脇村義太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

脇村 義太郎(わきむら よしたろう、1900年12月6日 - 1997年4月17日)は、日本の経済学者。専攻は経営史。1964年から日本学士院会員、1988年から1994年まで第20代日本学士院長を務める。1992年文化功労者東京大学名誉教授。甥に神奈川県立湘南高等学校の甲子園(第31回全国高等学校野球選手権大会)での優勝チームのレギュラーメンバーであり、東大野球部主将、東洋紡役員等を経て日本高等学校野球連盟第5代会長を務めた脇村春夫(公益財団法人脇村奨学会代表理事)がいる。

来歴・人物[編集]

1900年、現在の和歌山県田辺市に生まれる。旧制和歌山県立田辺中学、(現・和歌山県立田辺高等学校)を経て、1921年第三高等学校卒業。1924年、東京帝国大学経済学部商業学科卒業。

1924年東京帝国大学助手、1926年東京帝国大学助教授となる。1935年から37年にかけてヨーロッパへ留学するも、帰国後の1938年人民戦線事件で検挙され、退官。1944年無罪が確定し、1945年東京大学教授に復帰。1951年東京大学経済学博士、「第一次大戦後に於けるドイツの海運と造船」。 1961年東京大学を定年退官。1964年経営史学会初代会長に就任。

1946年から1949年まで持株会社整理委員会委員、1955年から1966年まで船員中央労働委員会会長、1955年から1980年まで海運造船合理化審議会委員、1968年独占禁止懇談会会長。その他、産業計画会議委員(議長・松永安左ヱ門)に就任。

1963年藍綬褒章、1970年田辺市文化賞、翌年勲一等瑞宝章を受章、1995年東京都名誉都民、翌年田辺市名誉市民。

一方で教育・芸術分野でも活躍、1957年父とともに設立した財団法人脇村奨学会の役員として人材育成に努め、神奈川県立近代美術館東京都美術館など多くの美術館の運営に関与した。戦後以降大半を過ごした逗子鎌倉で多くの文人や画家と交流を深め、多くの作品を収集した。学者らしく脇村の蒐集は理詰めだった。衝動買いや一目惚れとは無縁で、興味をもった画家について徹底的に調べ上げ、目星をつけた作品の情報を可能な限り集めた。その蒐集品の多くは郷土の田辺市立美術館に、一分は神奈川県立近代美術館などに収蔵されている。脇村の逸話として亡くなる数カ月前、神奈川県立近代美術館館長だった酒井忠康に「佐伯祐三《リュクサンブール公園》と岸田劉生《童女図(麗子立像)》の2点から、どちらか好きな方を差し上げましょう」と電話し、酒井は劉生を選び、佐伯の方は後に田辺市立美術館に収まっている[1]

著書[編集]

  • 『世界経済の現状と貿易の将来』東洋経済新報社 東洋経済講座叢書 1964
  • 『石油』岩波新書 1952
  • 『中東の石油』岩波新書 1957
  • 『趣味の価値』岩波新書 1967
  • 『脇村義太郎著作集』全5巻 日本経営史研究所
第1巻 (経営発達史) 1976
第2巻 (経営者論) 1975
第3巻 (石油・海運・造船) 1975
第4巻 (大学・本・絵) 1976
第5巻 (綿業・国際通商・油槽船) 1981
  • 『東西書肆街考』岩波新書 1979
  • 『脇村義太郎対談集 産業と美術と』鈴木三千代ほか]編 日本経営史研究所 1990
  • 『回想九十年 師・友・書』岩波書店 1991
  • 『二十一世紀を望んで 続回想九十年』岩波書店 1993
  • 『わが故郷田辺と学問』岩波書店 1998

共編著[編集]

  • 『世界経済図説』正続 有沢広巳,美濃部亮吉共著 岩波新書 1952-54
  • 『岩波小辞典経済用語』堀江薫雄共編 岩波書店 1956
  • 『カルテル・トラスト・コンツェルン』有沢広巳共著 御茶の水書房 1977

記念論文集[編集]

伝記ほか[編集]

  • 米倉守 『非時葉控 ― 脇村義太郎 全人翁の美のものさし』 形文社 2002年
  • 楠本定一『碧き牟婁の江 ― 脇村義太郎物語』紀伊民報 1997年
  • 『脇村義太郎対談集 ― 産業と美術と』日本経営史研究所 1990年
  • 田辺市立美術館編集・発行 『生誕百周年記念 脇村義太郎─美への好奇心展』 2000年

脚注[編集]

  1. ^ 「ART NEWS 博士の素敵な好奇心 脇村義太郎が残した絵画コレクション」『芸術新潮』2000年10月号、pp.74-77。