日閲覧
  2. ^ 令和3年11月3日三重県選挙管理委員会告示第94号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の報告があった旨)
  3. ^ 7月2日(水)励ます会 ♪レポート♪|自民党 三重2区 鈴木英敬 公式サイト 2008年7月2日
  4. ^ 文春新書『美しい国へ』安倍晋三”. 文藝春秋. 2022年6月13日閲覧。
  5. ^ 杉田水脈 Twitter 2022年7月14日 午前11:04”. 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ プロフィール”. すずき英敬 公式サイト. 2022年11月23日閲覧。
  7. ^ “民主王国・三重に激震 自民系の全国最年少知事が誕生”. 朝日新聞. (2011年4月11日). http://www.asahi.com/senkyo/news/NGY201104100017.html 2021年7月2日閲覧。 
  8. ^ 三重県知事選:鈴木氏出馬へ 自・公・みんなに推薦要請 - 毎日jp(毎日新聞)
  9. ^ 鈴木・三重県知事、再選出馬を正式表明 来春の知事選
  10. ^ “三重・鈴木知事が辞職表明 衆院選、三重4区から出馬へ”. 日本経済新聞. (2021年8月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD051U30V00C21A8000000/ 2021年8月5日閲覧。 
  11. ^ オンライン討論会「日本を取り戻す~安倍晋三元首相に誓う」”. 産経新聞社. 2022年11月14日閲覧。
  12. ^ https://web.archive.org/web/20121004011553/http://www.asahi.com/sports/update/1003/NGY201210030049.html 朝日新聞デジタル2012年10月の記事
  13. ^ 須江政仁、神尾大樹、鎌田旭昇、杉山果奈美、坂田恵、北浜修、阿部竹虎、高橋信 (2021年4月8日). “快晴の美し国、笑顔の輪 聖火リレー県内1日目”. 中日新聞. 2021年4月8日閲覧。
  14. ^ 杉山果奈美 (2021年4月8日). “沿道の観客に「感無量」聖火ランナーの武田美保さん”. 中日新聞. 2021年4月8日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g 第49回衆院選”. 毎日新聞. 2021年11月23日閲覧。
  16. ^ “三重県が同性カップルを公的に認める「パートナーシップ制度」導入へ”. 中日新聞. (2020年11月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/157465 2020年11月24日閲覧。 
  17. ^ 三重県|三重県パートナーシップ宣誓制度が始まります
  18. ^ “「デジタル庁」三重県版を21年度新設へ 鈴木知事が意向”. 毎日新聞. (2020年11月21日). https://mainichi.jp/articles/20201121/k00/00m/010/040000c 2020年11月24日閲覧。 
  19. ^ “三重県知事「男系男子維持すべき」 皇位継承のあり方で”. 伊勢新聞. (2021年4月23日). https://news.yahoo.co.jp/articles/e9b13dd2b971779ebe7694c0998b865e7580aa92 2021年4月25日閲覧。 
  20. ^ a b c 三重知事:組員交友業者から顧問料 県民に謝罪- 毎日jp(毎日新聞) 2012年2月23日
  21. ^ a b “暴力団交友業者から顧問料 就任前に鈴木三重知事”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年2月23日). http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022301000981.html 2013年9月15日閲覧。 
  22. ^ 自民・三ツ矢議員支部に「暴力団関連」2社献金 読売新聞 2012年5月12日
  23. ^ a b c 鈴木英敬議員 代表の自民党支部 国の工事受注建設会社から寄付”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2023年2月15日). 2023年2月25日閲覧。
  24. ^ 鈴木英敬衆院議員「事務所の確認不足」代表務める自民党支部に国の公共事業受注企業から寄付 1060万円返金の方針”. NEWS ONE. 東海テレビ放送 (2023年2月16日). 2023年2月25日閲覧。
  25. ^ 共同通信 (2023年2月17日). “鈴木内閣府政務官、野党の辞任要求を拒否”. 佐賀新聞. 2023年2月25日閲覧。
  26. ^ a b 原発への生コン圧送車遅れた背景に岡田幹事長の政治的駆引き”. 週刊ポスト2011年4月15日号. 小学館 (2011年4月5日). 2011年4月6日閲覧。
  27. ^ 鈴木エイト『自民党の統一教会汚染―追跡3000日』小学館、2022年9月26日、307-318頁。ISBN 978-4093801232 
  28. ^ 三重知事育児休暇を取得へ 第1子6月に誕生予定- 毎日jp(毎日新聞)” (2012年5月9日). 2012年6月5日閲覧。
  29. ^ 区長の育児休暇 英敬ブログ 鈴木英敬(すずきえいけい)OFFICIAL WEBSITE” (2010年5月27日). 2012年6月5日閲覧。
  30. ^ メンバー紹介 - 龍馬プロジェクト
  31. ^ 織田信成、長男がフィギュア開始「才能ある」 『イクメン オブ ザ イヤー』で親ばか全開”. ORICON STYLE (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  32. ^ “ユージ、28歳でベスト・ファーザー賞 息子の手紙に「感動」”. ORICON STYLE. (2016年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2073019/full/ 2016年6月9日閲覧。 
  33. ^ “2022年9月号”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2022年8月25日). https://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2022/08/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%9F%E3%81%B0%E3%81%93%E6%96%B0%E8%81%9E2022%E5%B9%B49%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf#page=2 2022年8月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
山田太郎
宮路拓馬
小寺裕雄
島村大
吉川有美
穂坂泰
中曽根康隆
宗清皇一
泉田裕彦
高橋はるみ
岩田和親
日本の旗 内閣府大臣政務官
尾崎正直
自見英子
中野英幸
本田顕子
長峯誠
里見隆治
西田昭二
柳本顕
木村次郎と共同

2022年 - 2023年
次代
土田慎
神田潤一
古賀友一郎
平沼正二郎
吉田宣弘
石井拓
加藤竜祥
国定勇人
三宅伸吾
先代
野呂昭彦
三重県の旗三重県知事
公選第18 - 20代:2011年 - 2021年
次代
一見勝之