東郷哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東郷 哲也
とうごう てつや
生年月日 (1971-04-17) 1971年4月17日(49歳)
出生地 日本の旗 埼玉県所沢市
出身校 名古屋外国語大学外国語学部中国語学科
早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了
前職 名古屋市会議員
衆議院議員
現職 名古屋外国語大学客員教授
所属政党自由党[1]→)
自由民主党細田派
称号 公共経営修士(専門職)(早稲田大学)

選挙区 比例東海ブロック愛知2区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月16日 - 2014年11月21日

選挙区 守山区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月 - 2011年2月6日
2011年3月13日 - 2012年12月4日
テンプレートを表示

東郷 哲也(とうごう てつや、1971年4月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。元名古屋市会議員(2期)。

来歴[編集]

埼玉県所沢市生まれ[2][3]1994年青木宏之衆議院議員の秘書となる[4]

1996年名古屋外国語大学外国語学部中国語学科卒業[5]2000年都築譲衆議院議員の秘書となる。2002年小沢一郎政治塾を卒塾[6]。同期に相原史乃大久保潔重がいる。

2003年4月、名古屋市会議員選挙に守山区選挙区から自由党公認で立候補するも、次点で落選[7]2004年木村隆秀衆議院議員の秘書となる。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙で、愛知2区から自由民主党公認で立候補した岡田裕二の選対事務局長を務める[7]。岡田は次点で落選し、比例復活もかなわなかった。

2007年4月、名古屋市会議員選挙に守山区選挙区から自民党公認で立候補し、初当選[7]2009年早稲田大学大学院公共経営研究科修了。在学中にジョージ・ワシントン大学政治管理大学院、高麗大学校政策大学院で単位取得[7]。リコール解散によって2011年3月13日に行われた市議選で再選[7]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に、愛知2区から自民党公認で立候補し(名古屋市議は自動失職)、民主党古川元久に26,972票差で敗れるも、比例東海ブロックで復活し初当選した[8]

2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙では古川に34,377票差で敗れ、比例復活もならず落選[9]

2017年3月11日、比例選で2回連続復活当選した現職議員について次期衆院選では原則、重複立候補を認めないことを決めた自民党の方針[10]により、自民党愛知県連は愛知2区支部長に田畑毅衆議院議員(比例東京ブロック選出)を充てることを決定した[11]

参議院議員の鈴木宗男が2021年3月5日付の自身のブログで「元衆議院議員の東郷哲也氏の訃報に接し、急遽、名古屋に向かいお通夜に参式。49歳、政界復帰を目指していたその気持ちを思うと、世の無常を嘆くのみである」と記した[12]。しかし報道機関が東郷の近況を報じていないため詳細は不明。

政策[編集]

役職[編集]

  • NPO法人総合塾「人間館」監事
  • 名古屋福井県人会理事
  • 中京大野会顧問
  • (社)隊友会愛知県隊友会特別会員
  • 守山防衛懇話会顧問
  • 自衛隊愛知地方連絡本部募集相談員顧問
  • (社)名古屋市東部倫理法人会顧問
  • 名古屋稲門クラブ顧問
  • 名古屋守山ライオンズクラブ会員
  • 廿軒家小学校PTA顧問(H21~23年度PTA会長歴任)
  • 廿軒家学童保育所運営委員
  • 環境浄化を考える会名古屋顧問
  • (社)CISV日本協会東海支部顧問
  • 社会福祉法人青山会青山保育園理事
  • 愛知県理容組合守山支部顧問
  • 日本トーゴ友好協会顧問
  • NPO法人日本ケニア友好協会正会員

著書[編集]

  • 『市長の品格』ブイツーソリューション、2012年2月

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]