神風英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神風 英男
Hideo Jimpu 2012.jpg
生年月日 (1961-10-10) 1961年10月10日(56歳)
出生地 日本の旗茨城県古河市
出身校 法政大学法学部法律学
前職 国会議員政策担当秘書
現職 埼玉県連総支部選出常任幹事
所属政党 民主党小沢グループ
称号 法学士

選挙区 埼玉4区
当選回数 3回
テンプレートを表示

神風 英男(じんぷう ひでお、1961年10月10日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(3期)。防衛大臣政務官野田内閣野田改造内閣)を務めた。

来歴[編集]

茨城県古河市生まれ[1]茨城県立古河第三高等学校法政大学法学部法律学科卒業[1]。大学卒業後、松下政経塾に入塾する(第7期生)[1]アメリカ合衆国法人INAファームコープを経て、帰国後の1994年茨城県議会議員選挙に無所属で出馬するが、落選した[1]。この時に出馬した岩井市選挙区は、茨城県政に絶大な影響力を有した自由民主党茨城県連会長の山口武平の選出選挙区であった。1995年船田元衆議院議員事務所に入所。2001年から武正公一衆議院議員の政策担当秘書を務める[1]

2003年第43回衆議院議員総選挙では、当初埼玉15区からの出馬を予定していたが、総選挙直前の民由合併により、自由党出身の高山智司が公認を受けたため、神風は埼玉4区から出馬する。なお、埼玉4区は元々、法政大学法学部の先輩である上田清司の選出選挙区であったが、上田の埼玉県知事選挙出馬に伴い、空白区になっていた。埼玉4区で自民党の早川忠孝を破り、初当選[1]2005年第44回衆議院議員総選挙では早川に敗れるが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、再選。2009年第45回衆議院議員総選挙では再度早川を下し、3選[1]

2011年野田内閣防衛大臣政務官に任命された[1]2012年10月に退任し、同年11月より衆議院安全保障委員会委員長[1]

同年12月の第46回衆議院議員総選挙に、埼玉4区から出馬するも落選。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に、埼玉4区から出馬するも再び落選。2015年、民主党は次期衆院選の埼玉4区公認候補に埼玉県議会議員吉田芳朝を内定[2]。吉田が支部長となり、神風は政界を引退した。

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]