高田宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高田 宏(たかだ ひろし、1932年8月24日 - 2015年11月24日)は日本編集者・作家、随筆家

来歴・人物[編集]

京都市出身で石川県加賀市育ち。石川県立大聖寺高等学校京都大学文学部仏文学科卒業。

1955年に光文社に入社し雑誌『少女』の編集者となる[1]。のち雑誌『マイホーム』の創刊に関わる[2]。1962年にアジア経済研究所入社して雑誌『アジア経済』の編集長となる[3]

1963年エッソ・スタンダード石油(現・ENEOS)PR課に入社[4]

1964年からPR誌『エナジー』を編集者として創刊して、11年間、編集者をつとめる[5]。大学時代の友人の小松左京や、梅棹忠夫などの京大人文研のメンバーに多く執筆を依頼し、PR誌を越えた雑誌として評価された[6]。『エナジー』では会社PRは一切せず、当時としては先駆的な一冊一特集主義をとり、全40冊のうち33冊が他の出版社から単行本として刊行された[7]。他に雑誌『オイルワールド』、エッソの社内報の編集も担当した[8]

1973年から梅棹の依頼で、国立民族学博物館の創設準備室の企画委員となる(委員長は小松左京)[9]

また1975年に石油危機により『エナジー』を廃刊して[10]同年からから1982年まで『エナジー対話』を、1973年から1975年までエナジー叢書を刊行した[11]

自身の退社を予定として、1982年に『エナジー対話』を廃刊し、1983年に『エナジー小事典』を創刊[12]1983年末に退社し、1984年から文筆専業となる[13]。代表作に『島焼け』などの歴史小説をはじめ、樹木・森・島・旅・雪などの自然、猫などをテーマに随筆・評論・紀行など著書が百冊ある。

その他には日本ペンクラブ理事、石川県九谷焼美術館館長、深田久弥山の文化館館長[14]をそれぞれ務め、また元将棋ペンクラブ会長である。

長男高田尚平将棋棋士。次男高田雄太イラストレーター

小諸・藤村文学賞ゆきのまち幻想文学賞の審査員も務めていた。

2015年11月24日、肺がんのため死去[15]。83歳没。

受賞歴[編集]

著書[編集]

