近江巳記夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
近江巳記夫
おうみ みきお
生年月日 (1935-10-01) 1935年10月1日(82歳)
出生地 徳島県
出身校 関西大学
現職 創価学会豊中総県主事
所属政党 (公明政治連盟→)
公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(新党平和→)
公明党

内閣 羽田内閣
在任期間 1994年4月28日 - 1994年6月30日

選挙区 旧大阪3区
当選回数 10回
在任期間 1967年1月30日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

近江 巳記夫(おうみ みきお、1935年10月1日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(10期)。元科学技術庁長官

来歴・人物[編集]

徳島県に生まれる。1963年関西大学経済学部を卒業。大阪市議会議員から衆議院議員へ。

1967年2月の第31回衆議院議員総選挙の大阪3区に公明党から出馬し初当選(通算10回)する。委員長の竹入義勝の下で中央執行委員を歴任。

1986年12月の公明党大会で委員長選出された委員長の矢野絢也の下で中央統制委員長、国会対策副委員長を歴任。

1990年11月に委員長の石田幸四郎の下で筆頭・中央執行副委員長に就任。

1994年4月羽田内閣科学技術庁長官に就任。12月公明解党後に新進党に参加。

1998年竹入元委員長が朝日新聞に55年体制の回顧録を連載(支持母体の創価学会はこれを批判的に受け止めた)した事に、市川雄一元書記長を中心に二宮文造浅井美幸多田省吾渡部一郎伏木和雄長田武士三木忠雄黒柳明大久保直彦らと竹入元委員長を批判。12月新進解党で公明系(新党平和、公明クラブ、黎明クラブ、自由党親小沢)が分裂し新党平和に参加し市川元書記長と共に中央幹事会副代表に就任。

1998年11月公明党の再結成に参加し平和と同じく常任幹事会副代表に就任。

1999年9月党大会で副代表を退任し常任顧問に就任。

2000年政界引退。常任顧問には留任した。

2004年常任顧問を退任。

現創価学会総大阪・豊中総県主事。

議会
先代:
森田一
日本の旗 衆議院運輸委員長
1993年 - 1994年
次代:
井上一成
公職
先代:
羽田孜
(事務取扱)
日本の旗 科学技術庁長官
第51代:1994年
次代:
田中眞紀子