山川健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山川 健次郎
人物情報
生誕 (1854-09-09) 1854年9月9日安政元年閏7月17日
陸奥国会津郡若松城下(現・福島県会津若松市
死没 (1931-06-26) 1931年6月26日(満76歳没)
東京府北豊島郡西巣鴨町池袋(現・東京都豊島区
国籍 日本の旗 日本
出身校 イェール大学
学問
研究分野 物理学
研究機関 東京帝国大学理科大学
東京大学理学部
学位 理学博士(日本・1888年)
称号 東京帝国大学名誉教授(1903年)
九州帝国大学名誉教授(1913年)
学会 帝国学士院、東京数学物理学会
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
山川 健次郎

在任期間 1923年2月26日 - 1931年6月26日

選挙区 勅選議員
在任期間 1904年8月22日 - 1923年3月1日
テンプレートを表示

山川 健次郎(やまかわ けんじろう、安政元年閏7月17日1854年9月9日) - 昭和6年(1931年6月26日)は、日本の教育者。日本初の理学博士位階勲等爵位正二位勲一等男爵枢密顧問官東京帝国大学物理学を教える。東京帝国大学、京都帝国大学総長九州帝国大学の初代総長、私立明治専門学校(現在の九州工業大学)の初代総裁、旧制武蔵高等学校(現在の武蔵高等学校中学校)の校長などを務める。

略伝[編集]

栄典[編集]

山川健次郎
山川健次郎
山川健次郎像
九州大学伊都キャンパス
外国勲章佩用允許

家族[編集]

人物[編集]

  • 少年期に白虎隊に入隊していたの時の経験を元に著した戊辰戦争会津藩側の立場から見た『会津戊辰戦史』は死後の昭和7年(1932年)に出版された。この本は旧幕府軍側を「東軍新政府軍側を「西軍」と書いた初めての本であり、これ以後現代まで会津藩側の立場に立った歴史書や歴史小説では、旧幕府軍を「東軍」新政府軍を「西軍」と書くことが多い。秩父宮妃勢津子の婚約のために奔走したのも健次郎であった。
  • 会津藩に対する忠誠心は壮年期以降は「愛国心」に転じ、日露戦争の時にはすでに東大総長であったにも関わらず陸軍に「一兵卒として従軍させろ」と押し掛け、人事担当者を困惑させたという。国本社では副会長をつとめ、講演活動にも熱心であった。
  • 物理学に精通したという立場からか極めて現実主義者であり、大正時代の千里眼事件で一番早くに疑念を唱えた。
  • はじめてカレーライスを食べた日本人」と諸本[要出典]で紹介されていることが多い。実際にカレーライスを食した日本人一号が誰だったかはともかく、明治4年(1871年)に国費留学生としてアメリカに向かう船中でカレーライスを食べたという記述を回想録[要出典]に書き残している。しかし、カレーライスを選んだのはそれが唯一を使った料理であったからで、カレーはすべて残したという。

著作[編集]

  • 学生諸君に告ぐ』 光融館、1906年7月
  • 『武士の標本 鳥居彦右衛門尉元忠詳伝』 竜見院、1915年3月
  • 『武士道に就いて』 中央教化団体連合会〈教化資料〉、1929年12月
  • 山川老先生 六十年前外遊の思出』 武蔵高等学校校友会、1931年7月
  • 男爵山川先生遺稿』 故山川男爵記念会編纂、故山川男爵記念会、1937年6月
    • 『男爵山川先生遺稿』 故山川男爵記念会編、大空社〈伝記叢書〉、2012年1月、ISBN 9784283008427
  • 『新選物理学 : 明治20年代の自筆草稿』 大坪秀二解読・編集、根津育英会、2007年8月
  • 『山川健次郎日記 : 印刷原稿第一〜第三、第十五』 尚友倶楽部ほか編、芙蓉書房出版〈尚友ブックレット〉、2014年12月、ISBN 9784829506400
訳書
  • 理科会粋 第三秩第一冊 東京気象編』 ティ、シー、メンデンホール撰著、東京大学法理文学部、1880年12月
  • 『理科会粋 第三秩第二冊 東京気象編』 ティ、シー、メンデンホール撰著
編書
  • 『補修 会津白虎隊十九士伝』 宗川虎次著、会津弔霊義会、1926年5月
    • 『補修 会津白虎隊十九士伝』 宗川虎次著、マツノ書店、2006年9月
  • 校訂 戊辰殉難名簿』 飯沼関弥、1927年11月
  • 会津戊辰戦史』 会津戊辰戦史編纂会著、会津戊辰戦史編纂会、1933年8月
    • 会津戊辰戦史』 会津戊辰戦史編纂会著、井田書店、1941年12月
    • 『会津戊辰戦史』 会津戊辰戦史編纂会編、東京大学出版会〈続日本史籍協会叢書〉、1978年3月-10月(全2冊)
    • 『会津戊辰戦史』 マツノ書店、2003年4月
論文

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 山川先生略年譜」( 『男爵山川先生伝』 )。
  2. ^ a b c d e f g h 「枢密院文書・枢密院高等官転免履歴書 昭和ノ一」。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)331-332頁
  4. ^ 『東京日日新聞』第2940号、1881年9月27日、1面。
  5. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  6. ^ 『官報』第5393号「叙任及辞令」1895年6月22日。
  7. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  8. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  10. ^ 『官報』第2370号、1920年6月26日、702頁
  11. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  12. ^ 『大衆人事録 東京篇(第13版)』「山川建」

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連作品[編集]

テレビドラマ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
(新設)
日本の旗 神社制度調査会会長
1929年 - 1931年
次代:
平沼騏一郎
先代:
会長
小松原英太郎
日本の旗 教科用図書調査委員会会長事務取扱
1920年
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
日本の旗 教員検定委員会会長
1900年 - 1913年
次代:
福原鐐二郎
先代:
菊池大麓
日本の旗 理学文書目録委員会会長
1901年 - 1902年
次代:
桜井錠二
学職
先代:
菊池大麓
日本の旗 東京帝国大学理科大学
1897年 - 1901年
帝国大学理科大学長
1893年 - 1897年
次代:
箕作佳吉
その他の役職
先代:
一木喜徳郎
中央教化団体連合会会長
1925年 - 1931年
次代:
斎藤実
先代:
一木喜徳郎
武蔵高等学校
1926年 - 1931年
次代:
山本良吉