浅野勝人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅野勝人
あさの かつひと
生年月日 (1938-04-19) 1938年4月19日(79歳)
出生地 愛知県豊橋市
出身校 早稲田大学第一政治経済学部
所属政党 自由民主党麻生派
称号 旭日重光章

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日

選挙区 旧愛知5区→)
愛知14区
当選回数 3回
在任期間 1990年2月 - 1993年6月18日
1996年10月 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

浅野 勝人(あさの かつひと、1938年4月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属。参議院議員(1期)、衆議院議員(3期)、内閣官房副長官麻生内閣)などを歴任。

略歴[編集]

愛知県豊橋市出身。愛知県立豊橋東高等学校早稲田大学第一政治経済学部卒業。1961年NHKに入局[要出典]

NHKを退職後、1986年第38回衆議院議員総選挙保守無所属として出馬したが、次々点で落選。1989年に政策集団自由連合の旗揚げへ参加[1]。続く1990年第39回衆議院議員総選挙では、自民党の公認を得て初当選。以後3回当選。1996年第2次橋本内閣で防衛政務次官2000年には第2次森内閣で外務政務次官に就任。党務では、自民党副幹事長、国会対策副委員長などを務めた[要出典]

2003年第43回衆議院議員総選挙で落選。2004年第20回参議院議員通常選挙に出馬し当選。

参院選出馬にあたっては全国初の自民党候補予備選で大島慶久参議院議員と寺西学県議の長男の寺西睦を破り、自民党公認を得た[2]

2005年8月8日の郵政民営化法案の参議院本会議採決では造反し棄権した[要出典]2006年9月27日から第1次安倍内閣外務副大臣に就任。

2007年8月、党人事局長に就任。2009年5月13日、麻生内閣で内閣官房副長官の鴻池祥肇が辞任したことに伴って、同日付けで後任の内閣官房副長官に就任。同年9月に内閣官房副長官を退任。

2010年1月21日、72歳になっていた浅野は、有権者の「若返りを望む声が大きかった」として、次期参院選への出馬断念を表明。4月、参議院懲罰委員長に就任。7月の第22回参議院議員通常選挙には出馬せず、事実上の引退となった。

引退後は、北京大学特任講師、東北福祉大学特任教授、一般社団法人安保政策研究会理事長などを務めている[3]

2016年春の叙勲で旭日重光章を受章。

政策[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 成熟 : 浅野勝人政経塾セミナー(時評社、2005年)
  • 日中反目の連鎖を断とう : 北京大学講義録(NHK出版、2013年)
  • 融氷の旅 : 日中秘話(青灯社、2015年)

共著[編集]

  • (杉浦正章)諫める : 亡国の政治に警鐘(早稲田出版、2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1989年11月26日朝刊2頁
  2. ^ 朝日新聞2004年2月14日夕刊10頁
  3. ^ [1]
  4. ^ 第174回国会 法務委員会 請願 1551号


議会
先代:
藤井孝男
日本の旗 参議院懲罰委員長
2010
次代:
松村龍二
公職
先代:
鴻池祥肇
日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当・参議院)

2009
次代:
松井孝治
先代:
塩崎恭久
金田勝年
日本の旗 外務副大臣
岩屋毅と共同
2006 - 2007
次代:
小野寺五典
木村仁