江沼郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川県江沼郡の範囲

江沼郡(えぬまぐん・えぬのこおり)は、石川県加賀国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 加賀市
  • 小松市の一部(額見町、月津町、矢田町、矢田野町、下粟津町、林町、戸津町、湯上町、上荒屋町、那谷町、菩提町、滝ヶ原町以西および湖東町の一部)

歴史[編集]

古代[編集]

近世以降の沿革[編集]

大聖寺町[2]、《山田町領》、橘村、永井村、吉崎村、瀬越村、塩屋村、片野村、黒崎村、上木村、下福田村、右村、三ツ村、荻生村、上福田村、極楽寺村、深田村、《宮村》、橋立村、小塩村、田尻村、高尾村、敷地村、岡村、大聖寺町領[3]、熊坂村、細坪村、百々村、曽宇村、直下村、日谷村、南郷村、菅生村、下河崎村、上河崎村、黒瀬村、荒木村、河南村、別所村、中田村、長谷田村、上原村[4]、塚谷村、山中村、下谷村、菅谷村、栢野村、風谷村、大内村、我谷村、枯淵村、片谷村、坂下村、小杉村、生水村、九谷村、《真砂村》、市谷村、西住村、杉水村、上新保村、大土村、今立村、荒谷村、菅生谷村、滝村、中津原村、四十九院村、塔尾村、柏野村、須谷村、水田丸村、小坂村、横北村、二ツ屋村、上野村、尾俣村、桂谷村、山代村、保賀村、加茂村、中代村、大菅波村、小菅波村、作見村、山田村、尾中村、小塩辻村、大畠村、千崎村、塩浜村、野田村、宮地村、篠原村、《篠原新村》、新保村、《伊切村》、柴山村、潮津村、片山津村、富塚村、弓波村、八日市村、西島村、七日市村、庄村、津波倉村、二子塚村、森村、勅使村、河原村、栄谷村、宇谷村、滝ヶ原村、菩提村、山本村、清水村、桑原村、松山村、小分校村、大分校村、梶井村、動橋村、毛谷村、《河尻村》、中島村、高塚村、打越村、箱宮村、二ツ梨村、荒屋村、湯上村、戸津村、林村、下粟津村、矢田村、《矢田新村》、額見村、月津村、《月津新村》、奥谷村、那谷村、矢田野村[5]

町村制以降の沿革[編集]

