小林勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小林 勇(こばやし いさむ、1903年3月27日 - 1981年11月20日)は、編集者、随筆家、画家。号は冬青。岩波書店の創業者の女婿であり、同社会長を務めた。

人物[編集]

長野県上伊那郡赤穂村(現駒ヶ根市)の農家の五男として生まれる[1]。実業学校で基礎教育を受けたのち家業を手伝っていたが、1920年、17歳で上京し、岩波書店の住み込み社員となり、岩波文庫の創刊に携わる。幸田露伴の愛顧を受ける。

岩波茂雄の女婿(次女小百合と結婚)となるが、1928年に独立し、三木清らの援助を受けて自身の出版社・鉄塔書院[2]、新興科学社を興す。だが、後に経営不振となり、1934年に岩波書店に復帰。1945年5月治安維持法違反の嫌疑で逮捕され拷問を受ける(横浜事件)が、同年8月29日釈放[1]

1946年岩波書店支配人、岩波映画を興し、のち岩波書店代表取締役、1955年初の随筆集『遠いあし音』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。1962年岩波書店会長、1972年退任。

中谷宇吉郎、初代中村吉右衛門など[1]文化人たちとの交遊は幅広く、生涯にわたり書画を描き「吉井画廊」などで個展を十数回催した。数多くの随筆評伝などの著書を上梓している。晩年は、山梨県にある清春白樺美術館創設に関わった。

著書[編集]

  • 『回想の寺田寅彦』(編)岩波書店, 1937
  • 『闘うアメリカの第三党』同友社, 1948
  • 『遠いあし音』文藝春秋新社, 1955/「人はさびしき」と合本 筑摩叢書, 1987
  • 『蝸牛庵訪問記 露伴先生の晩年』岩波書店, 1956、講談社文芸文庫, 1991
  • 『小閑』東京創元社, 1960
  • 『雨の日』文藝春秋新社, 1961
  • 『惜櫟荘主人 一つの岩波茂雄伝』岩波書店, 1963、講談社文芸文庫, 1993
  • 『竹影』筑摩書房, 1965
  • 『彼岸花 追憶三十三人』文藝春秋, 1968、講談社文芸文庫, 1992
  • 『蓑雲 歌集』新星書房 1968
  • 『冬青 小林勇画集』中央公論美術出版, 1969
  • 『隠者の焔』文藝春秋 1971
  • 『山中独膳』文藝春秋, 1971/「厨に近く」と合本 筑摩叢書, 1988
  • 『随筆 書画一如』求龍堂, 1972
  • 『人はさびしき』文藝春秋, 1973、のち筑摩叢書
  • 『夕焼』文藝春秋, 1974
  • 『一本の道』岩波書店, 1975、復刊2003
  • 『冬青庵楽事』新潮社, 1977
  • 『厨に近く』中央公論社, 1978、のち筑摩叢書 
  • 『赤い鞄』新潮社, 1980
  • 小林勇文集』全11巻 筑摩書房, 1982-1983
  • 『絵筆を持って 冬青小林勇画文集』求龍堂, 2003。生誕百年記念の画文集。

関連書籍[編集]

  • 『回想小林勇』谷川徹三井上靖編 筑摩書房, 1983
  • 『冬青小林勇画集』同刊行会編、岩波ブックサービスセンター, 1987 
  • 『懐遠 小林勇-娘への絵手紙』アートデイズ, 1997。小松美沙子編著 
  • 私の履歴書 反骨の言論人』日本経済新聞出版社〈日経ビジネス人文庫〉, 2007。文庫新版

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

書評[編集]