下条みつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
下条 みつ
しもじょう みつ
生年月日 (1955-12-29) 1955年12月29日(60歳)
出生地 長野県松本市
出身校 信州大学経済学部
前職 厚生大臣秘書官・富士銀行参事役・証券会社部長
所属政党 民主党羽田グループ)→)
民進党
称号 経済学士(信州大学)
親族 父・下条進一郎(元参議院議員)
祖父・下条康麿(元参議院議員、元貴族院議員
曽祖父・上松泰造(元貴族院議員)
公式サイト 下条みつ公式サイト

選挙区 長野2区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月9日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

下条 みつ(しもじょう みつ、1955年12月29日 - )は、日本政治家民進党所属。本名、下條 光康[1](しもじょう みつやす)。

衆議院議員(3期)を務めた。

家族・親族[編集]

系譜[編集]

下條家(長野県松本市
通春━━鋼吉━━康麿━━進一郎━━みつ(光康)

来歴・人物[編集]

長野県松本市出身[3]千代田区立番町小学校開成中学校・高等学校東京都)、1980年(昭和55年)信州大学経済学部を卒業、富士銀行に入行し、自民党参議院議員であった父親の厚生大臣海部内閣)就任に伴い退行。秘書官に就任。

2000年平成12年)6月25日第42回衆議院議員総選挙に民主党から初出馬したが落選。

2003年(平成15年)11月9日第43回衆議院議員総選挙長野2区から民主党公認で出馬し、自民党の村井仁を破り初当選した。(村井も比例復活で当選)。

2005年(平成17年)9月11日第44回衆議院議員総選挙に同じく長野2区から出馬し、民主党逆風の中再選。

2009年(平成21年)8月1日、秘書が運転する乗用車で長野県大町市から松本市へ移動中に、安曇野市穂高北穂高の長野県道306号有明大町線で、車線をはみ出して対向車と正面衝突するという事故を起こす。本人は胸の骨を折るなど一ヶ月の重傷を負い、また相手側の運転手にも顔を切るなどの軽傷を負わせた。8月3日の事務所開きは欠席も、その後は選挙活動を行った。

同年8月30日第45回衆議院議員総選挙に長野2区から民主党公認・国民新党推薦で出馬し、自民党の務台俊介に大差をつけて3選。

2012年(平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙では、自民大勝・民主逆風のなか長野2区で自民党の務台に敗れ[4]重複立候補していた比例北陸信越ブロックでも当選に至らず、落選した[5]

2014年(平成26年)12月14日第47回衆議院議員総選挙でも長野2区から出馬したが落選。

政策[編集]

  • 自身の政策・理念として以下を挙げている[6]
    • 私達の声が届く政治を実現する
    • 私は国民の声を代弁する政治家になる
  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば賛成[7]

その他[編集]

サポーター登録

2010年9月の民主党代表選挙の際、松本市内に住むサポーター・民主党員になったことのない人に代表選挙の投票用紙が届いた。下条事務所が鹿島建設の協力会を経て複数の建設会社から名簿の提供を受けたとみられる。下条側はこれらについて「事務的ミス」としている[8]

耐震偽装をめぐる発言

耐震強度が偽装された神奈川県藤沢市マンションについて、「水増しした生コンが使われた」などと発言。その後の調査でコンクリートの強度に問題が無い事が判明しており、コンクリートを納入した業者が名誉を傷つけられたとして訴えた。2011年(平成23年)11月24日横浜地方裁判所にて550万円の支払いを命じられた[9]

役職[編集]

  • 防衛大臣政務官
  • 安全保障委員会理事
  • 民主党防衛部門座長
  • 国家戦略室サポートメンバー(国土交通、財務・金融)
  • 国家基本政策委員会理事
  • 政策調査会副会長(国土交通、金融)
  • 農林水産団体局次長
  • 中小企業局次長
  • 中央代表選挙管理委員
  • スポーツ団体局次長
  • 政策調査会副会長

所属していた団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成17年衆議院小選挙区選出議員選挙長野県第2選挙区選挙長告示第2号 平成17年(2005年)8月30日
  2. ^ a b c d 公式プロフィール
  3. ^ 下条みつ公式サイトには「出身・本籍地 長野県松本市」とあるが、同じく衆議院議員の後藤茂之とは小学校(東京)時代の同級生。
  4. ^ 開票状況速報(小選挙区第2区) (PDF)”. 長野県選挙管理委員会. 2012年12月17日閲覧。
  5. ^ 開票速報 比例代表 北陸信越ブロック 民主党”. 2012年12月17日閲覧。
  6. ^ 公式ページ:理念・政策
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ 信濃毎日新聞 2010年10月4日
  9. ^ 横浜地裁、下条衆院議員に賠償命令 耐震偽装発言で名誉毀損 日本経済新聞 2011年11月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]