神田憲次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田 憲次
生年月日 (1963-02-19) 1963年2月19日(55歳)
出生地 日本の旗 大分県玖珠郡玖珠町
出身校 崇德高等学校卒業
中京大学文学部英文学科卒業
中京大学大学院法学研究科修士課程修了
愛知学院大学大学院商学研究科修士課程修了
前職 税理士
現職 愛知県第5選挙区支部長
所属政党 自由民主党細田派
称号 文学士
税理士
公式サイト 自民党 衆議院議員 神田けんじ

選挙区愛知5区→)
比例東海ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月19日 - 現職
テンプレートを表示

神田 憲次(かんだ けんじ、1963年2月19日 - )は、日本政治家税理士自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

大分県玖珠郡玖珠町出身[1][2]崇徳高等学校中京大学文学部英文学科卒業。1987年、中京大学大学院法学研究科修士課程修了。1989年愛知学院大学大学院商学研究科修士課程修了[2]1991年税理士登録し、名古屋税理士会名古屋東支部に所属[2]。以後、約20年にわたり、顧客や取引先の倒産や自殺、夜逃げ等の問題に直面した[3]2000年に神田憲次税理士事務所を開業し、総務省の政治資金監査人や日本国際社会事業団の評議員を務めた[2]

2012年第46回衆議院議員総選挙自由民主党公認で愛知5区から出馬し、民主党前職で元農林水産大臣赤松広隆1,795票の僅差で破り、初当選した[4]2014年第47回衆議院議員総選挙では、愛知5区で前回下した赤松に敗れ、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選[5]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、自民党公認で愛知5区から出馬。立憲民主党に鞍替えして出馬した赤松広隆に加え、希望の党も候補を擁立したが[6]、愛知5区で赤松に敗れ[7]、再び比例東海ブロックで復活した[8]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 衆議院 神田憲次 | 国会審議映像検索システム
  2. ^ a b c d プロフィール - 自由民主党 神田けんじ 公式サイト
  3. ^ a b “候補者の横顔<5区>”. 中日新聞. (2012年12月12日). http://www.chunichi.co.jp/hold/shuin2012/aichi/CK2012120802000231.html 2017年4月22日閲覧。 
  4. ^ “愛知 小選挙区:開票結果:2012衆院選”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/ya23.htm#k005 2017年4月22日閲覧。 
  5. ^ “愛知 - 開票速報 - 2014衆院選”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/A23.html#Area005 2017年4月22日閲覧。 
  6. ^ “1、3、5区は三つどもえ=愛知【衆院選情勢】”. 時事通信. (2017年10月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100700547&g=pol 2017年10月28日閲覧。 
  7. ^ “衆院選:赤松広隆氏に当確 神田憲次氏ら破る 愛知5区”. 毎日新聞. (2017年10月23日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/148000c 2017年10月28日閲覧。 
  8. ^ “第48回衆院選 愛知 - 毎日新聞”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=23#005 2017年10月28日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “2014衆院選 東海ブロック 神田 憲次”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=D07001001018&st=tk 2017年4月22日閲覧。 
  10. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  11. ^ 清和政策研究会 会員紹介
  12. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  13. ^ “自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバー”. しんぶん赤旗. (2014年9月15日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-09-15/2014091515_01_1.html 2017年4月22日閲覧。 

外部リンク[編集]