佐々木盛雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 盛雄(ささき もりお、1908年明治41年)8月23日 - 2001年平成13年)8月25日[1])は、日本の新聞記者編集者政治家衆議院議員内閣官房副長官

経歴[編集]

兵庫県出身[1]1932年東京外国語学校を卒業。報知新聞社に入社し、外信部記者、政治部記者、海外特派員を務めた[1]。戦時中は大本営海軍報道部嘱託、情報局嘱託となる[2]

終戦後、『自由新聞』を創刊し編集局長となる。その後、報知新聞社渉外部長に就任[2]1947年4月、第23回衆議院議員総選挙兵庫県第5区日本自由党から出馬し当選。以後、第24回第26回第28回総選挙で当選し、衆議院議員を通算4期務めた。この間、衆議院厚生委員長、第5次吉田内閣労働政務次官1960年7月から同年12月まで第1次池田内閣内閣官房副長官[3]、日本自由党情報部副部長、民主自由党政調会外務委員長、自由民主党総務、同国会対策副委員長などを歴任[2]

その他、サンフランシスコ講和会議に衆議院外務委員として、またワシントンD.C.で行われた新安保条約の調印式に議員団員として出席した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 2000~2002』281頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』270頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』467頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 2000~2002』日外アソシエーツ、2003年。