1.大聖寺町 2.山中村 3.山代村 4.三木村 5.瀬越村 6.福田村 7.三谷村 8.南郷村 9.河南村 10.西谷村 11.東谷奥村 12.東谷口村 13.勅使村 14.庄村 15.作見村 16.黒崎村 17.橋立村 18.塩津村 19.篠原村 20.動橋村 21.分校村 22.那谷村 23.矢田野村 24.月津村 25.塩屋村(紫:小松市 桃:加賀市)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・加賀市。(1町24村)
    • 大聖寺町 ← 大聖寺町[2]、山田町領、大聖寺町領
    • 山中村(単独村制)
    • 山代村 ← 山代村、桂谷村、尾俣村
    • 三木村 ← 右村、橘村、奥谷村、永井村、熊坂村
    • 瀬越村 ← 瀬越村、吉崎村
    • 福田村 ← 上福田村、敷地村、岡村、極楽寺村、下福田村、荻生村、三ツ村、菅生村、上木村
    • 三谷村 ← 日谷村、直下村、曽宇村、百々村、細坪村
    • 南郷村 ← 南郷村、下河崎村、上河崎村、中代村、黒瀬村、保賀村
    • 河南村 ← 荒木村、河南村、別所村、塚谷村、上原村、長谷田村、中田村
    • 西谷村 ← 菅谷村、下谷村、栢野村、風谷村、大内村、我谷村、片谷村、坂下村、小杉村、生水村、九谷村、真砂村、枯淵村
    • 東谷奥村 ← 中津原村、荒谷村、今立村、大土村、菅生谷村、滝村、杉水村、西住村、上新保村、市谷村、四十九院村
    • 東谷口村 ← 二ツ屋村、小坂村、横北村、水田丸村、柏野村、須谷村、塔尾村
    • 勅使村 ← 勅使村、宇谷村、栄谷村、山本村、松山村、清水村、河原村、上野村、津波倉村、二子塚村、森村
    • 庄村 ← 加茂村、桑原村、庄村、七日市村、西島村
    • 作見村 ← 作見村、山田村、大菅波村、小菅波村、尾中村、富塚村、片山津村、弓波村
    • 黒崎村 ← 片野村、黒崎村、深田村、宮村、高尾村、田尻村
    • 橋立村 ← 橋立村、小塩村
    • 塩津村 ← 大畠村、千崎村、宮地村、野田村、潮津村、小塩辻村
    • 篠原村 ← 塩浜村、篠原村、篠原新村、伊切村、新保村、柴山村
    • 動橋村 ← 動橋村、中島村、梶井村、八日市村、合河村
    • 分校村 ← 高塚村、打越村、箱宮村、分校村
    • 那谷村 ← 那谷村、菩提村、滝ヶ原村(現・小松市)
    • 矢田野村 ← 矢田野村、下粟津村、林村、荒屋村、二ツ梨村、戸津村、湯上村(現・小松市)
    • 月津村 ← 月津村、額見村、矢田村、矢田新村、月津新村(現・小松市)
    • 塩屋村(単独村制)
  • 明治24年(1891年
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 篠原村の一部(柴山)が月津村に編入。
  • 大正2年(1913年
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和5年(1930年1月1日 - 橋立村・黒崎村が合併し、改めて橋立村が発足。(3町21村)
  • 昭和10年(1935年6月15日 - 福田村が大聖寺町に編入。(3町20村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は342.02平方km、人口は57,537人(男26,658人・女30,879人)[6]
  • 昭和17年(1942年
    • 5月1日 - 庄村が山代町に編入。(3町19村)
    • 11月3日 - 塩津村・作見村が合併して片山津町が発足。(4町17村)
  • 昭和22年(1947年)11月3日 - 動橋村が町制施行して動橋町となる。(5町16村)
  • 昭和27年(1952年6月10日 - 橋立村が町制施行して橋立町となる。(6町15村)
  • 昭和29年(1954年
    • 3月10日 - 瀬越村が大聖寺町に編入。(6町14村)
    • 3月31日 - 篠原村が片山津町に編入。(6町13村)
    • 11月3日 - 動橋町・分校村が合併し、改めて動橋町が発足。(6町12村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月20日 - 山代町・勅使村・東谷口村が合併し、改めて山代町が発足。(6町10村)
    • 4月1日(6町4村)
      • 山中町・河南村・西谷村・東谷奥村が合併し、改めて山中町が発足。
      • 那谷村・矢田野村が小松市に編入。
      • 月津村が分割され、一部(柴山)が片山津町、残部(月津・額見・矢田・矢田新・月津新)が小松市に編入。
  • 昭和33年(1958年)1月1日 - 大聖寺町・山代町・片山津町・動橋町・橋立町・三谷村・三木村・塩屋村・南郷村が合併して加賀市が発足し、郡より離脱。(1町)
  • 昭和35年(1960年)7月1日 - 山中町の一部(河南町・荒木町・別所町)が加賀市に編入。
  • 平成17年(2005年10月1日 - 山中町が加賀市と合併し、改めて加賀市が発足、郡より離脱。同日江沼郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は加賀国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書13 旧高旧領取調帳 中部編」(近藤出版社、1977年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  2. ^ a b 大聖寺荒町、大聖寺鉄砲町、大聖寺稗田町、大聖寺田原町、大聖寺弓町、大聖寺木呂場、大聖寺金子、大聖寺市佐坊、大聖寺菅生町、大聖寺永町、大聖寺敷地町、大聖寺観音町、大聖寺本町、大聖寺福田町、大聖寺魚町、大聖寺京町、大聖寺十一町、大聖寺一本橋町、大聖寺法華坊、大聖寺山田町、大聖寺寺町、大聖寺新屋敷、大聖寺五軒町、大聖寺鍛冶町、大聖寺東横町、大聖寺鷹匠町、大聖寺番場町、大聖寺殿町、大聖寺新組町、大聖寺北片原町、大聖寺新町、大聖寺松ヶ根町、大聖寺相生町、大聖寺麻畠、大聖寺大名竹、大聖寺藤ノ木、大聖寺耳聞山仲町、大聖寺亀町、大聖寺耳聞山、大聖寺今出町、大聖寺関町、大聖寺越前町、大聖寺三ツ屋町、大聖寺五徳町、大聖寺西田町、大聖寺東田町、大聖寺山ノ下、大聖寺庄兵衛谷、大聖寺下屋敷、大聖寺大新道、大聖寺間新道、大聖寺中新道、大聖寺中町、大聖寺馬場、大聖寺穴虫、大聖寺八間道、大聖寺仲町、大聖寺片原町の総称。無高のため「旧高旧領取調帳データベース」には記載なし。
  3. ^ 記載は大聖寺村
  4. ^ 上原村・土谷村に分かれて記載。
  5. ^ 豊野村・西泉村・中村・小島村・稲手村・原田村・大野村・袖野村・宮田村に分かれて記載。
  6. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]