珠洲郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
石川県珠洲郡の範囲

珠洲郡(すずぐん)は、石川県能登国)にあった2005年平成17年)3月1日鳳至郡と統合して鳳珠郡となった。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

元は越前国の一郡であったが、養老2年5月2日718年6月4日)に羽咋郡・能登郡(現・鹿島郡)・鳳至郡とともに分立して能登国となった。天平13年12月10日742年1月20日)から天平宝字元年(757年)までは越中国に属した。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 加賀藩 1町
108村
小木村、市之瀬村、《河ヶ谷村》、新保村、越坂村、羽根村、小浦村、山中村(現・鳳珠郡能登町)、《満泉寺村》、国重村、時長村、宮犬村、《清真村》、秋吉村、九里川尻村、立壁村、《四方山村》、白丸村、長尾村、松波村、恋路村、上村、滝之坊村、《行延村》、布浦村、不動寺村、駒渡村、《田代村》、鳥越村、大町泥木村、馬渡村、鵜島村、《黒丸村(現・珠洲市宝立町南黒丸)》、宗玄村、堂谷村、下鳥越村、法住寺村、広国村、鵜飼村、《金峯寺村、西方寺村》、南方村、寺社村、北方村、経念村、《古蔵村》、中田村、《火宮村、向村》、延武村、《内山村、国兼村》、大坊村、《二子村》、黒丸村(現・珠洲市若山町上黒丸)、《中村、宗末村》、上正力村、北山村、《吉ヶ池村、上山村》、南山村、《白滝村、洲巻村》、飯田町、鹿野村、《本江寺新村》、広栗村、鈴内村、出田村、正院村、小路村、飯塚村、岩坂村、岡田村、《唐笠村》、熊谷村、川尻村、蛸島村、雲津村、《竹沢村》、小泊村、《小泊新村》、山中村(現・珠洲市)、杉山村、本村、細屋村、粟津村、森腰村、伏見村、宇治村、引砂村、《高波村》、大屋村、寺家村、狼煙村、《狼煙新村》、高屋村、笹波村、折戸村、川浦村、大谷村、長橋村、馬緤村、片岩村、清水村、仁江村、真浦村、大沢村[3]
幕府領・藩領 幕府領・加賀藩 1村 真脇村

町村制以降の沿革[編集]

1.飯田町 2.小木村 3.高倉村 4.木郎村 5.宮崎村 6.松波村 7.鵜島村 8.黒峰村 9.見付村 10.上戸村 11.東若山村 12.西若山村 13.直村 14.正院村 15.三崎村 16.鉢崎村 17.大谷村 18.大崎村 19.日置村 20.蛸島村(紫:珠洲市 桃:鳳珠郡能登町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・珠洲市。(1町19村)
    • 飯田町(単独町制)
    • 小木村 ← 小木村、市之瀬村、越坂村(現・鳳珠郡能登町)
    • 高倉村 ← 真脇村、小浦村、羽根村、大沢村(現・鳳珠郡能登町)
    • 木郎村 ← 時長村、行延村、不動寺村、宮犬村、国重村、山中村、満泉寺村、田代村、滝ノ坊村、駒渡村(現・鳳珠郡能登町)
    • 宮崎村 ← 立壁村、四方山村、九里川尻村、秋吉村、清真村、白丸村、長尾村、新保村、河ヶ谷村(現・鳳珠郡能登町)
    • 松波村 ← 松波村、上村、布浦村、恋路村(現・鳳珠郡能登町)
    • 鵜島村 ← 南黒丸村、鵜島村、宗玄村
    • 黒峰村 ← 橿原村、大町泥木村、馬渡村
    • 見付村 ← 春日野村、鵜飼村、金峯寺村
    • 上戸村 ← 北方村、南方村、寺社村
    • 東若山村 ← 出田村、広栗村、経念村、鈴内村、古蔵村、中田村、火宮村
    • 西若山村 ← 延武村、内山村、国兼村、大坊村、中村、上正力村、宗末村、二子村、吉ヶ池村、北山村、上黒丸村、南山村、白滝村、洲巻村、上山村、向村
    • 直村 ← 野々江村、熊谷村、岩坂村
    • 正院村 ← 正院村、川尻村、飯塚村、小路村、岡田村
    • 三崎村 ← 寺家村、粟津村、大屋村、森腰村
    • 鉢崎村 ← 引砂村、宇治村、杉山村、高波村、雲津村、竹沢村、小泊村、伏見村、細屋村、本村、小泊新村
    • 大谷村 ← 大谷村、仁江村、真浦村、清水村、片岩村、長橋村
    • 大崎村 ← 馬緤村、高屋村、笹波村
    • 日置村 ← 折戸村、狼煙村、狼煙新村、東山中村、川浦村、唐笠村
    • 蛸島村(単独村制)
  • 明治24年(1891年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治40年(1907年10月15日(1町14村)
    • 小木村・高倉村が合併し、改めて小木村が発足。
    • 宮崎村・木郎村・松波村が合併し、改めて木郎村が発足。
    • 日置村・大谷村・大崎村が合併して西海村が発足。
  • 明治41年(1908年8月15日(1町10村)
    • 鵜島村・黒峰村・見付村が合併して宝立村が発足。
    • 東若山村・西若山村が合併して若山村が発足。
    • 鉢崎村・三崎村が合併し、改めて三崎村が発足。
  • 大正10年(1921年1月1日 - 小木村が町制施行して小木町となる。(2町9村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は308.36平方km、人口は41,629人(男20,309人・女21,320人)[5]
  • 昭和15年(1940年)8月15日 - 宝立村が町制施行して宝立町となる。(3町8村)
  • 昭和16年(1941年11月3日 - 正院村が町制施行して正院町となる。(4町7村)
  • 昭和23年(1948年5月1日 - 木郎村が改称・町制施行して松波町となる。(5町6村)
  • 昭和29年(1954年7月15日 - 飯田町・宝立町・正院町・上戸村・若山村・直村・三崎村・西海村・蛸島村が合併して珠洲市が発足し、郡より離脱。(2町)
  • 昭和30年(1955年
  • 昭和33年(1958年12月1日 - 松波町が改称して内浦町となる。
  • 平成17年(2005年3月1日 - 内浦町が鳳至郡能都町・柳田村と合併して鳳珠郡能登町が発足。同日珠洲郡消滅。石川県内では鳳至郡と共に、初の郡消滅となった。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は能登国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書13 旧高旧領取調帳 中部編」(近藤出版社、1977年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  2. ^ 下記のほか、加賀藩領として《小木村/市瀬村》請新田が記載されている。
  3. ^ 「旧高旧領取調帳データベース」では真脇村に含まれると見られる。
  4. ^ 石川県史 第四編,p.3. 近代デジタルライブラリー
  5. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 2005年
次代:
鳳珠郡