石川昭政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川 昭政
いしかわ あきまさ
生年月日 (1972-09-18) 1972年9月18日(48歳)
出生地 日本の旗 茨城県日立市
出身校 國學院大學文学部神道学科
國學院大學大学院文学研究科
神道学・宗教学専攻博士前期課程
前職 自由民主党本部職員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党

選挙区比例北関東ブロック→)
茨城5区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

石川 昭政(いしかわ あきまさ、1972年(昭和47年)9月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、元復興政務官内閣府政務官経済産業政務官

経歴[編集]

茨城県日立市生まれ。茨城県立日立第一高等学校國學院大學文学部神道学科を経て、1998年(平成10年)、國學院大學大学院文学研究科神道学・宗教学専攻博士前期課程修了[要出典]

同年に自由民主党本部職員となり、幹事長室でマスコミ担当。2000年(平成12年)、選挙対策本部を担当。党職員を13年間を務めた[1]2011年(平成23年)、公募で自民党衆議院茨城第五選挙区支部長に就任[2]

2012年(平成24年)、第46回衆議院議員総選挙茨城5区神道政治連盟からの支援を受け(石川はその国会議員懇談会にも所属)て自民党から出馬。民主党の元国土交通大臣である大畠章宏に敗れたが、比例北関東ブロックで復活し初当選。

2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で茨城5区から再び出馬。民主党幹事長を務めた大畠に敗れたが、比例復活で再選。

2017年(平成29年)、第48回衆議院議員総選挙の前に大畠が政界引退を表明。選挙戦では後継指名された希望の党浅野哲を接戦の末降し3選。

2018年(平成30年)、 第4次安倍改造内閣復興政務官内閣府政務官経済産業政務官に就任[3]

政策[編集]

その他[編集]

  • 小学校3年からサッカーを始め、体育会でもプレーした[1]
  • 大学では、神道学を勉強し、神職の資格を持っている[8]
  • 自民党職員になった理由は、「政治家になるための深い経験ができると思ったから」[1]
  • 東京16区選出の大西英男と共に國學院大學初の衆議院議員となった[9]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 2012衆院選:各選挙区 予想の顔ぶれ:衆院茨城 ◆5区 民主前職に新人挑む
  2. ^ 自民党日立支部臨時総会|参議院議員 岡田広
  3. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ
  4. ^ a b c d e “2012衆院選 茨城5区 石川昭政”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A08005002002 2014年4月25日閲覧。 
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b 会員一覧” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月18日閲覧。
  7. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月17日閲覧。
  8. ^ 「青年局」Cafesta『決戦は金曜日』石川昭政青年局次長(2013.3.15)
  9. ^ 國學院大學院友会
  10. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  11. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  12. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  13. ^ 最新の護る会|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

外部リンク[編集]

公職
先代:
大串正樹
平木大作
日本の旗 経済産業大臣政務官
滝波宏文と共同

2018年 - 2019年
次代:
宮本周司
中野洋昌
先代:
村井英樹
山下雄平
長坂康正
小林史明
山下貴司
新妻秀規
平木大作
簗和生
武部新
福田達夫
日本の旗 内閣府大臣政務官
長尾敬
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同

2018年 - 2019年
次代:
神田憲次
今井絵理子
藤原崇
進藤金日子
青山周平
中野洋昌
和田政宗
加藤鮎子
渡辺孝一
先代:
新妻秀規
平木大作
長坂康正
日本の旗 復興大臣政務官
安藤裕
白須賀貴樹と共同

2018年 - 2019年
次代:
藤原崇
青山周平
中野洋昌