和達清夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和達清夫

和達 清夫(わだち きよお、1902年明治35年)9月8日 - 1995年平成7年)1月5日)は、愛知県生まれの地球物理学者歌人。専門は気象学地震学。地震のエネルギーを現すマグニチュードは、和達の研究がヒントになって作られたものである。また深発地震を発見したことでも知られ、和達-ベニオフ帯に和達の名が今も残っている。子に物理学者・和達三樹がいる。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『大地雲の話』(社会教育協会 1927年
  • 『岩波講座 物理及ビ科学 宇宙物理学・地震観測法』(岩波書店 1929年
  • 『地震』(鉄塔書院 鉄塔科学選書 1933年、1993年に中公文庫で復刊)
  • 『地球と人』(岩波書店 岩波叢書 1941年
  • 『あく迄希望あれ 西須諸次肺病文叢第一集』(西須諸次のペンネームで執筆 自然療法社 1941年 西須諸次は「さいすもろじ」と読み、自身の専門である地震学の英語seismologyから)
  • 『お天気博士 藤原咲平・藤原咲平の生涯』(日本放送出版協会 NHKブックス 1982年
  • 『地震の顔』
  • 『海洋大事典』

共著[編集]

監修書[編集]

主要論文[編集]

共著・分担執筆[編集]

関連項目[編集]