鳳至郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川県鳳至郡の範囲

鳳至郡(ふげしぐん)は、石川県能登国)にあった2005年平成17年)3月1日珠洲郡と統合して鳳珠郡となった。

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

元は越前国の一郡であったが、養老2年5月2日718年6月4日)に羽咋郡・能登郡(現・鹿島郡)・珠洲郡とともに分立して能登国となった。天平13年12月10日742年1月20日)から天平宝字元年(757年)までは越中国に属した。当初の鳳至郡が現在の輪島市全域を含んでいた一方で、現在の穴水町の大半は能登郡であった。能登郡との郡界が移動したのは、能登国分国の頃と考えられる。郡衙は輪島市内の釜屋谷B遺跡と推定されている。

近世以降の沿革[編集]

  • 明治2年6月17日1869年7月25日) - 版籍奉還により加賀藩(通称)の正式名称が金沢藩となる。
  • 明治3年5月22日1870年6月20日) - 幕府領が高山県の管轄となる[9]
  • 明治4年
  • 明治初年
    • 時国村が分割され、幕府領が南時国村、加賀藩領が西時国村となる。(3町319村)
    • 大滝畠中村が改称して大滝村となる。
  • 明治4年 - 鳳至町・輪島崎村・河井町・海士町が合併して輪島町となる。(1町318村)
  • 明治5年9月27日1872年10月29日) - 石川県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年) - 太田川村・竹原村が合併して竹太村となる。(1町317村)
  • 明治8年(1875年)(1町305村)
    • 本江村(現・鳳珠郡能登町本木)・木戸村が合併して本木村となる。
    • 谷屋村・神道村・吉谷村が合併して柿生村となる。
    • 八之田村・西安寺村・院内村が合併して瑞穂村となる。
    • 木住村・山口村・三田村・番頭谷村が合併して山田村となる。
    • 魚地村・宮谷村が合併して宮地村となる。
    • 竜村・坂尻村・下代村が合併して鮭屋村となる。
    • 久亀屋村・本江村(現・鳳珠郡能登町上町)が合併して上町村となる。
鳳至郡役所
  • 明治11年(1878年)(1町300村)
    • 12月17日 - 郡区町村編制法の石川県での施行により、行政区画としての鳳至郡が発足。郡役所を輪島町に設置。
    • 雑座村・池田村・新保村(現・輪島市上山町)・上村・黒杉村・小町村が合併して上山村となる。
    • 大町村(現・輪島市)が改称して東大町村となる。
    • 河内村(現・鳳珠郡能登町)が改称して北河内村となる。
    • 七海村(現・鳳珠郡能登町)が七見村に、七海村(現・鳳珠郡穴水町北七海)が北七海村にそれぞれ改称。
    • 2ヶ所ずつ存在した円山村、大野村、中尾村、中谷村がそれぞれ東中谷村(現・鳳珠郡穴水町東中谷)、西中谷村(現・輪島市門前町西中谷)、東大野村(現・輪島市町野町東大野.)、西大野村(現・輪島市大野町)、西円山村(現・輪島市門前町西円山)、北円山村(現・輪島市町野町北円山)、東中尾村(現・輪島市東中尾町)、西中尾村(現・輪島市門前町西中尾)に改称。
    • 矢徳荻平村が改称して矢徳村となる。

町村制以降の沿革[編集]

  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は現・輪島市。(2町33村)
1.輪島町 2.宇出津町 3.穴水村 4.東保村 5.島崎村 6.剱地村 7.仁岸村 8.阿岸村 9.諸岡村 10.櫛比村 11.浦上村 12.七浦村 13.西保村 14.大屋村 15.鳳至谷村 16.河原田村 17.鵠巣村 18.南志見村 19.町野村 20.西町村 21.岩倉村 22.柳田村 23.上町村 24.岩井戸村 25.神野村 26.諸橋村 27.三波村 28.鵜川村 29.山田村 30.兜村 31.中居村 32.南北村 33.本郷村 34.三井村 35.黒島村(紫:輪島市 赤:穴水町 桃:能登町)
  • 明治24年(1891年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治36年(1903年8月22日 - 穴水村が町制施行して穴水町となる。(3町32村)
  • 明治41年(1908年)4月1日 - 下記の町村の統合が行われる。いずれも新設合併。(3町22村)
    • 穴水町 ← 穴水町、島崎村、東保村
    • 剱地村 ← 剱地村、仁岸村、阿岸村
    • 大屋村 ← 大屋村、鳳至谷村
    • 町野村 ← 西町村、岩倉村、町野村
    • 柳田村 ← 柳田村、上町村、岩井戸村
    • 鵜川村 ← 山田村、鵜川村
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和5年(1930年1月1日 - 櫛比村が改称・町制施行して門前町となる。(4町21村)
  • 昭和8年(1933年7月1日 - 中居村・南北村が合併して住吉村が発足。(4町20村)
  • 昭和10年(1935年)時点での当郡の面積は825.10平方km、人口は88,586人(男43,412人・女45,174人)[10]
  • 昭和14年(1939年11月3日 - 鵜川村が町制施行して鵜川町となる。(5町19村)
  • 昭和15年(1940年12月20日 - 町野村が町制施行して町野町となる。(6町18村)
  • 昭和29年(1954年3月31日(5町5村)
    • 門前町・黒島村・諸岡村・七浦村・浦上村・本郷村が合併し、改めて門前町が発足。
    • 輪島町・西保村・大屋村・河原田村・鵠巣村・南志見村・三井村が合併して輪島市が発足し、郡より離脱。
    • 穴水町・住吉村・兜村が合併し、改めて穴水町が発足。
  • 昭和30年(1955年
    • 3月10日 - 諸橋村が穴水町に編入。(5町4村)
    • 3月25日(5町2村)
      • 宇出津町・三波村・神野村の一部(藤ノ瀬・宇加塚・曽又・鶴ノ町)が珠洲郡小木町と合併して能都町が発足。
      • 神野村の残部(神和住・中斎)が柳田村に編入。
    • 10月10日 - 能都町の一部(小木・越坂・市之瀬・明野)が珠洲郡松波町に編入。(町村)
  • 昭和31年(1956年9月30日(3町1村)
    • 剱地村が門前町に編入。
    • 鵜川町が能都町に編入。
    • 町野町が輪島市に編入。
  • 平成17年(2005年3月1日 - 下記の変更により鳳至郡消滅。石川県内では珠洲郡と共に、初の郡消滅となった。
    • 能都町・柳田村が珠洲郡内浦町と合併して鳳珠郡能登町が発足。
    • 穴水町・門前町の所属郡が鳳珠郡に変更。

