今枝宗一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今枝 宗一郎
いまえだ そういちろう
Soichiro Imaeda (2013.06.01) 05.jpg
生年月日 (1984-02-18) 1984年2月18日(34歳)
出生地 日本の旗 愛知県
出身校 名古屋大学医学部
所属政党 自由民主党麻生派
公式サイト 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡

選挙区 愛知14区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

今枝 宗一郎(いまえだ そういちろう、1984年2月18日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の衆議院議員(3期)、財務大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

来歴[編集]

愛知県出身[1]豊川市の両親宅の近くに、蒲郡市出身の妻と在住[2][3]

サラリーマンの父の影響で愛知県内をよく転勤していた。小学生時代は、3年間入退院を繰り返していた。その後、自分が通う病院から医師がいなくなるという医療崩壊を経験する。

東海中学校東海高等学校卒業。高校在学中、学費が払えず学校に通えない高校生向けの募金を3000万円集めたという。また、生徒という教育の受け手として、教育問題に提言を行う。政策を変える為に、国会議員を目指そうと決意する。

2002年、医療政策を専門とするために、まずは医師になるべく名古屋大学医学部入学。在学中、 内戦国を訪れたり、NPOを立ち上げたしていた。また、愛知万博にて、学生による教育・地域活性化の政策コンテストを開催。更に、松下政経塾の勉強会にも参画していた。

2008年、名古屋大学医学部卒業。医師免許を取得し、JR東京総合病院にて研修医を務める。

2009年、医師をしながら、東京大学医療政策人材養成講座修了。

2010年、新宿区内の病院で在宅医を務める。同年、大前研一創設の一新塾を卒塾する。

2011年、豊川市新城市で在宅・難病・救急医療に従事。同年、元衆議院議員の杉田元司が引退を表明。杉田の引退に伴う公募に応募し、自由民主党衆議院愛知第14区支部長に就任した。愛知県医師会第一号として、東日本大震災の医療ボランティアを行う。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で愛知14区から出馬し、全国最年少衆議院議員として初当選を果たした。

1期生ながら、専門の医療社会保障では、自民党政務調査会の厚生労働部会薬事小委員会事務局長、それ以外の分野でも自民党政務調査会の国土交通副部会長、水産部会副部会長、金融調査会事務局次長など多くの政策分野に関わっている。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙愛知14区から出馬し再選。その後、自民党の組織運動本部の国土建設委員長・厚生副委員長、政務調査会の農林副部会長・中小企業調査会会長補佐・観光立国調査会事務局次長・山村振興特別委員会副委員長、子どもの元気!農村漁村で育むプロジェクト小委員会事務局長などにも就任している。

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣にて、史上最年少の33歳で、財務大臣政務官に就任。[4][5]

同年10月、第48回衆議院議員総選挙愛知14区(区割変更により愛知12区から幸田町が編入)から出馬し3選。

地元では、未来の総理候補と呼ばれているという。[6]

政策[編集]

  • ローカルアベノミクス推進:経済成長実感を地方へ
  • 地方病院の医師確保、産科小児科医確保の抜本対策、専門医制度改革
  • ドクターへリ推進
  • 給付型奨学金 実現
  • 幼児教育無償化 推進
  • 発達障がい児「通級学級」の推進など教員数増加
  • ドローン産業推進 座長として早期にドローン実装社会を作る為の諸政策を提言した。また、空飛ぶクルマ推進を政府として取り組むことを提言し、成長戦略に記載させる。[7][8]
  • メタンハイドレート実用化への飛躍的推進
  • 燃油高騰対策と施設園芸へのヒートポンプ導入
  • 観光新政策:DMO
  • 消防団基本法
  • 過労死防止法
  • 花き農業振興法
  • 内水面漁業法
  • 小規模企業基本法
  • 宇宙関連2法[9]
  • 集団的自衛権の行使に賛成。
  • 憲法については、9条改正ではなく第3項の加憲を目指す[10]
  • アベノミクスを評価する。
  • 村山談話河野談話を見直すべき。
  • ヘイトスピーチの法規制に賛成。
  • 特定秘密保護法は日本に必要だ[11]
  • 女性宮家に反対[12]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[13]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 再生医療を推進する議員の会 事務局長[14]
  • ドローン推進議員連盟 事務局 座長[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今枝宗一郎: 愛知14区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 読売新聞社 (2013年8月6日). 2015年12月21日閲覧。
  2. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  3. ^ 今枝そういちろう紹介 | 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡” (日本語). www.imaeda-sou.com. 2018年8月29日閲覧。
  4. ^ 今枝そういちろうプロフィール | 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡” (日本語). www.imaeda-sou.com. 2018年8月29日閲覧。
  5. ^ 今枝宗一郎議員の情報” (日本語). Yahoo!みんなの政治. 2018年8月29日閲覧。
  6. ^ “衆院選は自民圧勝、今枝、根本両氏が3選” (日本語). 東愛知新聞. http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1853 2018年8月29日閲覧。 
  7. ^ “都市部でのドローン配送、32年にも 目視外飛行解禁で「空の産業革命」後押し (1/4)” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン. http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/23/news033.html 2018年8月29日閲覧。 
  8. ^ ドローン・空飛ぶクルマ | 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡” (日本語). www.imaeda-sou.com. 2018年8月29日閲覧。
  9. ^ 今枝そういちろう紹介 | 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡” (日本語). www.imaeda-sou.com. 2018年8月29日閲覧。
  10. ^ “立候補予定者 公開討論会 愛知14区”. 東海日日新聞. (2017年10月7日). https://www.tonichi.net/news/index.php?id=63420 2017年10月18日閲覧。 
  11. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  12. ^ 毎日新聞 2012年衆院選アンケート
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  14. ^ 今枝宗一郎議員の情報” (日本語). Yahoo!みんなの政治. 2018年8月29日閲覧。
  15. ^ ドローン・空飛ぶクルマ | 今枝そういちろう 自由民主党 愛知14区:豊川・蒲郡・新城・豊川・北設楽郡” (日本語). www.imaeda-sou.com. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]

名誉職
先代:
松岡広隆
最年少衆議院議員
2012年- 2013年
次代:
鈴木貴子