池端清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
池端 清一
いけはた せいいち
生年月日 1929年8月20日
出生地 日本の旗 日本 北海道釧路市
没年月日 (2007-02-28) 2007年2月28日(77歳没)
出身校 早稲田大学法学部
前職 北海道教職員組合書記長
所属政党日本社会党→)
社会民主党→)
(旧・民主党→)
民主党
称号 勲一等瑞宝章
室蘭市名誉市民

日本の旗 第27代 国土庁長官
内閣 村山改造内閣
在任期間 1995年8月8日 - 1996年1月11日

選挙区旧北海道4区→)
比例北海道ブロック
当選回数 7回
在任期間 1976年12月6日 - 1979年9月7日
1980年6月23日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

池端 清一(いけはた せいいち、1929年8月20日 - 2007年2月28日)は、日本政治家衆議院議員(7期)、国務大臣国土庁長官阪神・淡路復興対策担当大臣村山改造内閣)、社会民主党国会対策委員長(初代)等を歴任。日本社会党、社会民主党、旧・民主党民主党に所属。勲一等瑞宝章室蘭市名誉市民

来歴・人物[編集]

北海道釧路市生まれ。旧制弘前高校を経て、早稲田大学法学部卒業。大学卒業後は北海道日高支庁管内の学校教員に奉職し、北海道教職員組合書記長も務めた。

1976年第34回衆議院議員総選挙日本社会党公認で旧北海道4区から出馬し、初当選。しかし、1979年第35回衆議院議員総選挙では落選。1980年ハプニング解散による第36回衆議院議員総選挙で返り咲いた。同年、総理府に設置された北海道開発審議会で委員を務める。

1993年衆議院災害対策特別委員長に就任。在任中には雲仙普賢岳噴火や北海道南西沖地震が発生した。

1995年村山改造内閣国土庁長官阪神・淡路復興対策担当大臣に任命され、初入閣した。1996年、日本社会党から党名を変更して結成された社会民主党に参加し、同党国会対策委員長に就任する。しかし、すぐに離党し、旧民主党結党に参加。同年の第41回衆議院議員総選挙には比例北海道ブロック単独で出馬し、7選。なお同じく旧社会党の所属議員であった金田誠一中沢健次も比例北海道ブロックから旧民主党公認で出馬し、当選。

1999年衆議院懲罰委員長に就任。同年9月の民主党代表選挙では、横路孝弘の推薦人に名を連ねる。

2000年第42回衆議院議員総選挙には、妻の看病を理由に出馬せず、政界を引退した。引退後、中選挙区時代のライバルであった鳩山由紀夫の後援会長に就任。同年勲一等瑞宝章受章、2002年室蘭市名誉市民[1]

2007年2月28日、心筋梗塞で死去。享年77。

政策[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 室蘭市概要 > 名誉市民
  2. ^ 第140回国会 法務委員会請願328号


公職
先代
小沢潔
日本の旗 国土庁長官
第27代:1995年 - 1996年
次代
鈴木和美
議会
先代
山花貞夫
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1999年 - 2000年
次代
西村眞悟
先代
森井忠良
日本の旗 衆議院災害対策特別委員長
1993年 - 1994年
次代
日野市朗
党職
先代
結成
社会民主党国会対策委員長
初代 : 1996年
次代
秋葉忠利