中沢健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中沢 健次(なかざわ けんじ、1934年昭和9年)9月15日[1] - )は、日本政治家衆議院議員を4期務めた。

来歴・人物[編集]

北海道夕張市に生まれる。1953年北海道夕張北高等学校卒業[2]、夕張市職員労働組合書記長より全日本自治団体労働組合道本部書記長、同副委員長を経て[1][2]1986年第38回衆議院議員総選挙岡田春夫の後継として日本社会党公認で旧北海道第4区から出馬し初当選[2](同じ区の社会党現職池端清一田中派新人鳩山由紀夫も当選)。

1990年第39回衆議院議員総選挙で再選[2](同じ区の民社党新人小平忠正も当選)、1993年第40回衆議院議員総選挙で落選し、再起をかけた1996年第41回衆議院議員総選挙民主党元職として比例区で当選し国政復帰、2000年民主党現職として第42回衆議院議員総選挙で再選、2003年引退

脚注[編集]

  1. ^ a b 『市民・社会運動人名事典』302頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』442頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
議会
先代:
坂上富男
日本の旗 衆議院逓信委員長
1998年 - 1999年
次代:
前田武志