変遷表[編集]

行政[編集]

郡長[編集]

歴代郡長
氏名 就任 退任 備考
1 崎田政達 1878年(明治11年) 1879年(明治12年) 珠洲郡
2 加藤鏆二 1879年(明治12年)11月27日 1881年(明治14年)5月28日 兼珠洲郡長
国枝逸蠖 1881年(明治14年)6月3日 1881年(明治14年)10月8日 郡長心得
3 勝木菊正 1881年(明治14年)10月8日 1883年(明治16年)9月22日 兼珠洲郡長
4 国枝逸蠖 1883年(明治16年)9月28日 1884年(明治17年)1月17日 兼珠洲郡長
5 岡田雄巣 1884年(明治17年)1月18日 1886年(明治19年)4月28日
6 中村邦彦 1886年(明治19年)4月28日 1890年(明治23年)2月28日
7 内田衡 1890年(明治23年)2月28日 1892年(明治25年)3月7日 任期途中、郡制施行
8 隅元禎三 1892年(明治25年)3月7日 1892年(明治25年)11月4日
9 新井庸虎 1892年(明治25年)11月4日 1894年(明治27年)10月17日
10 相馬朔郎 1894年(明治27年)10月17日 1896年(明治29年)10月12日
11 稲垣義方 1896年(明治29年)10月12日 1898年(明治31年)1月19日
12 山根松太 1898年(明治31年)1月21日 1903年(明治36年)3月31日
13 丹羽幹 1903年(明治36年)3月31日 1904年(明治37年)7月26日
14 栗山富栄 1904年(明治37年)7月26日 1907年(明治40年)4月6日
15 植田信忠 1907年(明治40年)4月12日 1908年(明治41年)6月10日
16 岩本智雄 1908年(明治41年)6月10日 1909年(明治42年)8月16日
17 吉田直矩 1909年(明治42年)8月16日 1911年(明治44年)5月19日
18 尾上賢次郎 1911年(明治44年)5月19日 1914年(大正3年)6月26日
19 須佐広圭 1914年(大正3年)8月21日 1917年(大正6年)6月26日
20 高橋秀 1917年(大正6年)6月26日 1919年(大正8年)3月31日
21 松木源裕 1919年(大正8年)3月31日 1920年(大正9年)3月26日
22 秋山和吉 1920年(大正9年)3月26日 1922年(大正11年)5月9日
23 毎田周治郎 1922年(大正11年)5月9日 1926年(大正15年)6月30日 任期途中、郡会廃止
郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 旧高旧領取調帳」は能登国分が欠けているため、木村礎の手により「天保郷帳」をもとに作成され、「日本史料選書13 旧高旧領取調帳 中部編」(近藤出版社、1977年)に掲載されたデータが国立歴史民俗博物館によりデータベース化されている。
  2. ^ 下記のほか、加賀藩領として《鵜川村/小垣村/竹原村/太田川村》請新田、《大切村/清沢村/江崎村/大釜村/是清村/神明原村/小山村/馬渡村/南村/久川村/小石村/飯川谷村/千代村》請新田が記載されている。
  3. ^ 記載は中村。
  4. ^ 記載は下大沢村。
  5. ^ 記載は深見惣領村。
  6. ^ a b 記載は中井両町。
  7. ^ a b 無高のため「旧高旧領取調帳データベース」には記載なし。
  8. ^ a b c d e f g 「旧高旧領取調帳データベース」に記載なし。石高がどの村に合算されているかは不明。
  9. ^ 石川県史 第四編,p.3. 近代デジタルライブラリー
  10. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 2005年
次代:
鳳珠郡