濱尾新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
濱尾 新
はまお あらた
Portrait of the late Viscount Mr. A. Hamao.jpg
生年月日 1849年5月12日嘉永2年4月20日
出生地 但馬国城崎郡豊岡(現・兵庫県豊岡市
没年月日 1925年9月25日(満76歳没)
死没地 東京府東京市本郷区(現・東京都文京区
出身校 慶應義塾
(現・慶應義塾大学
称号 従一位勲一等旭日桐花大綬章
子爵
ケンブリッジ大学名誉法学博士(1887年)
東京帝国大学名誉教授(1901年)

在任期間 1924年1月13日 - 1925年9月25日
天皇 大正天皇

在任期間 1925年3月30日 - 同日
天皇 大正天皇

内閣 第2次松方内閣
在任期間 1897年11月6日 - 1898年1月12日

在任期間 1922年2月15日 - 1924年1月13日

在任期間 1911年8月14日 - 1922年2月15日

その他の職歴
日本の旗 貴族院議員
勅選議員 1890年9月29日 - 1911年8月22日
日本の旗 元老院議官
1889年12月29日 - 1890年10月20日
テンプレートを表示

濱尾 新(はまお あらた[1]1849年5月12日嘉永2年4月20日) - 1925年大正14年)9月25日)は日本の教育行政官、政治家。子爵文部大臣東京帝国大学総長、内大臣貴族院議員、東宮御学問所・東宮大夫副総裁、枢密院議長。

生涯[編集]

嘉永2年4月20日(グレゴリオ暦1849年5月12日)、但馬豊岡藩士・濱尾嘉平治の子として、豊岡(現在の豊岡市)に生まれる。初名は貞次郎[2]

1869年9月には藩費遊学制度により慶應義塾に入学。ほか大学南校に学ぶ。慶應義塾に在学中、義塾の派遣教員となって一時高島学校に赴任。1872年文部省に出仕し、大学南校の中監事となる。1873年から1874年にかけてアメリカ合衆国に留学し、オークランドの兵学校に学ぶ。帰国後の1874年に開成学校校長心得となった。

1877年、東京大学が設立されると、法理文三学部綜理補として同郷の法理文三学部綜理(のちに東京大学総理)加藤弘之を補佐した。1885年には、学術制度取調のためヨーロッパ各国に出張した。

1889年、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)の創立に際し、校長事務取扱(校長代理)を拝命する。同校の幹事は岡倉覚三(天心)。

1890年には文部省専門学務局長となり、農商務省主管の東京農林学校を帝国大学(のちの東京帝国大学、現・東京大学)に合併することを推進した。この年9月には貴族院議員勅選議員)となっている(~1911年8月)。1893年、帝国大学第3代総長となる。在任中の1897年6月、京都帝国大学の創設に伴い、帝国大学は東京帝国大学に改称されている[3]

1897年11月6日、蜂須賀茂韶に代わり第2次松方内閣文部大臣となり、翌1898年1月12日の内閣総辞職までその任にあたった[4]。その後、高等教育会議議長の地位にあったが、1905年12月には東京帝国大学の総長に再任され、戸水事件の対処などに当たった。総長在任中の1907年には「日露戦争の功」により男爵に叙爵された。

その後枢密顧問官東宮大夫を歴任。1921年には子爵に陞爵。1924年には枢密院議長に就任した。1925年、内大臣平田東助が病気辞職した際、同日牧野伸顕が就任するまでの間に臨時代理を務めた。

枢密院議長を務めていた1925年9月24日に小石川区金富町(現・文京区春日)の自宅の庭を散歩中、枯葉を焼いていた焚火の穴の中に落ち、全身に火傷を負った。その後東京帝国大学病院に搬送されたが、翌9月25日に死去[5][6]。葬儀は帝大講堂において大学葬として神式で行われた[5]

人物[編集]

