松山義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松山 義雄(まつやま よしお、1903年(明治36年)3月 - 1958年(昭和33年)10月25日)は、日本政治家弁護士衆議院議員、埼玉県副知事長崎県諌早市出身。中央大学卒業。松永東は義父。正五位勲三等に叙せられた。

来歴・人物[編集]

1938年、東京弁護士会常議員に就任。1941年、日本弁護士会理事に就任。1949年大沢雄一の要請により、埼玉県副知事に就任。

その後中央政界への進出をもくろみ、1952年10月の第25回衆議院議員総選挙自由党公認で埼玉2区から出馬し、初当選(当選同期に福田赳夫大平正芳黒金泰美内田常雄丹羽喬四郎灘尾弘吉宇都宮徳馬植木庚子郎加藤精三山崎巌今松治郎重政誠之町村金五古井喜実など)。以後、連続当選4回。法務委員、農林委員、地方行政委員、予算委員、裁判官訴追委員、弾劾裁判所裁判員、畑地農業改良促進対策審議会委員、米価審議会委員などの要職を歴任。1955年には衆議院運輸委員長に就任した。1956年衆議院から中南米へ派遣される。

また、埼玉県土地改良協会会長として農業振興に尽力。武蔵野線建設推進でも先頭に立って活動した。

1958年10月25日、現職のまま死去した。享年55。10月27日、衆議院本会議で平岡忠次郎により弔詞がよまれた。

家族・親族[編集]

関連人物[編集]