佐藤守良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
佐藤 守良
さとう もりよし
生年月日 1922年3月28日
出生地 日本の旗 日本 広島県御調郡向島町(現・尾道市
没年月日 (1996-03-07) 1996年3月7日(満73歳没)
出身校 尾道商業学校(現・尾道商業高等学校
中央大学法学部
前職 永野護秘書
所属政党 自由民主党→)
新生党→)
新進党
親族 佐藤公治(次男)

内閣 第2次中曽根内閣第1次改造内閣
在任期間 1984年11月1日 - 1985年12月28日

日本の旗 第20代 国土庁長官
内閣 第2次海部内閣
在任期間 1990年2月28日 - 1990年12月29日

内閣 羽田内閣
在任期間 1994年4月28日 - 1994年6月30日

内閣 羽田内閣
在任期間 1994年4月28日 - 1994年6月30日

選挙区 旧広島3区
当選回数 9回
在任期間 1969年12月27日 - 1996年3月7日
テンプレートを表示

佐藤 守良(さとう もりよし、1922年3月28日1996年3月7日)は、日本政治家。元参議院議員・元衆議院議員佐藤公治の父親[1]

衆議院議員(9期)、農林水産大臣第8代[2]国土庁長官第20代[3]北海道開発庁長官第60代[4]沖縄開発庁長官第29代[4]を歴任。

来歴・人物[編集]

広島県御調郡向島町(現尾道市)出身。尾道商業学校中央大学法学部卒業[5]

運輸大臣を務めた永野護の秘書を長く務め[5]1960年第29回衆議院議員総選挙に無所属で立候補するが落選[6]1969年第32回衆議院議員総選挙自由民主党公認を得て、再び広島3区から立候補し初当選(当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六奥田敬和渡部恒三綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など)。

自民党内では佐藤栄作派→田中角栄派→竹下登派に所属し、第2次中曽根内閣第1次改造内閣農林水産大臣第2次海部内閣国土庁長官などを歴任。また、同期当選の小沢一郎の盟友として知られ、「小沢総理」実現を生涯の目標とした。1992年の竹下派分裂に伴い、羽田・小沢派に参加。翌年、自民党を離党し新生党結成に参画、新生党常任幹事に就任した。羽田内閣では北海道開発庁長官沖縄開発庁長官を務めた。1995年勲一等旭日大綬章受章。1996年3月7日、気管支動脈瘻による出血のため死去。73歳だった。

愛称は「ごもっとも守良」。何を聞いても「ごもっとも」と受け答えをすることから名づけられたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール”. 佐藤こうじオフィシャルサイト. 2016年9月30日閲覧。
  2. ^ 昭和40年代から60年代の内閣閣僚名簿 第2次中曽根内閣第1次改造内閣”. 首相官邸. 2016年9月30日閲覧。
  3. ^ 平成以降の内閣閣僚名簿 第2次海部内閣”. 首相官邸. 2016年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 平成以降の内閣閣僚名簿 羽田内閣”. 首相官邸. 2016年9月30日閲覧。
  5. ^ a b 衆議院会議録情報 第136回国会 本会議 第17号 内、宮澤喜一の発言より。2016年9月30日閲覧。
  6. ^ 衆議院議員総選挙一覧. 第29回”. 衆議院事務局 (1961年10月). 2016年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

公職
先代:
羽田孜(事務取扱)
日本の旗 沖縄開発庁長官
第29代:1994年
次代:
小里貞利
先代:
羽田孜(事務取扱)
日本の旗 北海道開発庁長官
第60代:1994年
次代:
小里貞利
先代:
石井一
日本の旗 国土庁長官
第20代:1990年
次代:
西田司
先代:
山村新治郎
日本の旗 農林水産大臣
第8代:1984年-1985年
次代:
羽田孜