杉山憲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉山 憲夫(すぎやま のりお、1930年3月3日 - 2012年2月27日)は、日本政治家。元衆議院議員男性

来歴・人物[編集]

静岡県出身。静岡県立裾野高等学校時代にストライキを起こす。大学進学を希望していたが、家計の事情で大学進学をあきらめ家業を継ぐ。清水町議会議員から静岡県議を経て1983年第37回衆議院議員総選挙自由民主党から立候補するも落選。3年後の第38回衆議院議員総選挙で初当選。連続当選5回(当選同期に鳩山由紀夫斉藤斗志二三原朝彦村井仁逢沢一郎金子一義武村正義杉浦正健園田博之中山成彬谷津義男新井将敬石破茂笹川堯武部勤井出正一村上誠一郎など)。自民党では田中派竹下派に所属した。

水面下の工作が得意で、かつ、極端な猪首であったことから金丸信から「モグラ」と呼ばれたことがある。

当初は金丸側近として活躍。1992年東京佐川急便事件で金丸が議員辞職すると小沢一郎側近となり、当選同期の北村直人、同僚議員の藤井裕久岡田克也ら竹下派の若手議員とともに新生党の結党に参加。その後新進党所属となるが、後に小沢と決別し1996年には自民党に復党した。復党後は宏池会に所属した。建設政務次官・衆議院運輸委員長・衆議院環境委員長などを歴任。2000年の「加藤の乱」では、第2次森内閣への内閣不信任決議案に賛成の意思を示した派閥領袖の加藤紘一に反対した[1]2003年第43回衆議院議員総選挙で、党の比例代表定年制に抵触し引退。

学校法人沼津学園理事長を務めた。

2012年2月27日に腎盂がんのため死去[2]。81歳没。

脚注[編集]