中谷巳次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中谷 巳次郎(なかや みじろう、1869年明治2年)[1] - 1936年昭和11年)[1])は、大分県由布市由布院温泉油屋熊八とともに旅館亀の井別荘を開いた実業家

概要[編集]

加賀国(現在の石川県金沢市近郊[1])出身。実家は裕福な十村庄屋の家筋であったが、巳次郎は資産を蕩尽した挙げ句、別府市に流れ着く。実家の骨董品を並べて不老町で骨董屋を開き、そこで、亀の井旅館(現在の別府亀の井ホテル)の経営者で別府温泉の観光開発に尽力した油屋熊八に出会い、意気投合して、熊八が大阪の資産家に話を持ち掛けて金鱗湖畔の土地を買わせ、1922年(大正11年)、熊八とともに賓客をもてなすための別荘を由布院温泉に開き、その管理に当たった[2]。これが、今日の亀の井別荘の礎である。

1924年(大正13年)には、由布院を訪れた林学者の本多静六の講演を聴き、由布院をドイツに倣った滞在型保養温泉とすることを目指した。

家族[編集]

  • 長男・宇兵衛
  • 姪・武子 - 弟の子で、長男の妻。
  • 甥・中谷宇吉郎 - 弟の子。
  • 孫・中谷健太郎 - 宇兵衛・武子の子。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大分県歴史人物事典』362-363頁。
  2. ^ 油屋熊八と由布院三浦祥子、別府温泉地球博物館、2018年4月5日

参考文献[編集]

  • 『大分県歴史人物事典』大分合同新聞社、1996年。
  • 『由布院に吹く風』 中谷健太郎、岩波書店、2006年2月、ISBN 978-4000023559
  • 『二列目の人生 隠れた異才たち』 池内紀、集英社(集英社文庫)、2008年9月、ISBN 978-4087463521