内藤隆 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内藤 隆(ないとう たかし、1893年明治26年)11月 - 1979年昭和54年)7月22日[1])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

富山県出身[1][2]早稲田大学政治経済科、日本大学法学部で学ぶ[1][2]。北陸タイムス編集局長兼主筆日本電力嘱託、大同電力嘱託、庄川電力嘱託などを務めた[2]

日本自由党富山県支部幹事長を経て、1949年1月、第24回衆議院議員総選挙富山県第1区から民主自由党所属で出馬し当選[2]。その後、第25回第28回から第31回総選挙で5回当選し、衆議院議員を通算六期務めた[2]。この間、自由党人事部長、自由民主党富山県連政調会長、同党議員総会副会長、富山県緑化推進委員会委員長、衆議院行政監察特別委員長、同逓信委員長、同運輸委員長、吉田内閣国務大臣緒方竹虎秘書官第2次岸内閣厚生政務次官などを歴任した[1][2]

その後、富山テレビ放送社長、同会長、同相談役を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』425頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』436頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056