藤本孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤本 孝雄
ふじもと たかお
生年月日 (1931-01-17) 1931年1月17日(90歳)
出生地 日本の旗 香川県高松市
出身校 東京大学法学部
前職 日本電信電話公社職員
所属政党 自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
親族 藤本捨助(父)

内閣 第2次橋本内閣
在任期間 1996年11月7日 - 1997年9月11日

日本の旗 第68代 厚生大臣
内閣 竹下内閣
在任期間 1987年11月6日 - 1988年12月27日

内閣 第2次中曽根改造内閣
在任期間 1985年8月14日 - 1985年12月28日

選挙区旧香川1区→)
香川1区
在任期間 1963年11月22日 - 1979年9月7日
1980年6月23日 - 1990年1月24日
1993年7月19日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

藤本 孝雄(ふじもと たかお、1931年1月17日 - )は、日本政治家

衆議院議員(10期)、沖縄開発庁長官厚生大臣内閣官房副長官農林水産大臣などを歴任した。

来歴・人物[編集]

香川県高松市出身。香川県立高松高等学校東京大学法学部卒業。証券会社、日本電信電話公社勤務を経て[1]1963年衆院選に初当選(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄藤尾正行佐藤孝行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮など)。通算当選10回。自民党内では三木→河本派に属し、沖縄開発庁長官厚生大臣内閣官房副長官農林水産大臣などを歴任。農水大臣時代は、諫早干潟事業続行決定による環境破壊に批判もあった。

2000年第42回衆議院議員総選挙では香川1区から出馬したが落選。2003年第43回衆議院議員総選挙では比例四国ブロックから出馬したが、比例名簿下位のため落選し引退。現在は特定非営利活動法人歯科医療情報推進機構理事長などを務めている。

略歴[編集]

家族[編集]

著書[編集]

  • 『藤本孝雄の大臣報告』 プラネット出版 1989年5月 ISBN 4881913042

脚注[編集]

  1. ^ 『政界春秋』1985年10月

関連項目[編集]

議会
先代:
鯨岡兵輔
日本の旗 衆議院外務委員長
1976年
次代:
竹内黎一
公職
先代:
河本敏夫
日本の旗 沖縄開発庁長官
第16代:1985年
次代:
古賀雷四郎
先代:
斎藤十朗
日本の旗 厚生大臣
第68代:1987年 - 1988年
次代:
小泉純一郎
先代:
大原一三
日本の旗 農林水産大臣
第24代:1996年 - 1997年
次代:
越智伊平
先代:
志賀節
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
1989年 - 1990年
次代:
大島理森