今枝宗一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今枝 宗一郎
いまえだ そういちろう
Soichiro Imaeda (2013.06.01) 05.jpg
生年月日 (1984-02-18) 1984年2月18日(33歳)
出生地 日本の旗 愛知県
出身校 名古屋大学医学部
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡

選挙区 愛知14区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

今枝 宗一郎(いまえだ そういちろう、1984年2月18日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の衆議院議員(3期)、財務大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

来歴[編集]

愛知県出身[1]。現住所は豊川市八幡町[2]東海中学校、東海高等学校卒業。高校在学中、学費が払えず学校に通えない高校生向けの募金を3000万円集めたという[3]

2008年名古屋大学医学部卒業[4]。医師免許を取得し、JR東京総合病院にて研修医を務める[3]2009年、医師をしながら、東京大学医療政策人材養成講座修了。2010年新宿区内の病院で在宅医を務める。同年、大前研一創設の一新塾を卒塾する[3]2011年、豊川市・新城市で在宅・難病・救急医療に従事。

2011年12月中旬、元衆議院議員の杉田元司が引退を表明。杉田の引退に伴う公募に応募し、2012年1月、自由民主党衆議院愛知第14区支部長に就任した[5][6]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で愛知14区から出馬し最年少衆議院議員として初当選を果たした[3][1]

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に愛知14区から出馬し再選[3]

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣にて財務大臣政務官に就任[7]。同年10月、第48回衆議院議員総選挙に愛知14区(区割変更により愛知12区から幸田町が編入)から出馬し3選[8]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
松岡広隆
最年少衆議院議員
2012年- 2013年
次代:
鈴木貴子