加藤弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 弘之
人物情報
別名 誠之、弘蔵
生誕 (1836-08-05) 1836年8月5日嘉永2年4月20日
但馬国出石郡出石(現・兵庫県豊岡市
死没 (1916-02-09) 1916年2月9日(79歳没)
東京府東京市(現・東京都
国籍 日本の旗 日本
学問
研究分野 洋学ドイツ学)、政治学
研究機関 開成所
蕃書調所
学位 文学博士(日本・1888年)
法学博士(日本・1905年)
称号 東京帝国大学名誉教授(1901年)
主要な作品 『国体新論』(1874年)
『人権新説』(1882年)
『強者の権利の競争』(1893年)
学会 帝国学士院
哲学会
国家学会
明六社
署名
テンプレートを表示
加藤 弘之

在任期間 1906年12月10日 - 1916年2月9日

選挙区 勅選議員
在任期間 1890年9月29日 - 1906年12月15日

在任期間 1875年4月25日 - 11月28日
1886年1月11日 - 1890年5月19日

日本の旗 左院一等議官
在任期間 1874年2月13日 - 2月23日

在任期間 1890年1月 - 1892年3月

その他の職歴
麹町区会議員[2]
1889年11月 - 1895年11月)
テンプレートを表示

加藤 弘之(かとう ひろゆき、1836年8月5日天保7年6月23日) - 1916年大正5年)2月9日)は、日本政治学者教育家官僚位階正二位勲等勲一等爵位男爵学位文学博士1888年)、法学博士1905年)。旧名弘蔵(こうぞう)。

外様大名出石藩の藩士の子に生まれ、出石藩藩校弘道館で学んだ後、済美館致遠館でフルベッキの門弟として学ぶ[3]。学門一筋で精進し幕臣となり、維新後は新政府に仕える身となる。明六社会員。外務大丞元老院議官勅選貴族院議員などを歴任、獨逸学協会学校の第2代校長、旧東京大学法理文3学部の綜理を務め、のち帝国大学(現・東京大学)第二代総長を務めた。大日本教育会名誉会員。その後男爵、初代帝国学士院院長枢密顧問官

来歴[編集]

思想[編集]

加藤の思想は現実的で、終世唯物論者だった。

はじめ天賦人権説に拠った啓蒙思想の傾向が強く、1873年(明治6年)には福澤諭吉森有礼西周らとともに明六社を結成、啓蒙活動を展開した。しかし後には社会進化論の立場から民権思想を批判するようになり、この180度の転向が終生攻撃の的となる。

加藤は1879年(明治12年)には講演「天賦人権説ナキノ説并善悪ノ別天然ニアラザルノ説」で、進化論の立場から天賦人権説を否定していたが、1881年(明治14年)に海江田信義がこれを批判すると、この問題は政府部内にも波及した。加藤は文部卿福岡孝弟に促され、改めて天賦人権論の立場から書かれた旧著『真政大意』と『国体新論』の絶版を宣言するという騒動になっている。

家族・親族[編集]

出石に現存する生家
  • 長男:加藤照麿(男爵・医学博士・貴族院互選議員)
    • 孫:加藤成之(照麿の長男、男爵・音楽学者・貴族院互選議員・女子美術大学学長)
    • 孫:濱尾四郎(照麿の四男、濱尾新の養子、子爵・弁護士・推理作家・貴族院互選議員)
    • 孫:古川緑波(照麿の六男、古川武太郎の養子、喜劇役者)
  • 三男:馬渡俊雄(内務官僚)
  • 次女:高子(山縣伊三郎夫人)
  • 六女:徳子(古川武太郎(満鉄役員)夫人)
  • 七女:梅子(榊保三郎夫人)
  • 八女:久子(俵國一夫人)

栄典[編集]

加藤弘之
外国勲章佩用允許

著作[編集]

