中谷治宇二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中谷 治宇二郎(なかや じうじろう、1902年1月21日 - 1936年3月22日)は、日本の考古学者

石川県出身。中谷宇吉郎の弟。東京帝国大学卒。東大で縄文時代の研究を行う。1929年パリに行くが結核のため1932年帰国。大分県由布院温泉で療養しながら『日本先史学序史』を書いたが、34歳で早世

著書[編集]

参考[編集]