菊池大麓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊池 大麓
人物情報
生誕 1855年3月17日安政2年1月29日
武蔵国江戸鍛冶橋(現・東京都中央区八重洲
死没 1917年8月19日(満62歳没)
神奈川県高座郡茅ヶ崎町(現・茅ヶ崎市
国籍 日本の旗 日本
出身校 ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ
学問
研究分野 数学
研究機関 東京帝国大学理科大学
東京大学理学部
学位 文学修士(ケンブリッジ大学・1877年)
理学博士(日本・1888年)
称号 マンチェスター大学名誉法学博士(1907年)
グラスゴー大学名誉法学博士(1907年)
ラトガース大学名誉法学博士(1910年)[1]
東京帝国大学名誉教授(1901年)
京都帝国大学名誉教授(1913年)
学会 帝国学士院
東京数学物理学会
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
菊池 大麓

内閣 第1次桂内閣
在任期間 1901年6月2日 - 1903年7月17日

在任期間 1912年5月8日 - 1917年8月19日

選挙区 勅選議員
在任期間 1890年9月29日 - 1912年5月15日
テンプレートを表示

菊池 大麓(きくち だいろく、1855年3月17日安政2年1月29日) - 1917年大正6年)8月19日)は、明治から大正にかけて活躍した日本数学者教育者政治家男爵

生涯[編集]

蘭学者箕作秋坪とつね夫妻の次男として江戸に生まれ、父の実家・菊池家の養嗣子となった。秋坪は蘭学者箕作阮甫の弟子で、つねはその阮甫の三女である。

蕃書調所東京大学の前身)で英語を学び、1867年(慶応3年)と1870年(明治3年)の2度に渡り英国に留学した。2度目の留学ではケンブリッジ大学数学物理学を学び学位を取得、帰国後1877年(明治10年)、東京大学理学部教授となり、近代数学を初めて日本にもたらした。同大学総長、学習院院長、京都帝国大学総長、理化学研究所初代所長等を歴任し、1902年(明治35年)には男爵を授爵された。福澤諭吉とは知己の仲で、1874年(明治6年)には福澤に招聘されて明六社に参加、福澤がその後に設立した交詢社にも発足時常議員としてもその名を連ねている。1889年(明治22年)には帝国学士院の前身・東京学士会院会員に選任された。

英国留学中には高校大学を通じて相関係数で有名なカール・ピアソンと同窓で親友となり、帰国後ピアソンの編集した本を日本で翻訳出版している[2]

菊池は数学者・教育者であるとともに政治的手腕もあった。1890年(明治23年)9月に貴族院勅選議員に勅任されると研究会に所属して、1912年(明治45年)5月に枢密顧問官に勅任されて議員辞職するまで22年間国政に参画した[3]。この間、文部省では専門学務局長から、1897年(明治30年)11月から翌年5月まで第2次松方内閣から第3次伊藤内閣にかけての文部次官となり、浜尾新西園寺公望外山正一の3大臣を補佐、1901年(明治34年)6月には第1次桂内閣文部大臣を拝命して翌年7月まで国政の枢機に携わった。1913年(大正2年)6月には京都帝大の名誉教授となっている[4]。 枢密顧問官は1917年(大正6年)8月に死去するまでつとめている。このほか帝国学士院でも1909年(明治42年)に第2代院長に選ばれ、死去するまでその任にあった。

1917年(大正6年)7月下旬より避暑で茅ヶ崎の別荘を訪れていたが、同年8月19日に新聞を読んでいる最中に脳溢血を起こし、医師による応急治療を受けたがそのまま死去[5]

逸話[編集]

ケンブリッジ大学時代は数学で常に首席を占めていたため、他のイギリス人学生から嫉視されていた。あるとき大麓が風邪をこじらせて入院すると、イギリス人学生たちは示し合わせて大麓が欠席中の講義ノートを彼に貸さないことにした。それによっていつも2番目の成績だったブラウンという秀才を首席に押し出そうという企みだったが、当のブラウンは病院の大麓を毎日見舞って清書した当日のノートを彼に渡していたため、結局大麓の首位は動かなかった。大麓はその後ことあるごとに「ブラウンの高潔なイギリス魂ほど私を深く感動させたものはない」と当時を回想していたという[6]

この留学中の1872年にはラグビーの試合に出場したことが記録に残っており、菊池が日本人初のラグビープレイヤーだったことも想像に難くない。

栄典[編集]

帝大総長当時

家族・親族[編集]

たつ夫人との間に4男5女をもうけた。

動物学者箕作佳吉歴史家箕作元八は大麓の弟にあたる。

著作[編集]

著書・編書
訳書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Catalogue of the officers and alumni of Rutgers College (originally Queen's College) in New Brundswick, N. J. 1766 to 1916. State Gazette Publishing Co., Printers, 1916. p. 377.
  2. ^ 丸山健夫著 『ナイチンゲールは統計学者だった! : 統計の人物と歴史の物語』 日科技連出版社、2008年6月、ISBN 9784817192738、101-104頁。
  3. ^ 『官報』第8670号、明治45年5月16日。衆議院参議院編 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』 1990年11月、117頁。
  4. ^ 『官報』第269号、大正2年6月23日。
  5. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)101頁
  6. ^ 本田靖春著 『現代家系論』 文藝春秋、1973年9月、40頁。
  7. ^ a b 「枢密院文書・枢密院高等官転免履歴書 大正ノ一」。
  8. ^ 『官報』第2205号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 藍綬褒章下賜」1890年11月4日
  9. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日
  10. ^ 『官報』第2701号「叙任及辞令」1892年6月30日
  11. ^ 『官報』第3764号「叙任及辞令」1896年1月18日
  12. ^ 『官報』第3823号「叙任及辞令」1896年3月31日
  13. ^ 『官報』第5312号「叙任及辞令」1901年3月22日
  14. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日
  15. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日
  16. ^ 『官報』第8243号「叙任及辞令」1910年12月12日
  17. ^ 『官報』第427号「叙任及辞令」1913年12月29日
  18. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日
  19. ^ 『官報』第1517号「叙任及辞令」1917年8月21日

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
加藤弘之
日本の旗 教科用図書調査委員会会長
1915年 - 1917年
次代:
小松原英太郎
先代:
真野文二
日本の旗 震災予防調査会会長
1913年 - 1917年
次代:
会長事務取扱
大森房吉
先代:
(新設)
日本の旗 理学文書目録委員会会長
1901年
次代:
山川健次郎
先代:
加藤弘之
日本の旗 震災予防調査会長
1893年 - 1901年
次代:
辰野金吾
先代:
都筑馨六
日本の旗 文部次官
1897年 - 1898年
次代:
小山健三
学職
先代:
(新設)
理化学研究所
1917年
次代:
古市公威
先代:
加藤弘之
日本の旗 帝国学士院
1909年 - 1917年
次代:
穂積陳重
先代:
(新設)
日本の旗 帝国大学理科大学
1886年 - 1893年
東京大学理学部長
1881年 - 1886年
次代:
山川健次郎
先代:
(新設)
日本の旗 帝国大学工科大学長心得
1886年
東京大学工芸学部長心得
1885年 - 1886年
次代:
工科大学長
古市公威