中谷宇吉郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中谷 宇吉郎
(なかや うきちろう)
Nakaya Ukichiro in 1946.jpg
1946年に撮影された肖像写真
生誕 中谷 宇吉郎(なかや うきちろう)
1900年7月4日
日本の旗 石川県江沼郡片山津町
死没 (1962-04-11) 1962年4月11日(61歳没)
日本の旗 東京都文京区本郷
前立腺癌
居住 日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 理化学研究所
北海道帝国大学
北海道大学
出身校 東京帝国大学理学部卒業
指導教員 寺田寅彦
主な業績 結晶研究
人工雪開発
中谷ダイヤクラムの提唱
プロジェクト:人物伝

中谷 宇吉郎(なかや うきちろう、1900年(明治33年)7月4日 - 1962年(昭和37年)4月11日)は、日本物理学者随筆家位階正三位勲等勲一等学位理学博士京都帝国大学1931年)。

北海道大学理学部教授を北海道帝国大学時代から務め、世界で初となる人工雪の製作に成功した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

石川県江沼郡片山津町(現・加賀市)出身。学齢期になると母方の親族に預けられ、大聖寺町(現・加賀市)に転居。

大聖寺町立錦城尋常高等小学校卒業後、旧制小松中学(現・石川県立小松高等学校)で寄宿舎生活を行い卒業、1922年(大正11年)、第四高等学校を卒業し東京帝国大学理学部物理学科に入学。寺田寅彦に教えを受け、実験物理学を志す。卒業後は理化学研究所で寺田研究室の助手となった。1927年藤岡作太郎の長女綾と結婚。その後、1928年イギリスに留学し、キングス・カレッジ・ロンドンにて学んだ。同年には日本に残してきた妻をジフテリアで亡くしている。

研究者として[編集]

中谷宇吉郎(『週刊文春』1959年12月21日号)

留学後、1930年(昭和5年)に北海道帝国大学理学部助教授となる。1931年(昭和6年)に京都帝国大学にて理学博士号を受ける。その題は 「On the emission of soft X-rays by different elements, with reference to the effect of adsorbed gas(各種元素による長波長X線の發生に就て : 特に吸着氣体の影響につき) 」。

教授となった1932年(昭和7年)ころから雪の結晶の研究を始め、1936年(昭和11年)3月12日には大学の低温実験室にて人工雪の製作に世界で初めて成功。気象条件と結晶が形成される過程の関係を解明した。他にも凍上や着氷防止の研究など、低温科学に大きな業績を残した。 また前年には再婚している。

1938年肝臓ジストマと診断され武見太郎指示の元、療養する。

1939年、日本において科学映画の嚆矢となる『Snow Crystals』(東宝文化映画)の指導を行う。

1941年、人工雪の研究をもとに北大に低温科学研究所が設立されることが決まり、1943年に開所、中谷はその主任研究員となった[1]。この研究所は当時の情勢から軍事研究もその目的の一環に含まれ、開所後には軍の要請により、「航空機への着氷防除」「北海道、千島における霧」の研究がそれぞれおこなわれた[1]。後者は、飛行場の滑走路に発生する霧の除去がその目的であった[1]。研究成果の実用化を急ぐ軍に対して中谷は「基礎的研究が解決への唯一の捷径」と基礎研究を重視する立場を崩さなかった[1]

1945年ニセコの着氷観測所を基にして農業物理研究所を発足させ、所長に就任する[2]

しかし、学内から戦争中の軍事研究への関与について批判を受ける[1]。さらに、人工雪結晶の記録映画を再撮影するに当たり、ゼネラル・エレクトリック(GE)研究所から提供されたフィルムが、GE研究所とアメリカ空軍との間の契約研究費から支出されていたことが問題視されて、低温科学研究所を退職した[1]

1948年(昭和23年)には日本映画社の協力により科学映画『霜の華』、『大雪山の雪』を完成させ、この時の日映側のスタッフだった吉野馨治、小口禎三らと共にその翌年、中谷研究室プロダクション(岩波映画製作所の前身)を設立。

1952年アメリカ合衆国イリノイ州ウィルメット(en:Wilmette, Illinois)の雪氷凍土研究所(SIPRE、現en:Cold Regions Research and Engineering Laboratory)の基礎研究員となり渡米。1954年まで氷の物性の研究に従事し[2]、帰日。

1957年グリーンランド氷冠の研究に着手。以後1960年まで毎年グリーンランドに行き研究を続ける[2]

1962年(昭和37年)4月11日、前立腺癌のため東京大学医学部附属病院で死去。享年61。戒名は文藻院精研浄雪居士[3]。死後、正三位勲一等を授与されている。

人物[編集]

自身の研究を含め、科学を一般の人々に分りやすく伝える方法としても随筆をよくした。著書には『冬の華』『立春の卵』など。「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残したことも知られる。深田久弥は同郷で幼稚園、小学校、大学での後輩になる。

家族・親族[編集]

弟に早逝した考古学者中谷治宇二郎。娘に霧の芸術家・中谷芙二子 (Fujiko Nakaya)。

顕彰[編集]

中谷宇吉郎雪の科学館
人工雪誕生の地の碑。北海道大学

業績を称えて南極の地名が中谷諸島Nakaya Islands)、小惑星10152番がウキチロウUkichiro)と名付けられた。

出身地である石川県加賀市には「中谷宇吉郎雪の科学館」が設立されており、雪の結晶を模した外観を持つ六角形の建物となっている。

また、北海道の六花亭ウキチという菓子作りを依頼し、一度だけ作られたことがあるが商品化はされていない。

年譜[編集]

栄典[編集]

主な著書[編集]

伝記[編集]

  • 太田文平 『中谷宇吉郎の生涯』学生社、1978年
  • 高田宏 『冬の花びら 雪博士中谷宇吉郎の一生』偕成社、1986年。児童出版
  • 杉山滋郎 『中谷宇吉郎 人の役に立つ研究をせよ』 ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2015年

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 黒岩大助北大における雪氷学 (PDF) 」 - 『北大百年史 通説』北海道大学、1982年、pp.908 - 920
  2. ^ a b c 中谷宇吉郎の略歴 中谷宇吉郎展2001
  3. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)244頁
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 寺田寅彦(師匠にして友人)
  • 取手市もくせい公園(寺田の助手として球皮事件--1924年の日本海軍飛行船炎上墜落事故--の原因究明に務めた)
  • 原子爆弾 (出現を予言し基礎研究に携わった)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、中谷宇吉郎に関するカテゴリがあります。