文庫解説大岡信・改版解説金水敏、岩波同時代ライブラリー、洋泉社MC新書  
  • 『本のある生活』新潮社 1979
  • 『おや、旅だ!』新潮社 1981
  • 『われ山に帰る』新潮社 1982 のち岩波同時代ライブラリー。小山勝清伝記
  • 『五十歳、いざ!』新潮社 1984
  • 『言葉の影法師』筑摩書房 1984 のち文庫 
  • 『エッセーの書き方』講談社現代新書 1984
  • 『雪日本心日本』中央公論社 1985 のち文庫 
  • 『「吾輩は猫でもある」覚書き』講談社 1985 のち文庫、ちくま文庫  
  • 『冬の花びら 雪博士中谷宇吉郎の一生』偕成社 1986
  • 『遊びをせんとや』講談社 1986
  • 『歩く旅風まかせ年まかせ』新潮社 1986
  • 『海上の王国』潮出版社 1986
  • 『雪古九谷 長編小説書き下ろし』光文社 1987 のち人物文庫 
  • 『雪恋い』新宿書房 1987
  • 『ときどき旅びと』講談社 1987
  • 『編集者放浪記』リクルート出版 1988 のちPHP文庫 
  • 八ヶ岳・森の時間』リクルート出版 1989
  • 『木に会う』新潮社 1989 のち文庫 
  • 『もう一度読む』文化出版局 1989
  • 『ふるさと再び』新潮社 1990
  • 『花のあるミュージアム』開隆堂出版 1990
  • 猪谷六合雄 人間の原型・合理主義自然人』
リブロポートシリーズ民間日本学者」1990 のち平凡社ライブラリー 解説鶴見俊輔
  • 『日本語への処方箋』創拓社 1990 「ことばの処方箋」角川文庫 
  • 『山へ帰った猫』PHP研究所 1991
  • 『森が消えるとき』徳間書店 1991 のち文庫 
  • 『面白い本ならある 本から本へ』創拓社 1991
  • 『森物語』水越武写真 世界文化社「ネイチャーブックス」1991 のち白水Uブックス
  • 『夜明け』水越武写真 丸善 1992
  • 『物と心の履歴書』講談社 1992
  • 『野ゆき山ゆき海辺ゆき』徳間書店 1992
  • 『日本海繁盛記』岩波新書、1992
  • 『大長編小説礼讃』徳間書店 1993
  • 『ほどよい距離の別天地 環東京十二景』都市出版 1993
  • 『和紙千年』東京書籍 1993
  • 『子供誌』新潮社 1993 のち平凡社ライブラリー 解説森まゆみ
  • 『田舎者の東京暮らし』筑摩書房 1993
  • 『変身』TBSブリタニカ 1993
  • 『岬へ』日本交通公社 1994
  • 『自然誌 (ネイチャーライティング)』徳間書店 1994
  • 『小さな博物館』日本交通公社 1994
  • 『信州すみずみ紀行 新潮社 1994 のち中公文庫 
  • 『草木虫魚録』福武書店 1994
  • 『旅・忘れ残り』講談社 1994
  • 『花散歩—美術館・博物館・植物園』広済堂文庫 1994
  • 『「もの」物語』広済堂出版 1995
  • 『水物語』水越武写真 ディーエイチシー 1995
  • 『木遊び 10人の木のおもちゃ作家との対話から』日本テレビ 1995
  • 『ウェストンの森 上高地・島々谷の朝と夜』日本テレビ 1996
  • 『こころの詩たましいの歌』徳間書店 1996
  • 『海と川の物語』学陽書房 1996
  • 『生命のよろこび ドリトル先生にまなぶ』新潮選書 1996
  • 『森へ行く日』マインドカルチャーセンター 1996
  • 『にっぽん風景紀行』作品社 1997
  • 『島焼け』新潮社 1997。1785年青ヶ島・天明の大噴火による全員離島から帰島までの約40年の伝記小説
  • 『雪を読む 『北越雪譜』に沿いながら』大巧社(日本を知る) 1997
  • 『荒ぶる自然 日本列島天変地異録』新潮社 1997 のち苦楽堂
  • 『本との日々』ジャパン・ミックス 1997
  • 『出会う』清流出版 1998
  • 『島へ 12の旅の物語』小学館文庫 1998
  • 『生きるよろこび 若い人たちへの21のメッセージ』ポプラ社(新・のびのび人生論) 1998
  • 『森に通う』創森社 1998
  • 『ゆっくりと、旅』岩波書店 1998
  • 『祈りの木』阿部幹雄写真 飛鳥新社 1999
  • 『旅の図書館』白水社 1999
  • 『山川草木紀行』新思索社 2000
  • 『還暦後』清流出版 2000
  • 『猫のしっぽ』新潮社 2000
  • 『東海道五十三次紀行 四〇〇年街道のドラマ 現代歴史視考』黙出版 2001
  • 『NHKシリーズ・カルチャーアワー 北国名作探訪』日本放送出版協会(上下) 2001-02
  • 『北国のこころ』日本放送出版協会 2002
  • 『大空と大地へ還りゆく日は』河出書房新社 2003
  • 『アジア気持ちの楽な旅』大修館書店 2005
  • 『木のことば森のことば』ちくまプリマー新書 2005
  • 『大いなる人生』芸術新聞社 2007

共著・編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.20
  2. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.112、P.232
  3. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.96
  4. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.111
  5. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.135
  6. ^ 詳細は『彷書月刊』2003年7月号:特集「PR誌の向こう側」
  7. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.139
  8. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.189
  9. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.160
  10. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.192
  11. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.138
  12. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.230
  13. ^ 『編集者放浪記』(PHP文庫)P.230
  14. ^ 深田久弥は同郷の先輩で親しい仲であり、『エナジー』にもたびたび執筆を依頼した。
  15. ^ 作家の高田宏さんが死去 大仏次郎賞を受賞 新潟日報 2015年12月1日閲覧

外部リンク[編集]