  • 銅像 - 東京大学大講堂(安田講堂)南側、三四郎池側。1932年昭和7年)、堀進二作。
  • 土木総長 - 正門の意匠、銀杏並木および大講堂の位置は濱尾総長の発案といわれる[7]

系譜[編集]

男子はなく、濱尾四郎加藤照麿の四男)を養子に迎えた。

東宮侍従を務めた濱尾実、カトリック枢機卿濱尾文郎は、それぞれ四郎の子で、新からは孫にあたる。

略歴[編集]

文部大臣就任当時の肖像

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名の読みについて、『平成新修旧華族家系大成』では「あらた」、衆議院・参議院編『議会制度七十年史』(大蔵省印刷局、1962年)では「しん」とする。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』。
  3. ^ 沿革」(東京大学)。
  4. ^ 歴代文部科学大臣」(文部科学省)。
  5. ^ a b 浜尾枢密院議長の焼死朝日年鑑. 大正16年
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)241頁
  7. ^ 藤尾直史「旧東京医学校本館(現小石川分館)の保全と活用」(『Ouroboros』第6巻第3号、東京大学総合研究博物館、2002年1月)。
  8. ^ 『官報』第8452号、明治44年8月23日。
  9. ^ 『官報』第6739号、明治38年12月15日。
  10. ^ 歴代総長」(東京大学)。
  11. ^ 『官報』第8445号、明治44年8月15日。
  12. ^ 『官報』第13号、大正元年8月14日。
  13. ^ 『官報』第1932号「叙任及辞令」1889年12月5日。
  14. ^ 『官報』第2858号付録、1922年2月14日、4頁
  15. ^ 『官報』第81111号「叙任及辞令」1910年7月6日。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 高等教育会議議長 浜尾新君」(曽根松太郎著 『当世人物評』 金港堂書籍、1902年6月)
    • 曽根松太郎著 『当世人物評』 大空社〈列伝叢書〉、1995年2月、ISBN 4872365585
  • 『学士会月報』第451号(浜尾子爵追悼号)、学士会、1925年10月
  • 今井登志喜 「大学教育の功労者としての浜尾新先生」(『教育』第3巻第9号、岩波書店、1930年9月)
  • 入江克己 「浜尾新 : 東京帝大育ての親」(唐沢富太郎編著 『図説 教育人物事典 : 日本教育史のなかの教育者群像 中巻』 ぎょうせい、1984年4月)
  • 中野実 「浜尾新」(細谷俊夫ほか編集代表 『新教育学大事典 第5巻』 第一法規出版、1990年7月、ISBN 4474147405
  • 宿南保著 『明治期郷土出身文教の偉人群 浜尾新』 吉田学院、1992年2月
  • 東京大学創立一二〇周年記念刊行会編 『東京大学歴代総長式辞告辞集』 東京大学、1997年11月、ISBN 4130010735
  • 吉家定夫 「豊岡藩と慶応義塾」(『近代日本研究』第17巻、慶応義塾福沢研究センター、2001年3月、NAID 120005347352

外部リンク[編集]


公職
先代:
清浦奎吾
日本の旗 枢密院議長
1924年 - 1925年
次代:
穂積陳重
先代:
平田東助
日本の旗 内大臣
1925年
次代:
牧野伸顕
先代:
清浦奎吾
日本の旗 枢密院副議長
1922年 - 1924年
次代:
一木喜徳郎
先代:
加藤弘之
(新設)
日本の旗 高等教育会議議長
1901年 - 1913年
1897年
次代:
(廃止)
加藤弘之
先代:
東京英語学校長
服部一三
日本の旗 東京大学予備門主幹
1877年 - 1880年
(1879年まで服部一三と共同)
次代:
服部一三
先代:
校長
畠山義成
日本の旗 東京開成学校長補
1875年 - 1877年
(1876年から1877年まで校長欠員)
次代:
綜理
加藤弘之
学職
先代:
加藤弘之
日本の旗 帝国大学法科大学
1893年
次代:
穂積陳重