渡辺孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「渡邊孝一」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
渡邊 孝一
わたなべ こういち
生年月日 (1957-11-25) 1957年11月25日(60歳)
出生地 東京都
出身校 東日本学園大学歯学部(現:北海道医療大学
前職 歯科医
岩見沢市長
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党岸田派
親族 渡辺省一(元衆議院議員)
公式サイト 渡辺孝一(わたなべ孝一)公式サイト

選挙区 比例北海道ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職

当選回数 3回
在任期間 2002年10月 - 2012年7月31日
テンプレートを表示

渡邊 孝一(わたなべ こういち、1957年11月25日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元北海道岩見沢市長(3期)。

父は科学技術庁長官を務めた元衆議院議員の渡辺省一

概要[編集]

東京都で生まれ、父・省一の故郷である北海道美唄市で育つ。北海道岩見沢東高等学校、東日本学園大学(現北海道医療大学歯学部卒業。卒業後は歯科医院の勤務医を経て、1991年岩見沢市で歯科医院を開業。1996年、岩見沢青年会議所理事長に就任し、岩見沢市PTA連合会会長や空知PTA連合会会長を務める。

2002年10月、岩見沢市長選挙に出馬。現職の能勢邦之岩見沢市長を4,000票超の大差で破り、初当選した。2006年、岩見沢市長再選(48年ぶりの無投票での当選であった)。2010年の岩見沢市長選では民主自民公明3党の野党相乗りで3選。市長在職中は情報公開企業誘致、医療福祉の充実化に尽力。また市町村合併を推進し、北村栗沢町岩見沢市編入合併させた。2009年には経営破綻した岩見沢市内の大手ゼネコンカツイの再建にも協力。一方で、市内の学校給食岩見沢共同調理所から発生した集団食中毒や、市内のごみ最終処分場の埋め立て量の改竄等を見逃した監督責任の不行き届きや対応の不手際で批判を受けた。

2012年6月、次期衆議院議員総選挙にかつて父・省一も出馬(落選)した北海道10区から出馬する意向を表明。自民党北海道連の北海道第10選挙区支部は、飯島夕雁の辞任により空席状態が続いていた同区支部長に渡辺を推薦し、党本部に公認を申請する方針を固めた。しかし、比例北海道ブロック選出の稲津久衆議院議員公明党)も、次期衆議院議員総選挙に北海道10区から出馬する意向を表明していたため、自民党は北海道10区への候補擁立を見送る方針を決定。一方、渡辺の擁立に動いた自民党所属の北海道議会議員らは再度渡辺の公認を求め、自民党から公認が得られない場合は無所属で出馬する渡辺を支援する方針を固めた。

しかし、その後の党本部による調整により、北海道10区からは稲津が出馬し、渡辺は比例北海道ブロック単独1位での出馬が内定した[2]。2012年7月、岩見沢市議会議長に辞職願を提出し、市議会で辞任が了承された。同年12月の第46回衆議院議員総選挙で初当選。なお、当選後に入居した衆議院第1議員会館の部屋番号はかつて父・省一が衆院議員在職中に入居していた部屋番号である。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で再選。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で比例区単独1位で3選[3]。11月1日の首班指名選挙では安倍晋三に投票したが[4][5]、投票用紙に自身の氏名を書き忘れたため無効票となった[6][7]

政策[編集]

と回答している[9]

発言[編集]

  • 2018年2月23日、衆院予算委分科会で、裁量労働制の労働時間をめぐる不適切なデータ処理の問題を追求する野党の姿勢を「誹謗中傷クラス」と発言。[10]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 渡辺氏 自民単独1位 道内比例 未来は北出氏が重複 北海道新聞 2012年12月4日
  3. ^ 北海道ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  4. ^ “枝野氏に社民、自由も投票=無所属の会は大塚氏―首相指名”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年11月1日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000125-jij-pol 
  5. ^ “首相指名:2位、衆参ねじれ 64年ぶり、民進の分裂余波”. 毎日新聞. (2017年11月1日). https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00m/010/108000c 
  6. ^ “首相指名選挙、安倍首相への1票が無効に 衆院本会議”. 朝日新聞. (2017年11月1日). http://www.asahi.com/articles/ASKC15JJQKC1UTFK011.html 
  7. ^ “【第4次安倍政権】自民“魔の3回生”失態 首相指名選挙で自分の名前書き忘れ無効”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020002-n1.html 
  8. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  9. ^ 2014衆院選毎日新聞候補者アンケート
  10. ^ 「不適切」データ処理問題、倉庫に段ボール32箱の記録”. TBS NEWS. 2018年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
能勢邦之
Flag of Iwamizawa, Hokkaido.svg 北海道岩見沢市長
第7代:2002 - 2012
次代:
松野哲