著書
訳書

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『麹町区史』 東京市麹町区役所、1935年3月、547頁
  2. ^ 前掲東京市麹町区役所、549頁
  3. ^ 「フルベッキと明治15年森林法草案」(2016年10月13日 明治学院大学機関リポジトリ)
  4. ^ 小川恭一編著 『寛政譜以降 旗本家百科事典 第2巻』 東洋書林、1997年11月、832頁。
  5. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  6. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  7. ^ 『官報』第2932号「叙任及辞令」1893年4月12日。
  8. ^ 『官報』第5053号・号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  9. ^ 『官報』第6466号、1905年1月21日、531頁
  10. ^ 『官報』第6746号「叙任及辞令」1905年12月23日。
  11. ^ 『官報』第7272号「授爵叙任及辞令」1907年9月23日。
  12. ^ 『官報』第7202号「叙任及辞令」1907年7月3日。
  13. ^ 『官報』第813号「宮廷録事 - 恩賜並追賜」1915年4月21日。
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第1056号「叙任及辞令」1916年2月10日。
  16. ^ 1872年-1959年、横浜郵便局勤務後国民英学会で学び、ジャパン・タイムズ記者を経て早稲田大学講師。早稲田大学名誉教授(日本人名大辞典参照)。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 田畑忍著 『加藤弘之の国家思想』 河出書房、1939年4月
  • 田畑忍著 『加藤弘之』 吉川弘文館人物叢書〉、1959年7月、ISBN 4642050566
  • 「加藤弘之」(昭和女子大学近代文学研究室著 『近代文学研究叢書 第16巻』 昭和女子大学光葉会、1961年)
  • 吉田曠二著 『加藤弘之の研究』 大原新生社、1976年3月
  • 東京大学百年史編集室編 『加藤弘之史料目録・井上哲次郎史料目録』 東京大学百年史編集室、1977年2月
    • 東京大学百年史編集室編 『加藤弘之史料目録(2)』 東京大学百年史編集室、1980年3月
    • 東京大学史史料室編 『加藤弘之史料目録 増補版』 東京大学史史料室、2011年3月
  • 「加藤弘之大学関係辞令および学位記」(『東京大学史紀要』第2号、東京大学百年史編集室、1979年3月
  • 松岡八郎著 『加藤弘之の前期政治思想』 駿河台出版社、1983年4月
  • 武田良彦著 『加藤弘之とその時代 : 明治の啓蒙思想家』 斎藤隆夫顕彰会「静思塾」、1999年11月、ISBN 4877870156
  • 所澤潤 「加藤弘之」(伊藤隆季武嘉也編 『近現代日本人物史料情報辞典』 吉川弘文館、2004年7月、ISBN 4642013415
  • 田頭慎一郎著 『加藤弘之と明治国家 : ある「官僚学者」の生涯と思想』 学習院大学〈学習院大学研究叢書〉、2013年11月、ISBN 9784902913064

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
樺山資紀
日本の旗 教育調査会総裁
1914年 - 1916年
次代:
蜂須賀茂韶
先代:
(新設)
日本の旗 教科用図書調査委員会会長
1908年 - 1915年
次代:
菊池大麓
先代:
浜尾新
日本の旗 高等教育会議議長
1898年 - 1901年
1897年 - 1898年
次代:
浜尾新
先代:
(新設)
日本の旗 震災予防調査会
1892年 - 1893年
次代:
菊池大麓
先代:
(新設)
日本の旗 文官高等試験委員長
1890年 - 1893年
次代:
末松謙澄
先代:
校長補
浜尾新
日本の旗 東京開成学校綜理
1877年
次代:
東京大学法理文学部綜理
加藤弘之
学職
先代:
(新設)
哲学会会長
1884年 - 1916年
次代:
井上哲次郎
先代:
東京学士会院会長
加藤弘之
日本の旗 帝国学士院
1906年 - 1909年
次代:
菊池大麓
先代:
渡辺洪基
日本の旗 帝国大学法科大学
1890年 - 1893年
次代:
浜尾新
先代:
渡辺洪基
国家学会評議員長
1890年 - 1893年
次代:
渡辺洪基
その他の役職
先代:
桂太郎
獨逸学協会学校
1890年 - 1902年
次代:
大村仁太郎