梯川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梯川
梯川
河口付近
水系 一級水系 梯川
種別 一級河川
延長 42 km
平均の流量 14.2 m³/s
(埴田観測所2000年)
流域面積 271 km²
水源 鈴ヶ岳(小松市)
水源の標高 1,174 m
河口・合流先 日本海
流域 日本の旗 日本 石川県小松市
テンプレートを表示

梯川(かけはしがわ)は、石川県小松市を流れる一級河川。上流域では大杉谷川と呼ばれている。

語源[編集]

古くは大川と呼ばれたが、前田利常小松城に入城したのち、寛永17年(1640年)に既にあった舟橋をより堅固なに架け替えた。この橋は川の増水の時に橋板を増し、平水の時には橋板を減らし、洪水を予見した時には橋板を外して舟の流出を防ぐ仕組みを取っていたため、「かけ橋」(梯)と名付けられた。のちに川も橋の名前を取り、「梯川」と呼ばれた[1]

地理[編集]

石川県小松市南部の加賀市との境界にある鈴ヶ岳に源を発し北流。赤瀬ダムを経て、小松市大野町で郷谷川を合わせる。ここから梯川となり更に北上。小松市千代町で鍋谷川を、河口近くで前川を合わせ、小松市安宅町日本海に注ぐ。下流では安宅川と呼ぶこともある。上水道には使用されていない。

主な支流[編集]

河口より記載

  • 前川(浮柳町) - 左岸
  • 八丁川(平面町) - 右岸
  • 鍋谷川(千代町) - 右岸
  • 仏大寺川(軽海町) - 右岸
  • 滓上川(軽海町) - 右岸
  • 郷谷川(金野町) - 右岸

河川施設[編集]

河口より記載

  • 軽海用水頭首工 - 軽海用水
  • 御茶用水頭首工 - 御茶用水
  • 赤瀬ダム(赤瀬町)

橋梁[編集]

河口より記載

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 津金一彦. “梯(かけはし)川_下流部”. 松本市. 2019年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 梯川 - 国土交通省水管理・国土保全局
  • 梯川の概要 - 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所