大見正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大見 正
おおみ せい
生年月日 (1958-06-20) 1958年6月20日(60歳)
出生地 愛知県安城市
出身校 関西外国語大学外国語学部英米語学科
前職 愛知県議会議員
所属政党 自由民主党麻生派
称号 学士
親族 祖父・大見為次(初代安城市長)
公式サイト 大見正 Say’s Pages

選挙区愛知13区→)
比例東海ブロック
当選回数 3回
在任期間 2012年12月18日[1] - 現職

選挙区 安城市選挙区
当選回数 3回
在任期間 2003年4月30日 - 2012年12月4日

当選回数 2回
在任期間 1995年5月1日 - 2003年
テンプレートを表示

大見 正(おおみ せい、1958年6月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。

愛知県議会議員(3期)、安城市議会議員(2期)を歴任した。祖父は初代安城市長の大見為次[2]

来歴[編集]

愛知県安城市生まれ(現住所は安城市新田町)[3][4]。安城市立安城北中学校、愛知県立刈谷北高等学校関西外国語大学外国語学部英米語学科卒業。2年の会社勤めを経て衆議院議員浦野烋興の秘書となる[5]

1995年4月、安城市議会議員に初当選。1999年に再選。

2003年4月の愛知県議会議員選挙に立候補。安城市選挙区(定数2)は、同年2月に行われた安城市長選挙の影響で、自民党新人が新市長派と旧市長派に分かれる代理戦争の様相を呈した。結果はトヨタ系労組を票田にもつ民主党の仲敬助が1位当選、新市長の神谷学を支援した大見が2位当選、旧市長の杉浦正行を支援した神谷清隆は落選となった[6]

2011年4月、3期目の当選を果たす。同年5月16日、自由民主党愛知県議員団の政調会長に就任[7]

2012年9月10日、自民党愛知県連は大見の衆院選出馬表明の記者会見を設定。しかし一部先行報道を疑問視した大見は会見場で不出馬を表明。10月9日に改めて出馬表明を行った[8]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙愛知13区から自民党公認で立候補。次点の民主党大西健介に1483票差で勝利をおさめる(大見:98,670票、大西:97,187票)[1][9]。大西は比例復活で当選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙は大西に敗れるも、比例復活で再選。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙も大西に敗れるも、比例復活で3選[10]

2018年12月4日、任期満了による安城市長選挙に立候補する意向を固めた。取材に対し「臨時国会の閉会後に正式表明したい」と話した[11]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成24年(2012年)12月18日愛知県選挙管理委員会告示第111号(衆議院小選挙区選出議員選挙の当選者)
  2. ^ 衆院選2017 候補者の横顔 13区・14区/愛知”. 毎日新聞 (2017年10月19日). 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 中日新聞』2017年10月11日、23面。
  4. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  5. ^ 事務所案内と略歴大見正 Say’s Pages
  6. ^ 『中日新聞』2003年4月14日付朝刊、県内総合、9面、「安城市 現市長派が初当選 大見さん 市長選の追い風乗る」。
  7. ^ Profile of 衆議院議員 大見 正の公式ホームページ
  8. ^ 『中日新聞』2012年10月10日付朝刊、県内版、16面、「衆院選13区 『政治立て直しを』 自民 大見県議が出馬表明」。
  9. ^ 愛知県選挙管理委員会 (2012年12月17日). “第46回衆議院議員総選挙(小選挙区) 開票状況速報 (PDF)”. 2015年5月13日閲覧。
  10. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  11. ^ 『中日新聞』2018年12月5日付朝刊、26面、「安城市長選 大見氏出馬へ 衆院議員『国会閉会後に表明』」。
  12. ^ a b c 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)
  13. ^ a b c “2012衆院選 愛知13区 大見正”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23013001001 2014年6月27日閲覧。 
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]