古在由直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古在 由直
(こざい よしなお)
Kozai Yoshinao, president of the Imperial University of Tokyo.jpg
生誕 文久3年12月20日1864年1月28日
日本の旗 日本 京都府
死没 (1934-06-18) 1934年6月18日(満70歳没)
研究分野 農芸化学
研究機関 東京農林学校
東京帝国大学
出身校 駒場農学校
主な業績 足尾鉱毒事件の原因がによる汚染であることを実証
プロジェクト:人物伝

古在 由直(こざい よしなお、1864年1月28日文久3年12月20日) - 1934年昭和9年)6月18日)は、日本農芸化学者

生涯[編集]

山城国京都千本通二条上る(現・京都府京都市中京区)の柳下家に生まれ[1]、母の実家・古在家の養嗣子となる[1]1886年明治19年)、駒場農学校東京大学農学部の前身)農芸化学科を卒業[1][2]1889年(明治22年)、東京農林学校教授に就任し[1][2]1890年(明治23年)、帝国大学農科大学助教授に就任する[1][2]1895年(明治28年)、ドイツライプニッツ大学に留学し[1][2]1899年(明治32年)、農学博士号を取得する[1][2]。帰国後の1900年(明治33年)、東大農科大学教授に就任[1]1920年大正9年)、東大総長に就任し[1][2]1925年(大正14年)、総長に再選[1][2]

栄典[編集]

業績[編集]

  • 足尾鉱毒事件の調査でによる汚染を実証し[4]、農民の立場に立ち世論を喚起した。
  • 日露戦争時は非常時農業対策に参画した。
  • 東大総長任期中に起きた関東大震災で大きな被害に遭った大学の復興事業を先頭に立って実施した。

家族・親族[編集]

父は京都所司代の与力を務めた柳下景由[1]、母はその妻で古在弥五兵衛の長女・良子[1][5]。由直は母方のおじ・古在卯之助の養嗣子となる[1][5]

妻・豊子は清水貞幹の長女[1][5]清水紫琴の筆名で自由民権運動の活動家・小説家として活動した。由直・豊子夫妻は4男1女をもうけるが[1]、三男と長女は夭折[1]。長男・由正は東洋史学者幣原坦の次女・澄江と結婚[6]。次男・由重マルクス主義哲学者天文学者古在由秀は由正・澄江夫妻の長男(従って由直の嫡孫)にあたる[7]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 情報:農業と環境 No.53 - 農業環境技術研究所公式サイト内のページ。
  2. ^ a b c d e f g 古在由直 - 図書館再建 - 東京大学総合図書館公式サイト内のページ。
  3. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  4. ^ 足尾鉱毒問題と古在由直
  5. ^ a b c 『人事興信録 第2版』、1032頁。
  6. ^ 『昭和人名事典 第4巻』、台湾 32頁。
  7. ^ 『日本紳士録』、こ 436頁。

参考文献[編集]