杉田和博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉田 和博
すぎた かずひろ
Sugita Kazuhiro.png
内閣官房副長官時
生年月日 (1941-04-22) 1941年4月22日(80歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
出身校 東京大学法学部卒業
前職 神奈川県警察本部長
内閣情報調査室長
内閣情報官
内閣危機管理監

日本の旗 内閣官房副長官
(事務担当)
内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
第4次安倍第1次改造内閣
第4次安倍第2次改造内閣
菅義偉内閣
在任期間 2012年12月26日 - 現職
テンプレートを表示

杉田 和博(すぎた かずひろ、1941年4月22日[1] - )は、日本警察官僚内閣官房副長官内閣人事局長神奈川県警察本部長内閣情報調査室長内閣情報官内閣危機管理監なども歴任した。

人物[編集]

埼玉県出身[1]埼玉県立浦和高等学校卒業、東京大学法学部卒業。地下鉄サリン事件当時の警察庁警備局長。性格は温和で、高い調整能力で知られる一方、「危機管理には通じているが、社会福祉や経済といった国民生活全体を見渡す視野の広さに欠けている」との評価もある[2]。警察ではほぼ一貫して警備・公安畑を歩み[3]、警備局長を経て内閣官房にて内閣情報調査室長、内閣情報官、内閣危機管理監として政権中枢で公安と危機管理を担った。2004年に退官。

2012年12月26日、第2次安倍内閣において内閣官房副長官に就任。第2次安倍政権発足時から2021年まで約9年間にわたり政府の事務方トップを務めている[4]

略歴[編集]

役職[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 内閣危機管理監”. 内閣官房 (2003年). 2012年12月26日閲覧。
  2. ^ 官邸内人事めぐる「警察vs外務」勢力争い”. PRESIDENT Online. プレジデント社 (2014年5月3日). 2014年5月14日閲覧。
  3. ^ “安倍首相就任会見でハプニング 官房副長官が突然倒れる”. J-CASTニュース. (2012年12月27日). https://www.j-cast.com/2012/12/27159785.html 2016年3月30日閲覧。 
  4. ^ 事務方トップとして8年、省庁人事に強い影響力 杉田官房副長官”. 東京新聞 (2020年10月14日). 2021年4月23日閲覧。
  5. ^ 『日本の官界名鑑』1981年発行、353頁
  6. ^ a b 『日本官僚制総合事典』東京大学出版会、2001年11月発行、105頁
  7. ^ 内閣官房副長官 杉田 和博 (すぎた かずひろ)”. 首相官邸. 2020年12月16日閲覧。
  8. ^ “官房副長官に杉田元危機管理監”. 時事ドットコム. 時事通信. (2012年12月26日). オリジナルの2013年4月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/oQm4E 2012年12月26日閲覧。 
  9. ^ “内閣人事局長に杉田氏 事務副長官で初”. 日本経済新聞. (2017年8月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H83_T00C17A8PP8000 2017年8月3日閲覧。 
  10. ^ 財団法人 世界政経調査会 役員名簿 (PDF)”. 世界政経調査会. 2014年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]

官職
先代:
竹歳誠
日本の旗 内閣官房副長官(事務担当)
2012年 -
次代:
現職
先代:
萩生田光一
日本の旗 内閣人事局長
2017年 -
次代:
現職
先代:
新設
日本の旗 日本経済再生総合事務局長
2013年 - 2020年
次代:
廃止
先代:
安藤忠夫
日本の旗 内閣危機管理監
2001年 - 2004年
次代:
野田健
先代:
大森義夫
日本の旗 内閣情報調査室長
→内閣情報官

1997年 - 2001年
次代:
兼元俊徳