中谷治宇二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中谷 治宇二郎(なかや じうじろう、1902年明治35年〉1月21日 - 1936年昭和11年〉3月22日)は、日本考古学者。筆名は中谷杜美[1]物理学者中谷宇吉郎の弟。

人物・来歴[編集]

1902年明治35年)1月21日、中谷宇一の次男として石川県江沼郡片山津町(現・加賀市)に生まれる[2]。中学生の頃は文学を志し、同窓生たちと発行した同人誌『跫音』に発表した小説「独創者の喜び」が芥川龍之介の目にとまったことがある[3][4]

1919年大正8年)、小松中学校を卒業し、約1年間、作見村小学校で代用教員として奉職する[2]1920年(大正9年)に上京し、菊池寛の内弟子として身を寄せて新劇運動に参加し、1921年(大正10年)に金沢新報の記者としてシベリア出兵に従軍する[5]1922年(大正11年)に東洋大学に入学し、インド哲学を専攻しようとしたが、チフスを患い中退する。さらに肋膜炎にかかるが、後に回復し、1924年(大正13年)4月に東京帝国大学理学部人類学科選科学生として入学する[5]1927年昭和2年)、選科を修了する[6]。卒業論文『注口土器ノ分類ト其ノ地理的分布』を提出し、同年9月に『東京帝国大学理学部人類学教室研究報告第四編』として刊行される[7]

1929年(昭和4年)、留学としてパリに向かう[6]。兄・宇吉郎岡潔らと共に日本人会館に住み、ソルボンヌ大学の講義を聴講したり、博物館に通ったりした[6]1931年(昭和6年)春、仕事のために博物館の近くに下宿を移すが、仕事に没頭しすぎて肺を悪くし、初夏にはスイスローザンヌサナトリウムに入った[8]。それを知った岡潔がサナトリウムに見舞いに行き、夏には岡夫妻と共にフランストノン=レ=バンで生活を始めた[8]。晩秋には岡夫妻と共にパリに戻り、一人暮らしを始めるが、数ヶ月で再び病に伏し、友人らの看病を受けて病状の軽くなった後、1932年(昭和7年)初春に岡夫妻と共に帰国した[8]

帰国後、伯父のいる大分県由布市由布院温泉で療養に努める[9]1935年(昭和10年)12月、『日本先史学序史』を発刊し、1936年(昭和11年)3月22日に逝去する[2]

著作[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 東京帝国大学 編 『注口土器ノ分類ト其ノ地理的分布』岡書院〈東京帝国大学理学部人類学教室研究報告 第4編〉、1927年11月。 NCID BA42679529全国書誌番号:47010799 
  • 『日本石器時代提要』岡書院、1929年9月。 NCID BN08258643全国書誌番号:47014232 
  • 『日本石器時代文献目録』岡書院、1930年10月。 NCID BN08137809全国書誌番号:47014704 全国書誌番号:54006074 
  • 『日本先史学序史』岩波書店、1935年12月。 NCID BN00856368全国書誌番号:47014683 
  • 中谷治宇二郎先生遺稿編集委員会 編 『日本縄文文化の研究』昭森社、1967年8月。 NCID BA34820177全国書誌番号:68000194 
  • 江坂輝弥 編 『中谷治宇二郎集』築地書館〈日本考古学選集 24〉、1972年5月。 NCID BN02043950全国書誌番号:73013621 
  • 『考古学研究への旅 パリの手記』六興出版、1985年11月。 NCID BN03693725全国書誌番号:86015263 
  • 今永清二 編 『考古学研究の道 科学的研究法を求めて』渓水社、1993年11月。ISBN 9784874403037NCID BN09992004全国書誌番号:20701551 
  • 『中谷治宇二郎の「独創者の喜び」と「片山津温泉」』中谷宇吉郎雪の科学館友の会、2016年。 

編集[編集]

論文[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中谷, 治宇二郎, 1902-1936”. Web NDL Authorities. 国立国会図書館 (1979年4月1日). 2021年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c 江坂 1972, p. 10.
  3. ^ 『一人の無名作家』:新字新仮名 - 青空文庫
  4. ^ B面ポスターのこと”. 片山津温泉ファンZine イグアノドンオンライン. 映像ワークショップ合同会社. 2022年6月25日閲覧。
  5. ^ a b 江坂 1972, p. 1.
  6. ^ a b c 江坂 1972, p. 7.
  7. ^ 江坂 1972, p. 3.
  8. ^ a b c 江坂 1972, p. 8.
  9. ^ 江坂 1972, p. 9.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]